カナ文字文庫 (漢字廃止論)

日本文学の名作などをカナ書きに改めて掲載。

ニンゲン シッカク 3

2017-03-20 | ダザイ オサム
 ヒカゲモノ、 と いう コトバ が あります。 ニンゲン の ヨ に おいて、 みじめ な、 ハイシャ、 アクトクシャ を ゆびさして いう コトバ の よう です が、 ジブン は、 ジブン を うまれた とき から の ヒカゲモノ の よう な キ が して いて、 セケン から、 あれ は ヒカゲモノ だ と ゆびさされて いる ほど の ヒト と あう と、 ジブン は、 かならず、 やさしい ココロ に なる の です。 そうして、 その ジブン の 「やさしい ココロ」 は、 ジシン で うっとり する くらい やさしい ココロ でした。
 また、 ハンニン イシキ、 と いう コトバ も あります。 ジブン は、 この ニンゲン の ヨノナカ に おいて、 イッショウ その イシキ に くるしめられながら も、 しかし、 それ は ジブン の ソウコウ の ツマ の ごとき コウ-ハンリョ で、 そいつ と フタリ きり で わびしく あそびたわむれて いる と いう の も、 ジブン の いきて いる シセイ の ヒトツ だった かも しれない し、 また、 ぞくに、 スネ に キズ もつ ミ、 と いう コトバ も ある よう です が、 その キズ は、 ジブン の アカンボウ の とき から、 シゼン に カタホウ の スネ に あらわれて、 ちょうずる に およんで チユ する どころ か、 いよいよ ふかく なる ばかり で、 ホネ に まで たっし、 ヨヨ の ツウク は センペン バンカ の ジゴク とは いいながら、 しかし、 (これ は、 たいへん キミョウ な イイカタ です けど) その キズ は、 しだいに ジブン の ケツニク より も したしく なり、 その キズ の イタミ は、 すなわち キズ の いきて いる カンジョウ、 または アイジョウ の ササヤキ の よう に さえ おもわれる、 そんな オトコ に とって、 レイ の チカ ウンドウ の グループ の フンイキ が、 へんに アンシン で、 イゴコチ が よく、 つまり、 その ウンドウ の ホンライ の モクテキ より も、 その ウンドウ の ハダ が、 ジブン に あった カンジ なの でした。 ホリキ の バアイ は、 ただ もう アホウ の ヒヤカシ で、 イチド ジブン を ショウカイ し に その カイゴウ へ いった きり で、 マルキシスト は、 セイサンメン の ケンキュウ と ドウジ に、 ショウヒメン の シサツ も ヒツヨウ だ など と ヘタ な シャレ を いって、 その カイゴウ には よりつかず、 とかく ジブン を、 その ショウヒメン の シサツ の ほう に ばかり さそいたがる の でした。 おもえば、 トウジ は、 サマザマ の カタ の マルキシスト が いた もの です。 ホリキ の よう に、 キョエイ の モダニティ から、 それ を ジショウ する モノ も あり、 また ジブン の よう に、 ただ ヒゴウホウ の ニオイ が キ に いって、 そこ に すわりこんで いる モノ も あり、 もしも これら の ジッタイ が、 マルキシズム の シン の シンポウシャ に みやぶられたら、 ホリキ も ジブン も、 レッカ の ごとく おこられ、 ヒレツ なる ウラギリモノ と して、 たちどころに おいはらわれた こと でしょう。 しかし、 ジブン も、 また、 ホリキ で さえ も、 なかなか ジョメイ の ショブン に あわず、 ことに も ジブン は、 その ヒゴウホウ の セカイ に おいて は、 ゴウホウ の シンシ たち の セカイ に おける より も、 かえって のびのび と、 いわゆる 「ケンコウ」 に ふるまう こと が できました ので、 ミコミ の ある 「ドウシ」 と して、 ふきだしたく なる ほど カド に ヒミツ-めかした、 サマザマ の ヨウジ を たのまれる ほど に なった の です。 また、 じじつ、 ジブン は、 そんな ヨウジ を イチド も ことわった こと は なく、 ヘイキ で なんでも ひきうけ、 へんに ぎくしゃく して、 イヌ (ドウシ は、 ポリス を そう よんで いました) に あやしまれ フシン ジンモン など を うけて しくじる よう な こと も なかった し、 わらいながら、 また、 ヒト を わらわせながら、 その あぶない (その ウンドウ の レンチュウ は、 イチダイジ の ごとく キンチョウ し、 タンテイ ショウセツ の ヘタ な マネ みたい な こと まで して、 キョクド の ケイカイ を もちい、 そうして ジブン に たのむ シゴト は、 まことに、 アッケ に とられる くらい、 つまらない もの でした が、 それでも、 カレラ は、 その ヨウジ を、 さかん に、 あぶながって りきんで いる の でした) と、 カレラ の しょうする シゴト を、 とにかく セイカク に やってのけて いました。 ジブン の その トウジ の キモチ と して は、 トウイン に なって とらえられ、 たとい シュウシン、 ケイムショ で くらす よう に なった と して も、 ヘイキ だった の です。 ヨノナカ の ニンゲン の 「ジッセイカツ」 と いう もの を キョウフ しながら、 マイヨ の フミン の ジゴク で うめいて いる より は、 いっそ ロウヤ の ほう が、 ラク かも しれない と さえ かんがえて いました。
 チチ は、 サクラギ-チョウ の ベッソウ では、 ライキャク やら ガイシュツ やら、 おなじ イエ に いて も、 ミッカ も ヨッカ も ジブン と カオ を あわせる こと が ない ほど でした が、 しかし、 どうにも、 チチ が けむったく、 おそろしく、 この イエ を でて、 どこ か ゲシュク でも、 と かんがえながら も それ を いいだせず に いた ヤサキ に、 チチ が その イエ を うりはらう つもり らしい と いう こと を ベッソウバン の ロウヤ から ききました。
 チチ の ギイン の ニンキ も そろそろ マンキ に ちかづき、 いろいろ リユウ の あった こと に チガイ ありません が、 もう これきり センキョ に でる イシ も ない ヨウス で、 それに、 コキョウ に ヒトムネ、 インキョジョ など たてたり して、 トウキョウ に ミレン も ない らしく、 たかが、 コウトウ ガッコウ の イチ セイト に すぎない ジブン の ため に、 テイタク と メシツカイ を テイキョウ して おく の も、 ムダ な こと だ と でも かんがえた の か、 (チチ の ココロ も また、 セケン の ヒトタチ の キモチ と ドウヨウ に、 ジブン には よく わかりません) とにかく、 その イエ は、 まもなく ヒトデ に わたり、 ジブン は、 ホンゴウ モリカワ-チョウ の センユウカン と いう ふるい ゲシュク の、 うすぐらい ヘヤ に ひっこして、 そうして、 たちまち カネ に こまりました。
 それまで、 チチ から ツキヅキ、 きまった ガク の コヅカイ を てわたされ、 それ は もう、 2~3 ニチ で なくなって も、 しかし、 タバコ も、 サケ も、 チーズ も、 クダモノ も、 いつでも イエ に あった し、 ホン や ブンボウグ や ソノタ、 フクソウ に かんする もの など いっさい、 いつでも、 キンジョ の ミセ から いわゆる 「ツケ」 で もとめられた し、 ホリキ に オソバ か テンドン など を ゴチソウ して も、 チチ の ヒイキ の チョウナイ の ミセ だったら、 ジブン は だまって その ミセ を でて も かまわなかった の でした。
 それ が キュウ に、 ゲシュク の ヒトリズマイ に なり、 なにもかも、 ツキヅキ の テイガク の ソウキン で まにあわせなければ ならなく なって、 ジブン は、 まごつきました。 ソウキン は、 やはり、 2~3 ニチ で きえて しまい、 ジブン は りつぜん と し、 ココロボソサ の ため に くるう よう に なり、 チチ、 アニ、 アネ など へ コウゴ に オカネ を たのむ デンポウ と、 イサイ フミ の テガミ (その テガミ に おいて うったえて いる ジジョウ は、 ことごとく、 オドウケ の キョコウ でした。 ヒト に モノ を たのむ の に、 まず、 その ヒト を わらわせる の が ジョウサク と かんがえて いた の です) を レンパツ する イッポウ、 また、 ホリキ に おしえられ、 せっせと シチヤ-ガヨイ を はじめ、 それでも、 いつも オカネ に フジユウ を して いました。
 しょせん、 ジブン には、 なんの エンコ も ない ゲシュク に、 ヒトリ で 「セイカツ」 して ゆく ノウリョク が なかった の です。 ジブン は、 ゲシュク の その ヘヤ に、 ヒトリ で じっと して いる の が、 おそろしく、 いまにも ダレ か に おそわれ、 イチゲキ せられる よう な キ が して きて、 マチ に とびだして は、 レイ の ウンドウ の テツダイ を したり、 あるいは ホリキ と イッショ に やすい サケ を のみまわったり して、 ほとんど ガクギョウ も、 また エ の ベンキョウ も ホウキ し、 コウトウ ガッコウ へ ニュウガク して、 2 ネン-メ の 11 ガツ、 ジブン より トシウエ の ユウフ の フジン と ジョウシ ジケン など を おこし、 ジブン の ミノウエ は、 イッペン しました。
 ガッコウ は ケッセキ する し、 ガッカ の ベンキョウ も、 すこしも しなかった のに、 それでも、 ミョウ に シケン の トウアン に ヨウリョウ の いい ところ が ある よう で、 どうやら それまで は、 コキョウ の ニクシン を あざむきとおして きた の です が、 しかし、 もう そろそろ、 シュッセキ ニッスウ の フソク など、 ガッコウ の ほう から ナイミツ に コキョウ の チチ へ ホウコク が いって いる らしく、 チチ の ダイリ と して チョウケイ が、 いかめしい ブンショウ の ながい テガミ を、 ジブン に よこす よう に なって いた の でした。 けれども、 それ より も、 ジブン の チョクセツ の クツウ は、 カネ の ない こと と、 それから、 レイ の ウンドウ の ヨウジ が、 とても アソビ ハンブン の キモチ では できない くらい、 はげしく、 いそがしく なって きた こと でした。 チュウオウ チク と いった か、 ナニ-チク と いった か、 とにかく ホンゴウ、 コイシカワ、 シタヤ、 カンダ、 あの ヘン の ガッコウ ゼンブ の、 マルクス ガクセイ の コウドウタイ タイチョウ と いう もの に、 ジブン は なって いた の でした。 ブソウ ホウキ、 と きき、 ちいさい ナイフ を かい (イマ おもえば、 それ は エンピツ を けずる にも たりない、 きゃしゃ な ナイフ でした) それ を、 レンコート の ポケット に いれ、 あちこち とびまわって、 いわゆる 「レンラク」 を つける の でした。 オサケ を のんで、 ぐっすり ねむりたい、 しかし、 オカネ が ありません。 しかも、 P (トウ の こと を、 そういう インゴ で よんで いた と キオク して います が、 あるいは、 ちがって いる かも しれません) の ほう から は、 つぎつぎ と イキ を つく ヒマ も ない くらい、 ヨウジ の イライ が まいります。 ジブン の ビョウジャク の カラダ では、 とても つとまりそう も なくなりました。 もともと、 ヒゴウホウ の キョウミ だけ から、 その グループ の テツダイ を して いた の です し、 こんな に、 それこそ ジョウダン から コマ が でた よう に、 いやに いそがしく なって くる と、 ジブン は、 ひそか に P の ヒトタチ に、 それ は オカドチガイ でしょう、 アナタタチ の チョッケイ の モノタチ に やらせたら どう です か、 と いう よう な いまいましい カン を いだく の を きんずる こと が できず、 にげました。 にげて、 さすが に、 いい キモチ は せず、 しぬ こと に しました。
 その コロ、 ジブン に トクベツ の コウイ を よせて いる オンナ が、 3 ニン いました。 ヒトリ は、 ジブン の ゲシュク して いる センユウカン の ムスメ でした。 この ムスメ は、 ジブン が レイ の ウンドウ の テツダイ で へとへと に なって かえり、 ゴハン も たべず に ねて しまって から、 かならず ヨウセン と マンネンヒツ を もって ジブン の ヘヤ に やって きて、
「ごめんなさい。 シタ では、 イモウト や オトウト が うるさくて、 ゆっくり テガミ も かけない の です」
 と いって、 なにやら ジブン の ツクエ に むかって 1 ジカン イジョウ も かいて いる の です。
 ジブン も また、 しらん フリ を して ねて おれば いい のに、 いかにも その ムスメ が ナニ か ジブン に いって もらいたげ の ヨウス な ので、 レイ の ウケミ の ホウシ の セイシン を ハッキ して、 じつに ヒトコト も クチ を ききたく ない キモチ なの だ けれども、 くたくた に つかれきって いる カラダ に、 うむ と キアイ を かけて ハラバイ に なり、 タバコ を すい、
「オンナ から きた ラヴ レター で、 フロ を わかして はいった オトコ が ある そう です よ」
「あら、 いや だ。 アナタ でしょう?」
「ミルク を わかして のんだ こと は ある ん です」
「コウエイ だわ、 のんで よ」
 はやく この ヒト、 かえらねえ かなあ、 テガミ だ なんて、 みえすいて いる のに。 ヘヘノノモヘジ でも かいて いる の に ちがいない ん です。
「みせて よ」
 と しんで も みたく ない オモイ で そう いえば、 あら、 いや よ、 あら、 いや よ、 と いって、 その うれしがる こと、 ひどく みっともなく、 キョウ が さめる ばかり なの です。 そこで ジブン は、 ヨウジ でも いいつけて やれ、 と おもう ん です。
「すまない けど ね、 デンシャドオリ の クスリヤ に いって、 カルモチン を かって きて くれない? あんまり つかれすぎて、 カオ が ほてって、 かえって ねむれない ん だ。 すまない ねえ。 オカネ は、 ……」
「いい わよ、 オカネ なんか」
 よろこんで たちます。 ヨウ を いいつける と いう の は、 けっして オンナ を しょげさせる こと では なく、 かえって オンナ は、 オトコ に ヨウジ を たのまれる と よろこぶ もの だ と いう こと も、 ジブン は ちゃんと しって いる の でした。
 もう ヒトリ は、 ジョシ コウトウ シハン の ブンカセイ の いわゆる 「ドウシ」 でした。 この ヒト とは、 レイ の ウンドウ の ヨウジ で、 いや でも マイニチ、 カオ を あわせなければ ならなかった の です。 ウチアワセ が すんで から も、 その オンナ は、 いつまでも ジブン に ついて あるいて、 そうして、 やたら に ジブン に、 モノ を かって くれる の でした。
「ワタシ を ホントウ の アネ だ と おもって いて くれて いい わ」
 その キザ に ミブルイ しながら、 ジブン は、
「その つもり で いる ん です」
 と、 ウレエ を ふくんだ ビショウ の ヒョウジョウ を つくって こたえます。 とにかく、 おこらせて は、 こわい、 なんとか して、 ごまかさなければ ならぬ、 と いう オモイ ヒトツ の ため に、 ジブン は いよいよ その みにくい、 いや な オンナ に ホウシ を して、 そうして、 モノ を かって もらって は、 (その カイモノ は、 じつに シュミ の わるい シナ ばかり で、 ジブン は たいてい、 すぐに それ を、 ヤキトリヤ の オヤジ など に やって しまいました) うれしそう な カオ を して、 ジョウダン を いって は わらわせ、 ある ナツ の ヨル、 どうしても はなれない ので、 マチ の くらい ところ で、 その ヒト に かえって もらいたい ばかり に、 キス を して やりましたら、 あさましく キョウラン の ごとく コウフン し、 ジドウシャ を よんで、 その ヒトタチ の ウンドウ の ため に ヒミツ に かりて ある らしい ビル の ジムショ みたい な せまい ヨウシツ に つれて ゆき、 アサ まで オオサワギ と いう こと に なり、 とんでもない アネ だ、 と ジブン は ひそか に クショウ しました。
 ゲシュクヤ の ムスメ と いい、 また この 「ドウシ」 と いい、 どうしたって マイニチ、 カオ を あわせなければ ならぬ グアイ に なって います ので、 これまで の、 サマザマ の オンナ の ヒト の よう に、 うまく さけられず、 つい、 ずるずる に、 レイ の フアン の ココロ から、 この フタリ の ゴキゲン を ただ ケンメイ に とりむすび、 もはや ジブン は、 カナシバリ ドウヨウ の カタチ に なって いました。
 おなじ コロ また ジブン は、 ギンザ の ある ダイ カフェ の ジョキュウ から、 おもいがけぬ オン を うけ、 たった イチド あった だけ な のに、 それでも、 その オン に こだわり、 やはり ミウゴキ できない ほど の、 シンパイ やら、 ソラオソロシサ を かんじて いた の でした。 その コロ に なる と、 ジブン も、 あえて ホリキ の アンナイ に たよらず とも、 ヒトリ で デンシャ にも のれる し、 また、 カブキザ にも ゆける し、 または、 カスリ の キモノ を きて、 カフェ に だって はいれる くらい の、 タショウ の ズウズウシサ を よそおえる よう に なって いた の です。 ココロ では、 あいかわらず、 ニンゲン の ジシン と ボウリョク と を あやしみ、 おそれ、 なやみながら、 ウワベ だけ は、 すこし ずつ、 タニン と マガオ の アイサツ、 いや、 ちがう、 ジブン は やはり ハイボク の オドウケ の くるしい ワライ を ともなわず には、 アイサツ できない タチ なの です が、 とにかく、 ムガ ムチュウ の へどもど の アイサツ でも、 どうやら できる くらい の 「ギリョウ」 を、 レイ の ウンドウ で はしりまわった おかげ? または、 オンナ の? または、 サケ? けれども、 おもに キンセン の フジユウ の おかげ で シュウトク しかけて いた の です。 どこ に いて も、 おそろしく、 かえって ダイ カフェ で タクサン の スイキャク または ジョキュウ、 ボーイ たち に もまれ、 まぎれこむ こと が できたら、 ジブン の この たえず おわれて いる よう な ココロ も おちつく の では なかろう か、 と 10 エン もって、 ギンザ の その ダイ カフェ に、 ヒトリ で はいって、 わらいながら アイテ の ジョキュウ に、
「10 エン しか ない ん だ から ね、 その つもり で」
 と いいました。
「シンパイ いりません」
 どこ か に カンサイ の ナマリ が ありました。 そうして、 その ヒトコト が、 キミョウ に ジブン の、 ふるえおののいて いる ココロ を しずめて くれました。 いいえ、 オカネ の シンパイ が いらなく なった から では ありません、 その ヒト の ソバ に いる こと に シンパイ が いらない よう な キ が した の です。
 ジブン は、 オサケ を のみました。 その ヒト に アンシン して いる ので、 かえって オドウケ など えんじる キモチ も おこらず、 ジブン の ジガネ の ムクチ で インサン な ところ を かくさず みせて、 だまって オサケ を のみました。
「こんな の、 おすき か?」
 オンナ は、 サマザマ の リョウリ を ジブン の マエ に ならべました。 ジブン は クビ を ふりました。
「オサケ だけ か? ウチ も のもう」
 アキ の、 さむい ヨル でした。 ジブン は、 ツネコ (と いった と おぼえて います が、 キオク が うすれ、 たしか では ありません。 ジョウシ の アイテ の ナマエ を さえ わすれて いる よう な ジブン なの です) に いいつけられた とおり に、 ギンザ ウラ の、 ある ヤタイ の オスシヤ で、 すこしも おいしく ない スシ を たべながら、 (その ヒト の ナマエ は わすれて も、 その とき の スシ の マズサ だけ は、 どうした こと か、 はっきり キオク に のこって います。 そうして、 アオダイジョウ の カオ に にた カオツキ の、 マルボウズ の オヤジ が、 クビ を ふりふり、 いかにも ジョウズ みたい に ごまかしながら スシ を にぎって いる サマ も、 ガンゼン に みる よう に センメイ に おもいだされ、 コウネン、 デンシャ など で、 はて みた カオ だ、 と いろいろ かんがえ、 ナン だ、 あの とき の スシヤ の オヤジ に にて いる ん だ、 と キ が つき クショウ した こと も さいさん あった ほど でした。 あの ヒト の ナマエ も、 また、 カオカタチ さえ キオク から とおざかって いる ゲンザイ なお、 あの スシヤ の オヤジ の カオ だけ は エ に かける ほど セイカク に おぼえて いる とは、 よっぽど あの とき の スシ が まずく、 ジブン に サムサ と クツウ を あたえた もの と おもわれます。 もともと、 ジブン は、 うまい スシ を くわせる ミセ と いう ところ に、 ヒト に つれられて いって くって も、 うまい と おもった こと は、 イチド も ありません でした。 おおきすぎる の です。 オヤユビ くらい の オオキサ に きちっと にぎれない もの かしら、 と いつも かんがえて いました) その ヒト を、 まって いました。
 ホンジョ の ダイク さん の 2 カイ を、 その ヒト が かりて いました。 ジブン は、 その 2 カイ で、 ヒゴロ の ジブン の インウツ な ココロ を すこしも かくさず、 ひどい ハイタ に おそわれて でも いる よう に、 カタテ で ホオ を おさえながら、 オチャ を のみました。 そうして、 ジブン の そんな シタイ が、 かえって、 その ヒト には、 キ に いった よう でした。 その ヒト も、 ミノマワリ に つめたい コガラシ が ふいて、 オチバ だけ が まいくるい、 カンゼン に コリツ して いる カンジ の オンナ でした。
 イッショ に やすみながら その ヒト は、 ジブン より フタツ トシウエ で ある こと、 コキョウ は ヒロシマ、 アタシ には シュジン が ある のよ、 ヒロシマ で トコヤ さん を して いた の、 サクネン の ハル、 イッショ に トウキョウ へ イエデ して にげて きた の だ けれども、 シュジン は、 トウキョウ で、 マトモ な シゴト を せず その うち に サギザイ に とわれ、 ケイムショ に いる のよ、 アタシ は マイニチ、 なにやら かやら サシイレ し に、 ケイムショ へ かよって いた の だ けれども、 アス から、 やめます、 など と ものがたる の でした が、 ジブン は、 どういう もの か、 オンナ の ミノウエバナシ と いう もの には、 すこしも キョウミ を もてない タチ で、 それ は オンナ の カタリカタ の ヘタ な せい か、 つまり、 ハナシ の ジュウテン の オキカタ を まちがって いる せい なの か、 とにかく、 ジブン には、 つねに、 バジ トウフウ なの で ありました。
 わびしい。
 ジブン には、 オンナ の センマンゲン の ミノウエバナシ より も、 その ヒトコト の ツブヤキ の ほう に、 キョウカン を そそられる に ちがいない と キタイ して いて も、 この ヨノナカ の オンナ から、 ついに イチド も ジブン は、 その コトバ を きいた こと が ない の を、 キカイ とも フシギ とも かんじて おります。 けれども、 その ヒト は、 コトバ で 「わびしい」 とは いいません でした が、 ムゴン の ひどい ワビシサ を、 カラダ の ガイカク に、 1 スン くらい の ハバ の キリュウ みたい に もって いて、 その ヒト に よりそう と、 こちら の カラダ も その キリュウ に つつまれ、 ジブン の もって いる たしょう とげとげ した インウツ の キリュウ と ほどよく とけあい、 「ミナソコ の イワ に おちつく カレハ」 の よう に、 ワガミ は、 キョウフ から も フアン から も、 はなれる こと が できる の でした。
 あの ハクチ の インバイフ たち の フトコロ の ナカ で、 アンシン して ぐっすり ねむる オモイ とは、 また、 まったく ことなって、 (だいいち、 あの プロステチュート たち は、 ヨウキ でした) その サギザイ の ハンニン の ツマ と すごした イチヤ は、 ジブン に とって、 コウフク な (こんな だいそれた コトバ を、 なんの チュウチョ も なく、 コウテイ して シヨウ する こと は、 ジブン の この ゼン-シュキ に おいて、 ふたたび ない つもり です) カイホウ せられた ヨル でした。
 しかし、 ただ イチヤ でした。 アサ、 メ が さめて、 はねおき、 ジブン は モト の ケイハク な、 よそおえる オドウケモノ に なって いました。 ヨワムシ は、 コウフク を さえ おそれる もの です。 ワタ で ケガ を する ん です。 コウフク に きずつけられる こと も ある ん です。 きずつけられない うち に、 はやく、 このまま、 わかれたい と あせり、 レイ の オドウケ の エンマク を はりめぐらす の でした。
「カネ の キレメ が エン の キレメ、 って の は ね、 あれ は ね、 カイシャク が ギャク なん だ。 カネ が なくなる と オンナ に ふられる って イミ、 じゃあ ない ん だ。 オトコ に カネ が なくなる と、 オトコ は、 ただ おのずから イキ ショウチン して、 ダメ に なり、 わらう コエ にも チカラ が なく、 そうして、 ミョウ に ひがんだり なんか して ね、 ついには やぶれかぶれ に なり、 オトコ の ほう から オンナ を ふる、 ハンキョウラン に なって ふって ふって ふりぬく と いう イミ なん だね、 カナザワ ダイジリン と いう ホン に よれば ね、 かわいそう に。 ボク にも、 その キモチ わかる がね」
 たしか、 そんな フウ の ばかげた こと を いって、 ツネコ を ふきださせた よう な キオク が あります。 ナガイ は ムヨウ、 オソレ あり と、 カオ も あらわず に すばやく ひきあげた の です が、 その とき の ジブン の、 「カネ の キレメ が エン の キレメ」 と いう デタラメ の ホウゲン が、 ノチ に いたって、 イガイ の ヒッカカリ を しょうじた の です。
 それから、 ヒトツキ、 ジブン は、 その ヨル の オンジン とは あいません でした。 わかれて、 ヒ が たつ に つれて、 ヨロコビ は うすれ、 カリソメ の オン を うけた こと が かえって そらおそろしく、 ジブン カッテ に ひどい ソクバク を かんじて きて、 あの カフェ の オカンジョウ を、 あの とき、 ゼンブ ツネコ の フタン に させて しまった と いう ゾクジ さえ、 しだいに キ に なりはじめて、 ツネコ も やはり、 ゲシュク の ムスメ や、 あの ジョシ コウトウ シハン と おなじく、 ジブン を キョウハク する だけ の オンナ の よう に おもわれ、 とおく はなれて いながら も、 たえず ツネコ に おびえて いて、 その うえ に ジブン は、 イッショ に やすんだ こと の ある オンナ に、 また あう と、 その とき に いきなり ナニ か レッカ の ごとく おこられそう な キ が して たまらず、 あう の に すこぶる オックウ-がる セイシツ でした ので、 いよいよ、 ギンザ は ケイエン の カタチ でした が、 しかし、 その オックウ-がる と いう セイシツ は、 けっして ジブン の コウカツサ では なく、 ジョセイ と いう もの は、 やすんで から の こと と、 アサ、 おきて から の こと との アイダ に、 ヒトツ の、 チリ ほど の、 ツナガリ をも もたせず、 カンゼン の ボウキャク の ごとく、 みごと に フタツ の セカイ を セツダン させて いきて いる と いう フシギ な ゲンショウ を、 まだ よく のみこんで いなかった から なの でした。
 11 ガツ の スエ、 ジブン は、 ホリキ と カンダ の ヤタイ で ヤスザケ を のみ、 この アクユウ は、 その ヤタイ を でて から も、 さらに どこ か で のもう と シュチョウ し、 もう ジブン たち には オカネ が ない のに、 それでも、 のもう、 のもう よ、 と ねばる の です。 その とき、 ジブン は、 よって ダイタン に なって いる から でも ありました が、
「よし、 そんなら、 ユメ の クニ に つれて いく。 おどろくな、 シュチ ニクリン と いう、 ……」
「カフェ か?」
「そう」
「いこう!」
 と いう よう な こと に なって フタリ、 シデン に のり、 ホリキ は、 はしゃいで、
「オレ は、 コンヤ は、 オンナ に うえかわいて いる ん だ。 ジョキュウ に キス して も いい か」
 ジブン は、 ホリキ が そんな スイタイ を えんじる こと を、 あまり このんで いない の でした。 ホリキ も、 それ を しって いる ので、 ジブン に そんな ネン を おす の でした。
「いい か。 キス する ぜ。 オレ の ソバ に すわった ジョキュウ に、 きっと キス して みせる。 いい か」
「かまわん だろう」
「ありがたい! オレ は オンナ に うえかわいて いる ん だ」
 ギンザ 4 チョウメ で おりて、 その いわゆる シュチ ニクリン の ダイ カフェ に、 ツネコ を タノミ の ツナ と して ほとんど ムイチモン で はいり、 あいて いる ボックス に ホリキ と むかいあって コシ を おろした トタン に、 ツネコ と もう ヒトリ の ジョキュウ が はしりよって きて、 その もう ヒトリ の ジョキュウ が ジブン の ソバ に、 そうして ツネコ は、 ホリキ の ソバ に、 どさん と こしかけた ので、 ジブン は、 はっと しました。 ツネコ は、 いまに キス される。
 おしい と いう キモチ では ありません でした。 ジブン には、 もともと ショユウヨク と いう もの は うすく、 また、 たまに かすか に おしむ キモチ は あって も、 その ショユウケン を かんぜん と シュチョウ し、 ヒト と あらそう ほど の キリョク が ない の でした。 ノチ に、 ジブン は、 ジブン の ナイエン の ツマ が おかされる の を、 だまって みて いた こと さえ あった ほど なの です。
 ジブン は、 ニンゲン の イザコザ に できる だけ さわりたく ない の でした。 その ウズ に まきこまれる の が、 おそろしい の でした。 ツネコ と ジブン とは、 イチヤ だけ の アイダガラ です。 ツネコ は、 ジブン の もの では ありません。 おしい、 など おもいあがった ヨク は、 ジブン に もてる はず は ありません。 けれども、 ジブン は、 はっと しました。
 ジブン の メノマエ で、 ホリキ の モウレツ な キス を うける、 その ツネコ の ミノウエ を、 フビン に おもった から でした。 ホリキ に よごされた ツネコ は、 ジブン と わかれなければ ならなく なる だろう、 しかも ジブン にも、 ツネコ を ひきとめる ほど の ポジティヴ な ネツ は ない、 ああ、 もう、 これ で オシマイ なの だ、 と ツネコ の フコウ に イッシュン はっと した ものの、 すぐに ジブン は ミズ の よう に すなお に あきらめ、 ホリキ と ツネコ の カオ を みくらべ、 にやにや と わらいました。
 しかし、 ジタイ は、 じつに おもいがけなく、 もっと わるく テンカイ せられました。
「やめた!」
 と ホリキ は、 クチ を ゆがめて いい、
「さすが の オレ も、 こんな びんぼうくさい オンナ には、 ……」
 ヘイコウ しきった よう に、 ウデグミ して ツネコ を じろじろ ながめ、 クショウ する の でした。
「オサケ を。 オカネ は ない」
 ジブン は、 コゴエ で ツネコ に いいました。 それこそ、 あびる ほど のんで みたい キモチ でした。 いわゆる ゾクブツ の メ から みる と、 ツネコ は スイカン の キス にも あたいしない、 ただ、 みすぼらしい、 びんぼうくさい オンナ だった の でした。 アンガイ とも、 イガイ とも、 ジブン には ヘキレキ に うちくだかれた オモイ でした。 ジブン は、 これまで レイ の なかった ほど、 いくらでも、 いくらでも、 オサケ を のみ、 ぐらぐら よって、 ツネコ と カオ を みあわせ、 かなしく ほほえみあい、 いかにも そう いわれて みる と、 コイツ は へんに つかれて びんぼうくさい だけ の オンナ だな、 と おもう と ドウジ に、 カネ の ない モノ ドウシ の シンワ (ヒンプ の フワ は、 チンプ の よう でも、 やはり ドラマ の エイエン の テーマ の ヒトツ だ と ジブン は イマ では おもって います が) そいつ が、 その シンワカン が、 ムネ に こみあげて きて、 ツネコ が いとしく、 うまれて この とき はじめて、 われから セッキョクテキ に、 ビジャク ながら コイ の ココロ の うごく の を ジカク しました。 はきました。 ゼンゴ フカク に なりました。 オサケ を のんで、 こんな に ワレ を うしなう ほど よった の も、 その とき が はじめて でした。
 メ が さめたら、 マクラモト に ツネコ が すわって いました。 ホンジョ の ダイク さん の 2 カイ の ヘヤ に ねて いた の でした。
「カネ の キレメ が エン の キレメ、 なんて おっしゃって、 ジョウダン か と おもうて いたら、 ホンキ か。 きて くれない の だ もの。 ややこしい キレメ やな。 ウチ が、 かせいで あげて も、 ダメ か」
「ダメ」
 それから、 オンナ も やすんで、 ヨアケガタ、 オンナ の クチ から 「シ」 と いう コトバ が はじめて でて、 オンナ も ニンゲン と して の イトナミ に つかれきって いた よう でした し、 また、 ジブン も、 ヨノナカ への キョウフ、 ワズラワシサ、 カネ、 レイ の ウンドウ、 オンナ、 ガクギョウ、 かんがえる と、 とても このうえ こらえて いきて ゆけそう も なく、 その ヒト の テイアン に キガル に ドウイ しました。
 けれども、 その とき には まだ、 ジッカン と して の 「しのう」 と いう カクゴ は、 できて いなかった の です。 どこ か に 「アソビ」 が ひそんで いました。
 その ヒ の ゴゼン、 フタリ は アサクサ の ロック を さまよって いました。 キッサテン に はいり、 ギュウニュウ を のみました。
「アナタ、 はろうて おいて」
 ジブン は たって、 タモト から ガマグチ を だし、 ひらく と、 ドウセン が 3 マイ、 シュウチ より も セイサン の オモイ に おそわれ、 たちまち ノウリ に うかぶ もの は、 センユウカン の ジブン の ヘヤ、 セイフク と フトン だけ が のこされて ある きり で、 アト は もう、 シチグサ に なりそう な もの の ヒトツ も ない こうりょう たる ヘヤ、 ホカ には ジブン の イマ きて あるいて いる カスリ の キモノ と、 マント、 これ が ジブン の ゲンジツ なの だ、 いきて ゆけない、 と はっきり おもいしりました。
 ジブン が まごついて いる ので、 オンナ も たって、 ジブン の ガマグチ を のぞいて、
「あら、 たった それ だけ?」
 ムシン の コエ でした が、 これ が また、 じんと ホネミ に こたえる ほど に いたかった の です。 はじめて ジブン が、 こいした ヒト の コエ だけ に、 いたかった の です。 それ だけ も、 これ だけ も ない、 ドウセン 3 マイ は、 どだい オカネ で ありません。 それ は、 ジブン が いまだかつて あじわった こと の ない キミョウ な クツジョク でした。 とても いきて おられない クツジョク でした。 しょせん その コロ の ジブン は、 まだ オカネモチ の ボッチャン と いう シュゾク から だっしきって いなかった の でしょう。 その とき、 ジブン は、 みずから すすんで も しのう と、 ジッカン と して ケツイ した の です。
 その ヨ、 ジブン たち は、 カマクラ の ウミ に とびこみました。 オンナ は、 この オビ は オミセ の オトモダチ から かりて いる オビ や から、 と いって、 オビ を ほどき、 たたんで イワ の ウエ に おき、 ジブン も マント を ぬぎ、 おなじ ところ に おいて、 イッショ に ジュスイ しました。
 オンナ の ヒト は、 しにました。 そうして、 ジブン だけ たすかりました。
 ジブン が コウトウ ガッコウ の セイト では あり、 また チチ の ナ にも いくらか、 いわゆる ニュース ヴァリュ が あった の か、 シンブン にも かなり おおきな モンダイ と して とりあげられた よう でした。
 ジブン は ウミベ の ビョウイン に シュウヨウ せられ、 コキョウ から シンセキ の モノ が ヒトリ かけつけ、 サマザマ の シマツ を して くれて、 そうして、 クニ の チチ を ハジメ イッカ-ジュウ が ゲキド して いる から、 これっきり セイカ とは ギゼツ に なる かも しれぬ、 と ジブン に もうしわたして かえりました。 けれども ジブン は、 そんな こと より、 しんだ ツネコ が こいしく、 めそめそ ないて ばかり いました。 ホントウ に、 イマ まで の ヒト の ナカ で、 あの びんぼうくさい ツネコ だけ を、 すき だった の です から。
 ゲシュク の ムスメ から、 タンカ を 50 も かきつらねた ながい テガミ が きました。 「いきくれよ」 と いう ヘン な コトバ で はじまる タンカ ばかり、 50 でした。 また、 ジブン の ビョウシツ に、 カンゴフ たち が ヨウキ に わらいながら あそび に きて、 ジブン の テ を きゅっと にぎって かえる カンゴフ も いました。
 ジブン の ヒダリハイ に コショウ の ある の を、 その ビョウイン で ハッケン せられ、 これ が たいへん ジブン に コウツゴウ な こと に なり、 やがて ジブン が ジサツ ホウジョザイ と いう ザイメイ で ビョウイン から ケイサツ に つれて ゆかれました が、 ケイサツ では、 ジブン を ビョウニン アツカイ に して くれて、 とくに ホゴシツ に シュウヨウ しました。
 シンヤ、 ホゴシツ の トナリ の シュクチョクシツ で、 ネズ の バン を して いた トシヨリ の オマワリ が、 アイダ の ドア を そっと あけ、
「おい!」
 と ジブン に コエ を かけ、
「さむい だろう。 こっち へ きて、 あたれ」
 と いいました。
 ジブン は、 わざと しおしお と シュクチョクシツ に はいって ゆき、 イス に こしかけて ヒバチ に あたりました。
「やはり、 しんだ オンナ が こいしい だろう」
「はい」
 ことさら に、 きえいる よう な ほそい コエ で ヘンジ しました。
「そこ が、 やはり ニンジョウ と いう もの だ」
 カレ は しだいに、 おおきく かまえて きました。
「はじめ、 オンナ と カンケイ を むすんだ の は、 どこ だ」
 ほとんど サイバンカン の ごとく、 もったいぶって たずねる の でした。 カレ は、 ジブン を コドモ と あなどり、 アキ の ヨ の ツレヅレ に、 あたかも カレ ジシン が トリシラベ の シュニン でも ある か の よう に よそおい、 ジブン から ワイダン-めいた ジュッカイ を ひきだそう と いう コンタン の よう でした。 ジブン は すばやく それ を さっし、 ふきだしたい の を こらえる の に ホネ を おりました。 そんな オマワリ の 「ヒコウシキ な ジンモン」 には、 いっさい コタエ を キョヒ して も かまわない の だ と いう こと は、 ジブン も しって いました が、 しかし、 アキ の ヨナガ に キョウ を そえる ため、 ジブン は、 あくまでも シンミョウ に、 その オマワリ こそ トリシラベ の シュニン で あって、 ケイバツ の ケイチョウ の ケッテイ も その オマワリ の オボシメシ ヒトツ に ある の だ、 と いう こと を かたく しんじて うたがわない よう な いわゆる セイイ を オモテ に あらわし、 カレ の スケベエ の コウキシン を、 やや マンゾク させる テイド の イイカゲン な 「チンジュツ」 を する の でした。
「うん、 それ で だいたい わかった。 なんでも ショウジキ に こたえる と、 ワシラ の ほう でも、 そこ は テゴコロ を くわえる」
「ありがとう ございます。 よろしく おねがい いたします」
 ほとんど ニュウシン の エンギ でした。 そうして、 ジブン の ため には、 なにも、 ヒトツ も、 トク に ならない リキエン なの です。
 ヨ が あけて、 ジブン は ショチョウ に よびだされました。 コンド は、 ホンシキ の トリシラベ なの です。
 ドア を あけて、 ショチョウシツ に はいった トタン に、
「おう、 いい オトコ だ。 これ あ、 オマエ が わるい ん じゃ ない。 こんな、 いい オトコ に うんだ オマエ の オフクロ が わるい ん だ」
 イロ の あさぐろい、 ダイガクデ みたい な カンジ の まだ わかい ショチョウ でした。 いきなり そう いわれて ジブン は、 ジブン の カオ の ハンメン に べったり アカアザ でも ある よう な、 みにくい フグシャ の よう な、 みじめ な キ が しました。
 この ジュウドウ か ケンドウ の センシュ の よう な ショチョウ の トリシラベ は、 じつに あっさり して いて、 あの シンヤ の ロウ-ジュンサ の ひそか な、 シツヨウ きわまる コウショク の 「トリシラベ」 とは、 ウンデイ の サ が ありました。 ジンモン が すんで、 ショチョウ は、 ケンジ キョク に おくる ショルイ を したためながら、
「カラダ を ジョウブ に しなけりゃ、 いかん ね。 ケッタン が でて いる よう じゃ ない か」
 と いいました。
 その アサ、 へんに セキ が でて、 ジブン は セキ の でる たび に、 ハンケチ で クチ を おおって いた の です が、 その ハンケチ に あかい アラレ が ふった みたい に チ が ついて いた の です。 けれども、 それ は、 ノド から でた チ では なく、 サクヤ、 ミミ の シタ に できた ちいさい オデキ を いじって、 その オデキ から でた チ なの でした。 しかし、 ジブン は、 それ を いいあかさない ほう が、 ベンギ な こと も ある よう な キ が ふっと した もの です から、 ただ、
「はい」
 と、 フシメ に なり、 しゅしょうげ に こたえて おきました。
 ショチョウ は ショルイ を かきおえて、
「キソ に なる か どう か、 それ は ケンジ ドノ が きめる こと だ が、 オマエ の ミモト ヒキウケニン に、 デンポウ か デンワ で、 キョウ ヨコハマ の ケンジ キョク に きて もらう よう に、 たのんだ ほう が いい な。 ダレ か、 ある だろう、 オマエ の ホゴシャ とか ホショウニン とか いう もの が」
 チチ の トウキョウ の ベッソウ に デイリ して いた ショガ コットウショウ の シブタ と いう、 ジブン たち と ドウキョウジン で、 チチ の タイコモチ みたい な ヤク も つとめて いた ずんぐり した ドクシン の シジュウ オトコ が、 ジブン の ガッコウ の ホショウニン に なって いる の を、 ジブン は おもいだしました。 その オトコ の カオ が、 ことに メツキ が、 ヒラメ に にて いる と いう ので、 チチ は いつも その オトコ を ヒラメ と よび、 ジブン も、 そう よびなれて いました。
 ジブン は ケイサツ の デンワチョウ を かりて、 ヒラメ の イエ の デンワ バンゴウ を さがし、 みつかった ので、 ヒラメ に デンワ して、 ヨコハマ の ケンジ キョク に きて くれる よう に たのみましたら、 ヒラメ は ヒト が かわった みたい な いばった クチョウ で、 それでも、 とにかく ひきうけて くれました。
「おい、 その デンワキ、 すぐ ショウドク した ほう が いい ぜ。 なんせ、 ケッタン が でて いる ん だ から」
 ジブン が、 また ホゴシツ に ひきあげて から、 オマワリ たち に そう いいつけて いる ショチョウ の おおきな コエ が、 ホゴシツ に すわって いる ジブン の ミミ に まで、 とどきました。
 オヒルスギ、 ジブン は、 ほそい アサナワ で ドウ を しばられ、 それ は マント で かくす こと を ゆるされました が、 その アサナワ の ハシ を わかい オマワリ が、 しっかり にぎって いて、 フタリ イッショ に デンシャ で ヨコハマ に むかいました。
 けれども、 ジブン には すこし の フアン も なく、 あの ケイサツ の ホゴシツ も、 ロウ-ジュンサ も なつかしく、 ああ、 ジブン は どうして こう なの でしょう、 ザイニン と して しばられる と、 かえって ほっと して、 そうして ゆったり おちついて、 その とき の ツイオク を、 イマ かく に あたって も、 ホントウ に のびのび した たのしい キモチ に なる の です。
 しかし、 その ジキ の なつかしい オモイデ の ナカ にも、 たった ヒトツ、 ヒヤアセ サント の、 ショウガイ わすれられぬ ヒサン な シクジリ が あった の です。 ジブン は、 ケンジ キョク の うすぐらい イッシツ で、 ケンジ の カンタン な トリシラベ を うけました。 ケンジ は 40 サイ ゼンゴ の ものしずか な、 (もし ジブン が ビボウ だった と して も、 それ は いわば ジャイン の ビボウ だった に チガイ ありません が、 その ケンジ の カオ は、 ただしい ビボウ、 と でも いいたい よう な、 ソウメイ な セイヒツ の ケハイ を もって いました) こせこせ しない ヒトガラ の よう でした ので、 ジブン も まったく ケイカイ せず、 ぼんやり チンジュツ して いた の です が、 とつぜん、 レイ の セキ が でて きて、 ジブン は タモト から ハンケチ を だし、 ふと その チ を みて、 この セキ も また ナニ か の ヤク に たつ かも しれぬ と あさましい カケヒキ の ココロ を おこし、 ごほん、 ごほん と フタツ ばかり、 オマケ の ニセ の セキ を おおげさ に つけくわえて、 ハンケチ で クチ を おおった まま ケンジ の カオ を ちらと みた、 カンイッパツ、
「ホントウ かい?」
 ものしずか な ビショウ でした。 ヒヤアセ サント、 いいえ、 イマ おもいだして も、 キリキリマイ を したく なります。 チュウガク ジダイ に、 あの バカ の タケイチ から、 ワザ、 ワザ、 と いわれて セナカ を つかれ、 ジゴク に けおとされた、 その とき の オモイ イジョウ と いって も、 けっして カゴン では ない キモチ です。 あれ と、 これ と、 フタツ、 ジブン の ショウガイ に おける エンギ の ダイシッパイ の キロク です。 ケンジ の あんな ものしずか な ブベツ に あう より は、 いっそ ジブン は 10 ネン の ケイ を いいわたされた ほう が、 まし だった と おもう こと さえ、 ときたま ある ほど なの です。
 ジブン は キソ ユウヨ に なりました。 けれども いっこう に うれしく なく、 よにも みじめ な キモチ で、 ケンジ キョク の ヒカエシツ の ベンチ に こしかけ、 ヒキトリニン の ヒラメ が くる の を まって いました。
 ハイゴ の たかい マド から ユウヤケ の ソラ が みえ、 カモメ が、 「オンナ」 と いう ジ みたい な カタチ で とんで いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニンゲン シッカク 4 | トップ | ニンゲン シッカク 2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。