なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

キクザキイチゲ(キンポウゲ科・イチリンソウ属)多年草

2017-03-27 12:16:29 | 草花
 一昨年、ここ栗東自然観察の森を訪ねた時、初めて出合ったキクザキイチゲ・・その時は日照が
足りなくて、まだすぼんだ状態で、開いていませんでした。でも、何て綺麗な花なんだろうと感動したのを
覚えています。そこで、受付をした職員の方に「キクザキイチゲは咲いていますか?」と一番に尋ね
ました。「咲いていますよ。」と、聞いた時の嬉しかったこと!
でも、実際には5輪ほどしか、咲いているのを見つけられませんでした。
多分時期がやや遅かったためだと思います。
キクザキイチゲは、所謂スプリングエフェメラルの一種で、森に若葉の広がる頃には、地上部は枯れて
無くなり、翌春まで、地下茎で過ごすのだということです。
 花には、花弁が無く、花弁のように見えるのは、全て萼片です。花の中心部に見える淡緑色の部分は
子房です。たくさん集まって、丸くなっています。
 葉は、二回三出複葉で、小葉の切れ込みは深く、水平に開出します。
 職員の方が「ユキワリイチゲも咲いていますよ。」と、案内して下さった所には、ほんの2輪小さな
ユキワリイチゲが咲いていました。





























ユキワリイチゲ




ユキワリイチゲ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

セリバオウレン(キンポウゲ科・オウレン属)多年草

2017-03-26 10:52:52 | 草花
 一昨年、ここ栗東自然観察の森へ来た時は、3月30日でしたので、セリバオウレンの花は既に落ちて
いて、見る事が出来ませんでした。今回は、幸いたくさんのセリバオウレンが咲いていました。
 セリバオウレンの花は、外側の、やや大きい、白い花弁のように見えるのが、萼で、5個ありました。
内側のやや小さい白いへら型のが花弁です。花弁は、10個ほどついています。
萼と花弁が重なって華やかに見えます。
 雄しべから花粉の出ているのや、雌しべの花柱が伸びている様子もよくわかりました。
 セリバオウレンには、両性花の他に雄花や雌花があるという事を後で知りました。
雌しべのない雄花は、撮れていましたが、雌花は撮れていません。
葉が、セリの葉のように見えます。名前は、ここからついているのですね。







































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バイカオウレン(キンポウゲ科・オウレン属)多年草

2017-03-25 17:06:14 | 草花
 今日はよいお天気で、栗東自然観察の森へ連れて行ってもらいました。
バイカオウレンが見頃を迎えています。名前の通り梅の花のような可憐な花です。
花弁に見えるのは萼片だということ、黄色いさじ型で、蜜を分泌しているのが花弁だそうです。
これは、同じキンポウゲ科のセツブンソウに似ています。
葉も小葉が5枚で手を広げたようについています。
























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツメクサ(ナデシコ科・ツメクサ属)1~越年草

2017-03-23 19:15:41 | 草花
 ほんとは、オオツメクサを探していたのですが、見つからず、手入れの悪い裏の畑に生えていた
ツメクサの写真を撮りました。
 花は、何処かしら・・と、目を凝らしましたが、容易に見つかりません。やっとのことで、ほんとに
小さな3~4mmの花を5個ほど見つけました。花期は4ー7月とありましたので、まだ未成熟なの
かもしれません。
花弁は白いのが5枚でしたが、いずれも萼より短く貧弱な感じです。
雄しべも5個らしいのですが、はっきり見えません。萼に包まれた丸いのが果実で、熟すと先が
5裂して種が出てくるということです。この時は、種も見られませんでした。
 表の敷石の隙間や、コンクリートの割れ目など、狭い所にもツメクサが生えてきていました。





























コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメオドリコソウ(シソ科・オドリコソウ属)越年草

2017-03-22 16:07:40 | 草花
 公園には、ヒメオドリコソウが集まって生えている所がありました。
紫蘇のような赤紫がかった葉が重なり合うようにつき、葉腋からピンク色の唇形花が見えます。
カメラの位置を低くして、下から上唇と下唇の間を覗き込んでみました。
すると、上唇の内側に何やらオレンジ色の粒が見えました。
家に帰ってから調べてみると、これが、雄しべの葯で、4個あるということです。
オレンジ色に見えたのは、花粉の色でした。
花粉の色も植物によっていろんなのがあるのですね。
雌しべは雄しべの下にくっつくように伸びてきて、先端が2裂し、垂れ下がっています。
 花の形が傘をかぶった踊り子のように見えるので、この名がつきました。同じ仲間の
オドリコソウは、緑色の葉ばかりで、草丈もずっと大きいです。



















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加