なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

コシロノセンダングサ(キク科・センダングサ属)一年草  別名シロバナセンダングサ

2016-10-14 16:11:56 | 草花
 荒神山の道端で見られるのは、圧倒的にコセンダングサが多いのですが、コシロノセンダングサの
見られる所もあります。この花は、白い舌状花が可愛いので、すぐに見分けられます。
セイタカアワダチソウ等と同じキク科なので、花のつくりは同じですが、柱頭の形がちょっと違っています。
舌状花が二重のように見える花もありましたが、コセンダングサとの交配種で、アイノコセンダングサとも
呼ばれるものの一つのようです。
コシロノセンダングサの葉は、対生であり、3枚や5枚の羽状複葉で、コセンダングサとよくにています。
ひっつきむしがいっぱいズボンに刺さって、ちょっと油断していると、大変なことになります。





























ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タチスズメノヒエ(イネ科・... | トップ | コセンダングサ(キク科・セ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。