なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

オオスズメノカタビラ(イネ科・イチゴツナギ属)多年草

2017-05-20 10:54:22 | 草花
 曽根沼公園の遊歩道以外の所が、殆どこの草で埋まってきました。どんどん草丈を伸ばして1mにも
なろうとしています。もうすぐ、草刈りがされることでしょう。
よく見ると、雄しべの葯が紫色をしていてびっくりしました。調べてみると、最初淡黄色だったものが
だんだん紫色になってくるとのことでした。
円錐花序の枝が、下の方では、同じところから4~5本も出ているのが、特徴です。
繁殖力が凄く強くて、最近この辺りで、よく見かけます。




























ジャンル:
植物
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曽根沼のカキツバタとキショウブ | トップ | ヤブタビラコの果実と種 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オオスズメノカタビラ(=^・^=) (れんげ)
2017-05-21 05:51:43
なずなさん
なんて素敵!
本当に花は黄色の後に?紫色になるのね。
なずなさんはよく見てらっしゃる!
ここら辺のイネ科は難しいわ!
スズメノカタビラは背が低いのに・
オオスズメノカタビラに私も出会えるかしら。
とても興味があります。
この紫色に染まった花が見たいわ!
ありがとう(=^・^=)
Unknown (なずな)
2017-05-21 10:59:46
れんげさん コメント有難うございます。
東京には、こんな雑草の草はらは、無いのでしょうね。草丈が高く伸びてくると、
踏み込むのも躊躇われるくらいです。他の草花たちは、みんな埋まって呑み込まれてしまったみたいです。
雄しべの先の葯が紫色になっているのは、この時初めて気づきました。
オオスズメノカタビラという名前も、教えて貰ってわかったのです。
紛らわしい… (林の子)
2017-05-22 10:24:36
と言うよりも、決め手が幾つかあっても決めきれないのがこの種の草ですね。
イチゴツナギと比較してみれば…などと専門家が幾つもの比較表を作ってくれてはいるのですが、画像だけで決めきれるような書き方ではないです。
それ以上に、細かな部分を丹念に調べた結果なので、素人には適当な部分で諦める…私は、その程度で留めています。
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/aa229e5e1c893fb0302ac81b99ed8648
イチゴツナギかも・・。 (なずな)
2017-05-22 17:00:53
林の子さま こんにちは。コメント有難うございます。
オオスズメノカタビラの名は、掲示板で教えてもらったものです。
オオスズメノカタビラの画像写真に林の子さまの2015年の写真が出ていて、
紫の雄しべだったので、間違いないと思ったのです。(^^
でも、もう一度イチゴツナギを調べてみると、これまたよく似ていて、わからなくなりました。
わたしも、この辺で諦めることにします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。