なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

ウラジロチチコグサ(キク科・チチコグサモドキ属)多年草

2017-06-19 20:14:15 | 草花
 公園の芝生の中で、この前、別の場所で見たチチコグサモドキとよく似た草を見つけました。
こちらは、草丈がもっと高くて、30cm以上ありました。
 これが、タチチチコグサなのかしら・・と、思いましたが、林の子さまから、これは、
ウラジロチチコグサという草だと、教えて頂きました。それで、記載内容を変更しました。
ウラジロチチコグサは、とても草丈が高くなり、80cmにもなるのもあるそうです。
ウラジロチチコグサには、次のような特徴で、見分けられます。
・茎や葉裏に白い毛がたくさん生えている。
・茎につく葉の縁が波打つ。
・花期にも根生葉がある。
花は、花期を過ぎていて、冠毛を開き、種を飛ばしてしまった後のものもありました。




























ジャンル:
植物
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナヤエムグラ(アカネ科・... | トップ | ネズミホソムギ(イネ科・ド... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面倒な雑草。 (林の子)
2017-06-19 22:34:52
茎にある白い毛が目立つ、ウラジロチチコグサですね。
名前通り、葉裏が白い毛で覆われているので裏白。
茎も同じように白いので、比較的区別しやすいです。
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/42d95f2999291b76e6abfe7d6e190e37

タチチチコグサ(ホソバノチチコグサモドキ)は、さほど草丈は伸びないで、葉が茎の上部まで付いています。
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/e4f6ac1affb9181d25620ec0a769a299

草原は全国共通でも、そこに住み着く種類はやはり限られたものが多いはずなので、姿形を見比べる時にはやはり環境も考慮したいですね。
訂正しました。 (なずな)
2017-06-20 08:53:38
林の子さま コメント有難うございます。
単純に草丈が高いから、タチチチコグサかと、思っていたのですが、
間違いをご指摘下さって有難うございます。
根生葉が残っていることに、やや疑問を持っていたのですが、これですっきりしました。
誤りをそのままには出来ませんので、記載内容を訂正させて頂きました。
お陰で、今年は「チチコグサに会った年」になりました。(^^♪

ウラジロチチコグサ (れんげ)
2017-06-20 14:01:24
チチコグサにも色々あるのね。
なずなさんは、確実に野の花を見分けていらっしゃるわね。いつも、ありがとう。
じっくりしっかり植物に対峙していらして
感心します!
私はなんてアバウトで気移りなのでしょうね。
次々、咲く花に心奪われてしまいます。
心、奪われる里の花に出会うのが楽しみなの。
難しいです。 (なずな)
2017-06-20 19:46:37
れんげさん こんばんは。コメント有難うございます。
ウワミズザクラでは、わたしもよくわかっていないのに、とても失礼な事を書いてしまったんじゃないかと、
心配になっていました。
チチコグサも、よく似ていて、見分けが難しいです。
葉の形など、ちょっとした違いをよく見ないとだめですね。

コメントを投稿

草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。