なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

アレチヌスビトハギ(マメ科・ヌスビトハギ属)一年草

2016-09-15 15:51:19 | 草花
 荒神山、山裾の道沿いに、ピンクの草花が広がって咲いていました。アレチヌスビトハギです。
4日ほど前に見た時は、たくさん咲いていましたが、昨日は、もう豆果をつけているものの方が多くなって
いました。草花の季節も速く進むみます。
 アレチヌスビトハギは、北米原産の比較的近年入ってきた帰化植物だそうです。
旗弁の基部に黄緑色の2つの斑があり、目のように見えます。ちなみにヌスビトというのは、ヌスビトハギの
果実が2個づつ連なってついていて、盗人の足跡のように見えるからだということです。
果実の表面には、鈎状に曲がった毛がはえていて、いわゆるひっつき虫になります。


































ジャンル:
植物
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コバノカモメヅル(ガガイモ... | トップ | シマスズメノヒエ(イネ科・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-09-16 00:10:27
こんばんは。

マメ科というのが一目で分かリます。
ピンク色の小さな花が可愛いですね。
今の時期よく見掛けますが、もう実がなっているのですね。
さやが茶色くなる頃には、ズボンの裾にベッタリとこびり付き、取るのに難儀するひっつき虫ですね。

ブログ再開 (ともさん)
2016-09-16 09:55:19
なずなさん お久しぶりです
だいぶお元気になられたようで、ブログを再開され1週間ほどになるんだ、気が付きませんでした
書きなれたブログを更新していると、気分も明るくなてくるでしょう、徐々に行動範囲を広げ頑張って下さい
Unknown (なずな)
2016-09-16 13:46:30
takayanさま コメント有り難うございます。
ハギは、蝶型花で、葉が三出複葉になっていますから、マメ科って、すぐわかりますね。
実も豆みたいですしね・・・。
秋にはいろんなひっつき虫の実が現れて、草むらを歩くと、大変です。
でも、これも植物の知恵なんですね。
やっとです・・。 (なずな)
2016-09-16 13:49:49
ともさん ご訪問有り難うございます。
永らくお休みさせてもらっていましたが、やっと再開できました。
また、時々覗いて下さいね。
これからは、季節も過ごしやすくなってきますし、がんばって更新を続けていきたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。