なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

ソシンロウバイ(ロウバイ科・ロウバイ属)落葉低木

2016-12-07 19:36:50 | 樹木
 狭い中庭で、毎年早くから咲き始めるソシンロウバイが、今年も葉をつけたままで、咲いています。
透きとおるような黄色の花被片が愛らしく、香りの強い花です。
この木は、早生種なのかもしれません。裏の畑のソシンロウバイは、まだ固い蕾のままです。
鳥たちが蕾を食べに来ています。
























ジャンル:
植物
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌホオズキ(ナス科・ナス... | トップ | センダンの葉痕  (センダ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-12-08 21:18:53
こんばんは。
もうソシンロウバイが咲いてるのですか?
3年ほど前に買ってきた、自宅のソシンロウバイはまだまだ蕾は硬いままです。

鳥たちにとっては、冬場は餌の少ない時期。
花の蕾や残っている柿が、貴重な食べ物ですね。
takayanさまへ (なずな)
2016-12-09 09:33:55
おはようございます。コメント有り難うございます。
このソシンロウバイは、早生種なのか、毎年12月から咲いて、2月頃には、もう散っています。
冬場は、鳥たちも大変なようですね。今年は曽根沼公園にあまり冬鳥の姿を見かけません。
工事をして、休憩所を新しく作られたせいかな・・それとも、カラスが多いせいかな・・なんて、思っています。
まえには、ベニマシコやシジュウカラ、アオジ、エナガなど来ていましたのに・・。
ロウバイの花 (林の子)
2016-12-12 12:04:06
『早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて』と、多くのブログページに書かれていますね。
ネット検索すると丸写しも含めて多くは孫引き、写し間違いがあったり、一部だけが改変されていたりするので注意しないと間違いの拡散に繋がりかねません。
ソシンロウバイは園芸種、と書かれているので当然、早生種も作り出されているのでしょうね。
古木で葉が残っている間に蕾を膨らませるものは、暖かさに誘われてそろそろ咲き始めるものもある様です。
林の子さまへ (なずな)
2016-12-14 11:22:49
こんにちは。コメント有り難うございます。
また、お返事が遅れて、申し訳ありません。
ネットのブログなどの情報は、不確かなものもありますので、注意しなければなりませんね。
野草や樹木の花期についても、いろいろなものが見られます。
寒くなって、出かけるのがおっくうになり、年末の忙しさもあって、ブログ更新を休みがちなるかと思います。
ごめんなさいね。

コメントを投稿

樹木」カテゴリの最新記事