なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

ハナズオウ(マメ科・ハナズオウ属)落葉低木

2017-04-29 15:46:28 | 花木
 庭の2本のハナズオウがようやく満開になりました。滋賀県でも、やや北部のこの辺りは、サクラを初め
木や草の開花が、関東や東海、関西地方よりやや遅れているように思います。北陸地方の気象なのでしょうか。
 ハナズオウは、葉の出るのに先立ち、花を開きます。花には、花柄がなく、枝に直接花がついています。
花は、紅紫色の蝶形花ですが、他の蝶形花のように背後に大きな旗弁がなく、旗弁は、やや小ぶりで、2枚の
翼弁の内側に位置しています、2枚の舟弁の中に雄しべ雌しべがあります。
よく見ると、花は、外側に向かって輪形の花序をつくって、ついています。
























ジャンル:
植物
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カキドオシ(シソ科・カキド... | トップ | ウワミズザクラ(バラ科・サ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-04-29 19:17:45
こんばんは。
どちらかと言えば滋賀県北部は、北陸に近い気象条件なんでしょうね。
2日前に、高島市のビラデスト今津から、
朽木の能家地区をドライブしてきましたが、
雪があちこちに残ってました。
今年は全国的に桜も開花が遅くて、他の花も少し咲くのが遅れているようですね。

枝から直接花が咲くハナズオウは、見ていても面白くて好きな花です。
マクロレンズで撮ったことがないのですが、
4枚目の写真を見て、花の様子がよく分かりました。
きれいに撮れてますね。
不思議な花ですね。 (なずな)
2017-04-30 11:50:48
takayanさま コメント有り難うございます。
朽木には、まだ雪が残っていましたか・・。
2回の九州旅行からお帰りの後も、あちこちへ精力的にお出かけのようですね。
この季節、じっとしてはいられないのでしょうね。
ハナズオウは、葉が出ていないのに、枝に直接花がついているみたいで、不思議な咲き方をします。
それでも、一つ一つを見ると、マメ科の蝶形花とわかります。
画像を気に入って下さって、有り難うございます。
蘇芳という色は綺麗な色で、若い頃、この色の着物が好きでした。
長崎・諫早の春に繋がる… (林の子)
2017-05-01 10:44:03
この蘇芳色を見ると、学生時代の春が浮かんでしまいます。
沖永良部・徳之島を歩いた後、ふと思い立って訪れた春爛漫の諫早の記憶が50年経っても鮮明です。
公園などでは白花を見かける事も多くなりましたが、やはりこの色ですね。↓
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/ac7850a0569d15ed827a26f3a13898bb
青春の思い出・・。 (なずな)
2017-05-01 19:11:38
林の子さま コメント有り難うございます。
ロマンチックな小説のような諫早の思い出話、読ませて頂きました。
まさに、青春の一頁ですね・・。ハナズオウの色で思い出して下さって、よかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。