なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

コセンダングサ(キク科・センダングサ属)一年草

2016-10-15 15:19:51 | 草花
 コセンダングサには舌状花がなく、筒状花ばかりなのが特徴です。
センダングサの仲間の中では、一番多く見られるように思います。草丈も1mぐらいまで伸びます。
葉は、3~5枚の小葉からなり、対生しています。上部で互生しているものもあるということです。
そう果は、やや平たい4つの稜をもった線形で、先端に下向きの刺のある3~4本の冠毛があります。



















ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コシロノセンダングサ(キク... | トップ | メリケンカルカヤ(イネ科・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-10-16 10:03:46
おはようございます。

コセンダングサは花の時から刺々しい感じがしますね。

ひっつき虫の実を逆光で撮るのとても好きで、毎年近くの公園で撮影しています。
Unknown (なずな)
2016-10-16 13:45:52
takayanさま コメント有り難うございます。
コセンダングサは、花の下にもうこの刺々の赤ちゃんが出来ています。
先日も、ブタクサを撮っていた時に、このひっつき虫に気がつかず、後で大変なことになってしまいました。
靴の紐にまで、この刺がいっぱい刺さっていました。
この実を逆光で見ると、戻りのような刺がはっきり見えますね・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。