なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

タチスズメノヒエ(イネ科・スズメノヒエ属)多年草

2016-10-13 18:57:20 | 草花
 えっ、スズメノヒエってこんなに高く伸びるのもあるの!・・と、思わずカメラを向けました。
宇曽川の土手の斜面です。小穂の並び方が、どうやらスズメノヒエのように見えます。
草丈は、80cm~2mぐらいもありました。葯は黄色で柱頭は黒紫色、穂の縁に絹毛が密生しています。
茎の基部の葉鞘には、開出毛があるということでしたが、撮っていませんでした。
南アメリカからの外来雑草で、第二次大戦後に侵入してきたということです。




























ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイタカアワダチソウ(キク... | トップ | コシロノセンダングサ(キク... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんですねぇ~ (林の子)
2016-10-14 11:07:05
こんなに背が高かった?と、ビックリするほどの高さに育って、セイバンモロコシやアシ、オギと競っていますね。
黄色い花粉を見ると、ヨモギやブタクサに続いてカナムグラも花粉を飛ばしているので、花粉症の方は脅威、近寄らない方が無難でしょうね。
スギ・ヒノキ程度にしかアレルギーが出ない…と言っている人も、いつの間にかイネ科などに敏感に反応するようで困ったことです。
Unknown (なずな)
2016-10-14 16:36:18
林の子さま コメント有り難うございます。 
タチスズメノヒエと言う草は、知らなかったのですが、ススキやオギと同じくらい背の高い草なので、びっくりしました。
花粉症にならないように気をつけないといけませんね。
雄しべの葯と、雌しべをはっきり撮りたかったのですが、うまく撮れませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。