なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

コムラサキ(クマツヅラ科・ムラサキシキブ属)落葉低木

2017-06-30 14:13:10 | 草花
 わが家のコムラサキが薄紫色の花を開き始めました。
秋になれば、紫色の実をたくさんつけてくれることでしょう。
 コムラサキは、葉の鋸歯が上半分につくこと、花序の柄が、葉腋より少し上につくこと
などで、ムラサキシキブと区別出来ます。
 集散花序の花は、10~20個集まって咲きます。花冠は4裂し、裂片は平開します。
雄しべ4個と雌しべ1個は、ともに花冠の外に突き出ています。
枝は紫色を帯び、若い枝には、星状毛がありますが、後に無毛となっていきます
































ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミヤマオダマキの種 | トップ | アカメガシワ(トウダイグサ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-06-30 22:43:51
こんばんは。ご無沙汰しています。
コムラサキシキブの淡い紫の花が可愛いですね。
もう花が終わって、実が付いているものもあるようですね。
秋にはきれいな紫色になりますね。
1番、2番はピンとバッチリです。
ムラサキシキブとの違い覚えておきます。
お久しぶりです。 (なずな)
2017-07-01 17:46:21
takayanさま 見ていて下さって有難うございます。
大原三千院の美しい風景、いつも見せて頂いています。
ファンの方々が増えてこられましたね。
コムラサキ、実もいいですけど、花も好きです。
ちょっと木が逞しすぎて、蔓延って困っていますけど・・。
1番と2番、ピントが合っていると、仰って下さって有難うございます。
手ぶれを防ぐために、シャッター速度を速くすることを覚えましたが、まだまだです。

コメントを投稿

草花」カテゴリの最新記事