カナ文字文庫 (漢字廃止論)

日本文学の名作などをカナ書きに改めて掲載。

カイメツ の ジョキョク 2

2017-09-07 | ハラ タミキ
 ヤスコ の ニモツ は ムスコ の ガクドウ ソカイチ へ すこし おくった の と、 シリアイ の イナカ へ ヒトハコ あずけた ホカ は、 まだ ダイブブン ジュンイチ の イエ の ドゾウ に あった。 ミノマワリ の シナ と シゴト ドウグ は、 ミシン を すえた 6 ジョウ の マ に おかれた が、 ヘヤ いっぱい、 シカカリ の シゴト を ひろげて、 その ナカ で ノボセギミ に はたらく の が すき な カノジョ は、 そこ が ランザツ に なる こと は いっこう キ に ならなかった。 アメガチ の テンキ で、 はやく から ヒ が くれる と ネズミ が ごそごそ はいのぼって、 ボール-バコ の カゲ へ かくれたり した。 キレイズキ の ジュンイチ は ときどき、 イモウト を しかりつける の だ が、 ヤスコ は その とき だけ ちょっと かたづけて みる ものの、 ヘヤ は すぐ マエ イジョウ に みだれた。 シゴト やら、 ダイドコロ やら、 ソウジ やら、 こんな ひろい イエ を アニ の キ に いる とおり に できない、 と、 よく ヤスコ は セイジ に こぼす の で あった。 ……イツカイチ チョウ へ イエ を かりて イライ、 ジュンイチ は つぎつぎ に ソカイ の シナ を おもいつき、 ほとんど マイニチ、 ニヅクリ に ヨネン ない の だった が、 ニ を サンラン した アト は イエ の ウチ を きちんと かたづけて おく シュウカン だった。 ジュンイチ の モチニゲ-ヨウ の リュックサック は ショクリョウヒン が つめられて、 エンガワ の テンジョウ から つるされて いる ツナ に くくりつけて あった。 つまり、 ネズミ の シンガイ を ふせぐ ため で あった。 ……ニシザキ に ナワ を かけさせた ニ を フタリ で セイサクショ の カタスミ へ もちはこぶ と、 ジュンイチ は ジムシツ で ロウガンキョウ を かけ 2~3 の ショルイ を よみ、 それから ふいと フロバ へ スガタ を あらわし、 ごしごし と ナガシバ の ソウジ に とりかかる。
 ……コノゴロ、 ジュンイチ は ミ も ココロ も コマ の よう に よく カイテン した。 タカコ を ソカイ させた ものの、 チョウカイ では ボウクウ ヨウイン の ソカイ を こばみ、 イドウ ショウメイ を ださなかった。 したがって、 ジュンイチ は ショクリョウ も、 タカコ の ところ へ はこばねば ならなかった。 イツカイチ チョウ まで の テイキ ジョウシャケン も テ に いれた し、 コメ は ことかかない だけ、 たえず ながれこんで くる。 ……フロ ソウジ が すむ コロ、 ジュンイチ には もう アス の ニヅクリ の プラン が できて いる。 そこで、 テアシ を ぬぐい、 ゲタ を つっかけ、 ドゾウ を のぞいて みる の で あった が、 イリグチ の すぐ ソバ に ランザツ に つみかさねて ある ヤスコ の ニモツ ―― ナニ か とりだして、 そのまま フタ の あいて いる ハコ や、 フタ から はみだして いる イルイ…… が、 イツモ の こと ながら メ に つく。 しばらく ジュンイチ は それ を れいぜん と みつめて いた が、 ふと、 ここ へは もっと ミズオケ を そなえつけて おいた ほう が いい な、 と、 ヒトリ うなずく の で あった。
 30 も ナカバスギ の ヤスコ は、 もう ジョガクセイ の コロ の あかるい アタマ には かえれなかった し、 すんだ タマシイ と いう もの は いつのまにか みうしなわれて いた。 が、 そのかわり ナニ か イマ では ふてぶてしい もの が ミ に そなわって いた。 ビョウジャク な オット と シベツ し、 ヨウジ を かかえて、 ジュンイチ の キンジョ へ うつりすむ よう に なった コロ から、 セケン は フクザツ に なった し、 その アイダ、 1 ネン あまり ヨウサイ シュギョウ の タビ にも でたり した が、 セイカツナン の ソコ で、 シュウトメ や トナリグミ や アニヨメ や アニ たち に こづかれて ゆく うち に、 たしょう モノ の ウラオモテ も わかって きた。 コノゴロ、 ナニ より も カノジョ に とって キョウミ が ある の は、 タニン の こと で、 ヒト の キモチ を あれこれ オクソク したり する こと が、 ほとんど ヤミツキ に なって いた。 それから、 カノジョ は カノジョ-リュウ に、 ヒト を ショウチュウ に まるめる、 と いう より ヒト と おもしろく つきあって、 ささやか な アイジョウ の ヤリトリ を する こと に、 キ を まぎらす の で あった。 ハントシ マエ から シリアイ に なった キンジョ の シンコン の ムジャキ な フサイ も たまらなく コウイ が もてた ので、 ジュンイチ が イツカイチ の ほう へ でかけて いって ルス の ヨル など、 ヤスコ は この フタリ を ショウタイ して、 ドラヤキ を こしらえた。 トウカ カンセイ の モト で、 アス をも しれない キョウイ の ナカ で、 これ は ママゴト アソビ の よう に たのしい ヒトトキ で あった。
 ……ホンケ の ダイドコロ を あずかる よう に なって から は、 オイ の チュウガクセイ も 「ネエサン、 ネエサン」 と よく なついた。 フタリ の ウチ ちいさい ほう は ハハオヤ に くっついて イツカイチ チョウ へ いった が、 タバコ の アジ も おぼえはじめた、 ウエ の ほう の チュウガクセイ は サカリバ の ヨル の ミリョク に ひかれて か、 やはり、 ここ に ふみとどまって いた。 ユウガタ、 ミツビシ コウジョウ から もどって くる と、 さっそく カレ は ダイドコロ を のぞく。 すると、 トダナ には ムシパン や ドウナッツ が、 カレ の キ に いる よう に いつも メサキ を かえて、 こしらえて あった。 ハライッパイ、 ユウショク を たべる と、 のそり と くらい オウライ へ でかけて ゆき、 それから もどって くる と ヒトフロ あびて アセ を ながす。 ノンキ そう に ユ の ナカ で オオゴエ で うたって いる フシマワシ は、 すっかり ショッコウ キドリ で あった。 まだ、 カオ は こどもっぽかった が、 カラダ は ソウテイ-ナミ に ハッタツ して いた。 ヤスコ は オイ の ウタゴエ を きく と、 いつも くすくす わらう の だった。 ……アン を いれた マンジュウ を こしらえ、 バンシャク の アト だす と、 ジュンイチ は ひどく ほめて くれる。 あおい ワイシャツ を きて わかがえった つもり の ジュンイチ は、 「ふとった では ない か、 ほほう、 ヒビ に ふとって ゆく ぞ」 と キゲン よく ジョウダン を いう こと が あった。 じっさい、 ヤスコ は シタバラ の ほう が でっぱって、 カオ は いつのまにか 20 ダイ の ツヤ を たたえて いた。 だが、 シュウ に イチド ぐらい は イツカイチ チョウ の ほう から アニヨメ が もどって きた。 ハデ な モンペ を きた タカコ は コウリョウ の ニオイ を まきちらしながら、 それとなく ヤスコ の ヤリクチ を カンシ に くる よう で あった。 そういう とき ケイホウ が でる と、 すぐ この タカコ は カオ を しかめる の で あった が、 カイジョ に なる と、 「さあ、 また ケイホウ が でる と うるさい から かえりましょう」 と そそくさ と たちさる の だった。
 ……ヤスコ が ユウゲ の シタク に とりかかる コロ には たいがい、 ジケイ の セイジ が やって くる。 ソカイ ガクドウ から きた と いって、 うれしそう に ハガキ を みせる こと も あった。 が、 ときどき、 セイジ は 「ふらふら だ」 とか 「メマイ が する」 と うったえる よう に なった。 カオ に セイキ が なく、 ショウソウ の イロ が めだった。 ヤスコ が ニギリメシ を さしだす と、 カレ は だまって うまそう に ぱくついた。 それから、 この イエ の いそがしい ソカイブリ を ながめて、 「ついでに イシドウロウ も ウエキ も みんな もって いく と いい」 など わらう の で あった。
 マエ から ヤスコ は ドゾウ の ナカ に ホウリッパナシ に なって いる タンス や キョウダイ が キ に かかって いた。 「この キョウダイ は ワク つくらす と いい」 と ジュンイチ も いって くれた ほど だし、 ヒトコト カレ が ニシザキ に めいじて くれれば すぐ カイケツ する の だった が、 オノレ の ソカイ に かまけて いる ジュンイチ は、 もう そんな こと は わすれた よう な カオツキ だった。 ちょくせつ、 ニシザキ に たのむ の は どうも キ が ひけた。 タカコ の メイレイ なら ムジョウケン に したがう ニシザキ も ヤスコ の こと に なる と、 とかく しぶる よう に おもえた。 ……その アサ、 ヤスコ は ジムシツ から クギヌキ を もって ドゾウ の ほう へ やって きた ジュンイチ の スガタ を チュウイ して みる と、 その カオ は おだやか に ないで いた ので、 たのむ なら この とき と おもって、 さっそく、 キョウダイ の こと を もちかけた。
「キョウダイ?」 と ジュンイチ は ムカンドウ に つぶやいた。
「ええ、 あれ だけ でも はやく ソカイ させて おきたい の」 と ヤスコ は とりすがる よう に アニ の ヒトミ を みつめた。 と、 アニ の シセン は ちらと ワキ へ そらされた。
「あんな、 ガラクタ、 どう なる の だ」 そう いう と ジュンイチ は くるり と ソッポ を むいて いって しまった。 はじめ、 ヤスコ は すとん と クウキョ の ナカ に なげだされた よう な キモチ で あった。 それから、 つぎつぎ に イキドオリ が ゆれ、 もう じっと して いられなかった。 ガラクタ と いって も、 たびかさなる イドウ の ため に あんな ふう に なった ので、 カノジョ が ケッコン する とき まだ いきて いた ハハオヤ が みたてて くれた キネン の シナ で あった。 ジブン の もの に なる と ホウキ 1 ポン に まで アイチャク する ジュンイチ が、 この せつない、 ヒト の キモチ は わかって くれない の だろう か。 ……カノジョ は また あの バン の こわい ジュンイチ の カオツキ を おもいうかべて いた。
 それ は タカコ が イツカイチ チョウ に ソカイ する テハズ の できかかった コロ の こと で あった。 ツマ の カワリ に イモウト を この イエ に うつし イッサイ を きりまわさす こと に する と、 ジュンイチ は シュチョウ する の で あった が、 ヤスコ は なかなか ショウダク しなかった。 ヒトツ には ミガッテ な アニヨメ に たいする アテコスリ も あった が、 カケ チョウ の ほう へ ソカイ した コドモ の こと も キ に なり、 いっそ の こと ホボ と なって そこ へ いって しまおう か とも おもいまどった。 アニヨメ と ジュンイチ とは ヤスコ を めぐって なだめたり すかしたり しよう と する の で あった が、 もう ヨ も ふけかかって いた。
「どうしても ショウダク して くれない の か」 と ジュンイチ は きっと なって たずねた。
「ええ、 やっぱし ヒロシマ は キケン だし、 いっそ の こと カケ チョウ の ほう へ……」 と、 ヤスコ は おなじ こと を くりかえした。 とつぜん、 ジュンイチ は ナガヒバチ の ソバ に あった ネーブル の カワ を つかむ と、 ムコウ の カベ へ びしゃり と なげつけた。 キョウボウ な クウキ が さっと みなぎった。 「まあ、 まあ、 もう イッペン アス まで よく かんがえて みて ください」 と アニヨメ は とりなす よう に コトバ を はさんだ が、 けっきょく、 ヤスコ は その ヨル の うち に ショウダク して しまった の で あった。 ……しばらく ヤスコ は メモト が くらくら する よう な ジョウタイ で イエ の ウチ を アテ も なく あるきまわって いた が、 いつのまにか カイダン を のぼる と 2 カイ の ショウゾウ の ヘヤ に きて いた。 そこ には アサッパラ から ヒトリ ひきこもって クツシタ の シュウゼン を して いる ショウゾウ の スガタ が あった。 ジュンイチ の こと を イッキ に しゃべりおわる と、 はじめて ナミダ が あふれながれた。 そして、 いくらか キモチ が おちつく よう で あった。 ショウゾウ は うるわしげ に ただ もくもく と して いた。

 テンコ が おわって から の ショウゾウ は、 ジブン でも どうにも ならぬ キョムカン に おちいりがち で あった。 その コロ、 ヨウジ も あまり なかった し、 ジムシツ へも めった に スガタ を あらわさなく なって いた。 たまに でて くれ ば、 シンブン を よむ ため で あった。 ドイツ は すでに ムジョウケン コウフク を して いた が、 イマ この クニ では ホンド ケッセン が さけばれ、 チクジョウ など と いう コトバ が みえはじめて いた。 ショウゾウ は シャセツ の ウラ に ナニ か シンソウ の ニオイ を かぎとろう と した。 しかし、 どうか する と、 フツカ も ミッカ も シンブン が よめない こと が あった。 これまで ジュンイチ の タクジョウ に おかれて いた はず の もの が、 どういう もの か どこ か に かくされて いた。
 たえず ナニ か に おいつめられて ゆく よう な キモチ で いながら、 だらけて ゆく もの を どうにも できず、 ショウゾウ は ミズカラ を もてあます よう に、 ぶらぶら と ひろい イエ の ウチ を あるきまわる こと が おおかった。 ……ヒルドキ に なる と、 ジョセイト が ダイドコロ の ほう へ オチャ を とり に くる。 すると、 クロイタ の ヘイ ヒトエ を へだてて、 コウジョウ の ロジ の ほう で イマ サギョウ から カイホウ された ガクト たち の にぎやか な コエ が きこえる。 ショウゾウ が こちら の ショクドウ の エンガワ に コシ を おろし、 すぐ アシモト の ちいさな イケ に ユウウツ な マナザシ を おとして いる と、 コウジョウ の ほう では ガクト たち の タイソウ が はじまり、 イチ、 ニ、 イチ、 ニ と クミチョウ の はれやか な ゴウレイ が きこえる。 その やさしい ハズミ を もった ショウジョ の コエ だけ が、 キミョウ に ショウゾウ の ココロ を なぐさめて くれる よう で あった。 ……3 ジ-ゴロ に なる と、 カレ は ふと おもいついた よう に、 2 カイ の ジブン の ヘヤ に かえり、 クツシタ の シュウゼン を した。 すると、 ニワ を へだてて、 ムコウ の ジムシツ の 2 カイ では、 せっせと たちはたらいて いる ジョコウ たち の スガタ が みえ、 モーター ミシン の カイテン する オンキョウ も ここ まで きこえて くる。 ショウゾウ は ハリ の メド に ユビサキ を まどわしながら、 「これ を はいて にげる とき」 と そんな ネンソウ が ひらめく の で あった。
 ……それから ニチボツ の マチ を ぶぜん と あるいて いる カレ の スガタ が よく みかけられた。 マチ は つぎつぎ に タテモノ が とりはらわれて ゆく ので、 おもいがけぬ ところ に ヒロバ が のぞき、 ソマツ な ツチ の ゴウ が うずくまって いた。 めった に デンシャ も とおらない だだびろい ミチ を まがる と、 カワ に そった ツツミ に でて、 くずされた ドベイ の ホトリ に、 イチジク の ハ が おもくるしく しげって いる。 うすぐらく なった まま ヨウイ に ヨル に とけこまない クウカン は、 どろん と した シッケ が あふれて、 ショウゾウ は まるで みしらぬ トチ を あるいて いる よう な キモチ が する の で あった。 ……だが、 カレ の アシ は その ツツミ を とおりすぎる と、 キョウバシ の タモト へ で、 それから さらに カワ に そった ツツミ を あるいて ゆく。 セイジ の イエ の カドグチ まで きかかる と、 ミチバタ で あそんで いた メイ が まず コエ を かけ、 つづいて 1 ネンセイ の オイ が すばやく とびついて くる。 オイ は ぐいぐい カレ の テ を ひっぱり、 かたい ちいさな ツメ で、 ショウゾウ の テクビ を つねる の で あった。
 その コロ、 ショウゾウ は モチニゲ-ヨウ の ザツノウ を ほしい と おもいだした。 ケイホウ の たび ごと に カレ は フロシキヅツミ を もちあるいて いた が、 アニ たち は リッパ な リュック を もって いた し、 ヤスコ は カタ から さげる カバン を こしらえて いた。 ヌノジ さえ あれば いつでも ぬって あげる と ヤスコ は うけあった。 そこで、 ショウゾウ は ジュンイチ に ハナシ を もちかける と、 「カバン に する ヌノジ?」 と ジュンイチ は つぶやいて、 そんな もの が ある の か ない の か アイマイ な カオツキ で あった。 その うち には だして くれる の か と まって いた が いっこう はっきり しない ので、 ショウゾウ は また ジュンイチ に サイソク して みた。 すると、 ジュンイチ は いじわるそう に わらいながら、 「そんな もの は いらない よ。 かついで にげたい の だったら、 そこ に つるして ある リュック の ウチ、 どれ でも いい から もって にげて くれ」 と いう の で あった。 その カバン は ジュウヨウ ショルイ と ほんの ミ に つける シナ だけ を いれる ため なの だ と、 ショウゾウ が いくら セツメイ して も、 ジュンイチ は とりあって くれなかった。 …… 「ふーん」 と ショウゾウ は おおきな タメイキ を ついた。 カレ には ジュンイチ の シンリ が どうも つかめない の で あった。 「すねて やる と いい のよ。 ワタシ なんか ないたり して こまらして やる」 と、 ヤスコ は ジュンイチ の ソウジュウホウ を セツメイ して くれた。 キョウダイ の ケン に して も、 ソノゴ けろり と して ジュンイチ は ソカイ させて くれた の で あった。 だが、 ショウゾウ には じわじわ した カケヒキ は できなかった。 ……カレ は セイジ の イエ へ いって カバン の こと を はなした。 すると セイジ は ちょうど いい ヌノジ を とりだし、 「これ ぐらい あったら つくれる だろう。 コメ 1 ト と いう ところ だ が、 ナニ か よこす か」 と いう の で あった。 ヌノジ を テ に いれる と ショウゾウ は ヤスコ に カバン の セイサク を たのんだ。 すると、 イモウト は、 「にげる こと ばかり かんがえて どう する の」 と、 これ も また イジ の わるい こと を いう の で あった。

 4 ガツ 30 ニチ に バクゲキ が あった きり、 ソノゴ ここ の マチ は まだ クウシュウ を うけなかった。 したがって マチ の ソカイ にも カンキュウ が あり、 ジンシン も キンチョウ と シカン が たえず コウタイ して いた。 ケイホウ は ほとんど レンヤ でた が、 それ は キライ トウカ と きまって いた ので、 モリ セイサクショ でも カンシ トウバンセイ を ハイシ して しまった。 だが、 ホンド ケッセン の ケハイ は しだいに もう ノウコウ に なって いた。
「ハタ ゲンスイ が ヒロシマ に きて いる ぞ」 と、 ある ヒ、 セイジ は ジムシツ で ショウゾウ に いった。 「ヒガシ レンペイジョウ に チクジョウ ホンブ が ある。 ヒロシマ が サイゴ の ガジョウ に なる らしい ぞ」 そういう こと を かたる セイジ は ―― タショウ の カイギ も もちながら ―― ショウゾウ に くらべる と、 ケッセン の ココログミ に きおって いる ふう にも みえた。 …… 「ハタ ゲンスイ が のう」 と、 ウエダ も マノビ した クチョウ で いった。
「ありゃあ、 フタバ の サト で、 マイニチ フタツ ずつ おおきな マンジュウ を たべてん だ そう な」 ……ユウコク、 ジムシツ の ラジオ は ケイヒン チク に B-29 500 キ ライシュウ を ほうじて いた。 シカメツラ して きいて いた ミツイ ロウジン は、
「へーえ、 500 キ!……」
 と おもわず キョウタン の コエ を あげた。 すると、 ミナ は くすくす わらいだす の で あった。
 ……ある ヒ、 ヒガシ ケイサツショ の 2 カイ では、 シナイ の コウジョウシュ を あつめて ナニ か クンジ が おこなわれて いた。 ダイリ で でかけて きた ショウゾウ は、 こういう セキ には はじめて で あった が、 キョウ も なさげ に ヒトリ カッテ な こと を かんがえて いた。 が、 その うち に ふと キ が つく と、 ベンシ が いれかわって、 イマ タイク どうどう たる ジュンサ が しゃべりだそう と する ところ で あった。 ショウゾウ は その フウサイ に ちょっと キョウミ を かんじはじめた。 タイカク と いい、 カオツキ と いい、 いかにも テンケイテキ な ケイサツカン と いう ところ が あった。 「ええ、 これから ボウクウ エンシュウ の ケン に ついて、 いささか もうしあげます」 と、 その コエ は また メイロウ カッタツ で あった。 ……おやおや、 ゼンコク の トシ が イマ ダンウ の シタ に さらされて いる とき、 ここ では エンシュウ を やる と いう の かしら、 と ショウゾウ は あやしみながら ミミ を かたむけた。
「ええ、 ゴショウチ の とおり ゲンザイ、 わが ヒロシマ シ へは トウキョウ を ハジメ、 ナゴヤ、 あるいは オオサカ、 コウベ ホウメン から、 つまり カク-ホウメン の リサイシャ が ぞくぞく と あいついで ながれこんで おります。 それら の リサイシャ が わが シミン ショクン に かたる ところ は ナン で ある か と もうします と、 『いやはや、 クウシュウ は こわかった こわかった。 なんでも かんでも はやく にげだす に かぎる』 と、 ほざく の で あります。 しかし、 ひっきょう する に カレラ は ボウクウジョウ の ザイパイシャ で あり、 あわれむ べき グミン で あります。 みずから たのむ ところ あつき ワレワレ は けっして カレラ の ゲン に ミミ を かたむけて は ならない の で あります。 なるほど センキョク は カレツ で あり、 クウシュウ は ゲキカ の イチロ に あります。 だが、 いかなる キケン と いえど も、 それ に たいする かっこ たる ボウビ さえ あれば、 いささかも おそる には たりない の で あります。
 そう いいながら、 カレ は くるり と コクバン の ほう へ むいて、 コンド は ズシ に よって、 ジッサイテキ の セツメイ に はいった。 ……その いささかも フアン も なさげ な、 カレ の ハナシ を きいて いる と、 じっさい、 クウシュウ は カンタン メイリョウ な コトガラ で あり、 ドウジ に ヒト の イノチ も また タンジュン メイカク な ブツリテキ サヨウ の モト に ある だけ の こと の よう に おもえた。 めずらしい オトコ だな、 と ショウゾウ は かんがえた。 だが、 このよう な コウカン ロボット なら、 イマ ニホン には いくらでも いる に ちがいない。

 ジュンイチ は テブラ で イチカイチ チョウ の ほう へ でむく こと は なく、 いつも リュックサック に こまごま した ソカイ の シナ を つめこみ、 ユウショク-ゴ ヒトリ いそいそ と でかけて ゆく の で あった が、 ある とき、 ショウゾウ に 「マンイチ の バアイ しって いて くれぬ と こまる から、 これから イッショ に いこう」 と さそった。 ちいさな ニモツ もたされて、 ショウゾウ は ジュンイチ と イッショ に デンシャ の テイシャジョウ へ おもむいた。 コイーユキ は なかなか やって こず、 ショウゾウ は ひろびろ と した ドウロ の ハテ に メ を やって いた。 が、 その うち に、 タテモノ の ムコウ に はっきり と ゴサソウザン が うずくまって いる スガタ が うつった。
 それ は イマ、 ナツ の ユウグレ の スイジョウキ を ふくんで あざやか に セイドウ して いた。 その ヤマ に つらなる ホカ の ヤマヤマ も イツモ は カスイ の あわい スガタ しか しめさない のに、 キョウ は おそろしく セイキ に みちて いた。 そこしれない スガタ の ナカ を クモ が ゆるゆる と ながれた。 すると、 いまにも ヤマヤマ は ゆれうごき、 さけびあおう と する よう で あった。 フシギ な コウケイ で あった。 ふと、 この マチ を めぐる、 ある おおきな もの の コウズ が、 この とき ショウゾウ の メ に えがかれて きだした。 ……セイレツ な カセン を イクツ か のりこえ、 デンシャ が シガイ に でて から も、 ショウゾウ の メ は マド の ソト の フウケイ に くいいって いた。 その エンセン は ムカシ カイスイヨク キャク で にぎわった ので、 イマ も マド から ふきこむ カゼ が ふと なつかしい キオク の ニオイ を もたらしたり した。 が、 サキホド から ショウゾウ を おどろかして いる チュウゴク サンミャク の ヒョウジョウ は なおも おとろえなかった。 くれかかった ソラ に ヤマヤマ は いよいよ あざやか な ミドリ を なげだし、 セト ナイカイ の シマカゲ も くっきり と うきあがった。 ナミ が、 あおい おだやか な ナミ が、 ムゲン の アラシ に あおられて、 いまにも くるいまわりそう に おもえた。

 ショウゾウ の メ には、 いつも みなれて いる ニホン チズ が うかんだ。 コウボウ はてしない タイヘイヨウ の ハテ に、 はじめ ニホン レットウ は ちいさな テンテン と して うつる。 マリアナ キチ を とびたった B-29 の ヘンタイ が、 クモ の ウラ を ぬって ホシ の よう に ながれて ゆく。 ニホン レットウ が ぐんと こちら に ひきよせられる。 ハチジョウジマ の ウエ で フタツ に わかれた ヘンタイ の ヒトツ は、 まっすぐ フジ-サン の ほう に むかい、 ホカ は、 クマノナダ に そって キイ スイドウ の ほう へ すすむ。 が、 その ヘンタイ から、 いま 1 キ が ふわり と はなれる と、 ムロト ミサキ を こえて、 ぐんぐん トサ ワン に むかって ゆく。 ……あおい ヘイゲン の ウエ に あわだち むらがる サンミャク が みえて くる が、 その ミネ を とびこえる と、 カガミ の よう に しずまった セト ナイカイ だ。 1 キ は その キョウメン に サンプ する シマジマ を テンケン しながら、 ゆうぜん と ヒロシマ ワン-ジョウ を まって いる。 つよすぎる マヒル の コウセン で、 チュウゴク サンミャク も ワンコウ に のぞむ イッカイ の トシ も ウスムラサキ の おぼろ で ある。 ……が、 その うち に、 ウジナ-コウ の リンカク が はっきり と みえ、 そこ から ヒロシマ シ の ゼンボウ が ヒトメ に みおろされる。 サンキョウ に そって ながれて いる オオタガワ が、 この マチ の イリグチ の ところ で ブンキ する と、 ブンキ の カズ は さらに ふえ、 マチ は サンカクス の ウエ に ひろがって いる。 マチ は すぐ ハイゴ に ひくい ヤマヤマ を めぐらし、 レンペイジョウ の シカクケイ が フタツ、 おおきく しろく ひかって いる。 だが、 チカゴロ その カワ に くぎられた マチ には、 いたる ところ に、 ソカイ アト の しろい アキチ が できあがって いる。 これ は ショウイダン コウゲキ に たいして テッペキ の ジン を しいた と いう の で あろう か。 ……ボウエンキョウ の オモテ に、 ふと キョウリョウ が あらわれる。 マメツブ ほど の ニンゲン の ムレ が イマ も いそがしげ に うごきまわって いる。 たしか ヘイタイ に ちがいない。 ヘイタイ、 ―― それ が チカゴロ この マチ の いたる ところ を センユウ して いる らしい。 レンペイジョウ に アリ の ごとく うごめく カゲ は もとより、 ちょっと した タテモノ の ホトリ にも、 それ らしい カゲ が テンザイ する。 ……サイレン は なった の だろう か。 ニグルマ が イクツ も マチジュウ を うごいて いる。 マチハズレ の アオタ には オモチャ の キシャ が のろのろ はしって いる。 ……しずか な マチ よ、 さようなら。 B-29 1 キ は くるり と カジ を かえ ゆうぜん と とびさる の で あった。

 リュウキュウ レットウ の タタカイ が おわった コロ、 リンケン の オカヤマ シ に ダイクウシュウ が あり、 つづいて、 6 ガツ 30 ニチ の シンコウ から 7 ガツ ツイタチ の ミメイ まで、 クレ シ が エンショウ した。 その ヨ、 ヒロシマ ジョウクウ を よこぎる ヘンタイ バクオン は つぎつぎ に シミン の ミミ を おびやかして いた が、 セイジ も ボウクウ ズキン に メ ばかり ひからせながら、 モリ セイサクショ へ やって きた。 コウジョウ にも ジムシツ にも ヒトカゲ は なく、 イエ の ゲンカン の ところ に、 ヤスコ と ショウゾウ と オイ の チュウガクセイ の 3 ニン が うずくまって いる の だった。 たった これ だけ で、 こんな ひろい バショ を ふせぐ と いう の だろう か、 ―― セイジ は すぐに そんな こと を かんがえる の で あった。 と、 オモテ の ほう で ハンショウ が なり 「タイヒ」 と さけぶ コエ が きこえた。 4 ニン は あたふた と ニワ の ゴウ へ ミ を ひそめた。 ミツウン の ソラ は ヨウイ に あけよう とも せず、 バクオン は つぎつぎ に ききとれた。 モノ の カタチ が はっきり みえはじめた コロ ようやく クウシュウ カイジョ と なった。
 ……その ヘイセイ に かえった マチ を、 ひどく コウフン しながら、 ジュンイチ は オオイソギ で あるいて いた。 カレ は イツカイチ チョウ で イッスイ も しなかった し、 ウミ を へだてて ムコウ に あかあか と もえる カエン を よどおし ながめた の だった。 うかうか して は いられない。 ヒ は もう カカト に もえついて きた の だ、 ―― そう つぶやきながら、 イッコク も はやく ジタク に かけつけよう と した。 デンシャ は その アサ も ヨウイ に やって こず、 ジョウキャク は ミンナ ぼうと した カオツキ で あった。 ジュンイチ が ジムシツ に あらわれた の は、 アサ の ヒ も だいぶ たかく なって いた コロ で あった が、 ここ にも ぼうと した カオツキ の ねむそう な ヒトビト ばかり と であった。
「うかうか して いる とき では ない。 さっそく、 コウジョウ は ソカイ させる」
 ジュンイチ は セイジ の カオ を みる と、 すぐに そう センコク した。 ミシン の トリハズシ、 ニバシャ の カフ を ケンチョウ へ シンセイ する こと、 カザイ の サイセイリ。 ―― ジュンイチ には また キュウ な ヨウケン が ヤマヅミ した。 ソウダン アイテ の セイジ は、 しかし、 マッセツ に ギギ を はさむ ばかり で、 いっこう てきぱき した ところ が なかった。 ジュンイチ は ぴしぴし と ムチ を ふるいたい オモイ に もえたつ の だった。

 その ヨクヨクジツ、 コンド は ヒロシマ の ダイクウシュウ だ と いう ウワサ が ぱっと ひろがった。 ウエダ が ユウコク、 リョウマツショウ から の ケイコク を ジュンイチ に つたえる と、 ジュンイチ は イモウト を せかして ユウショク を ハヤメ に すまし、 ショウゾウ と ヤスコ を かえりみて いった。
「ワシ は これから でかけて いく が、 アト は よろしく たのむ」
「クウシュウ ケイホウ が でたら にげる つもり だ が……」 ショウゾウ が ネン を おす と ジュンイチ は うなずいた。
「ダメ らしかったら ミシン を イド へ なげこんで おいて くれ」
「クラ の トビラ を ぬりつぶしたら…… イマ の うち に やって しまおう かしら」
 ふと、 ショウゾウ は ソウレツ な キモチ が わいて きた。 それから ドゾウ の マエ に ちかづいた。 かねて アカツチ は ねって あった が、 その ドゾウ の トビラ を ぬりつぶす こと は、 チチ の ダイ には ついに イチド も なかった こと で ある。 ハシゴ を かける と、 ショウゾウ は ぺたぺた と シラカベ の トビラ の スキマ に アカツチ を ねじこんで いった。 それ が おわった コロ ジュンイチ の スガタ は もう そこ には みえなかった。 ショウゾウ は キ に なる ので、 セイジ の イエ に たちよって みた。 「コンヤ が あぶない そう だ が……」 ショウゾウ が いう と、 「ええ、 それ が その ヒミツ なの だ けど キンジョ の コジマ さん も そんな こと を ユウガタ ヤクショ から きいて かえり……」 と、 ナニ か イッショウ ケンメイ、 フクロ に モノ を つめながら ミツコ は だらだら と べんじだした。
 ひととおり ヨウイ も できて、 カイカ の 6 ジョウ、 ―― その コロ ショウゾウ は カイカ で ねる よう に なって いた、 ―― の カヤ に もぐりこんだ とき で あった。 ラジオ が トサ オキ カイメン ケイカイ ケイホウ を つげた。 ショウゾウ は カヤ の ナカ で ミミ を すました。 コウチ ケン、 エヒメ ケン が ケイカイ ケイホウ に なり、 つづいて それ は クウシュウ ケイホウ に うつって いた。 ショウゾウ は カヤ の ソト に はいだす と、 ゲートル を まいた。 それから ザツノウ と スイトウ を カタ に コウサク させる と、 その ウエ を バンド で しめた。 ゲンカン で クツ を さがし、 サイゴ に テブクロ を はめた とき、 サイレン が ケイカイ ケイホウ を はなった。 カレ は とっとと オモテ へ とびだす と、 セイジ の イエ の ほう へ いそいだ。 クラヤミ の ナカ を かたい クツゾコ に テイコウ する アスファルト が あった。 ショウゾウ は ぴんと たって うまく あるいて いる オノレ の アシ を イシキ した。 セイジ の イエ の モン は あけはなたれて いた。 ゲンカン の ト を いくら たたいて も なんの テゴタエ も ない。 すでに にげさった アト らしかった。 ショウゾウ は あたふた と ツツミ の ミチ を つっきって サカエバシ の ほう へ すすんだ。 ハシ の チカク まで きた とき、 サイレン は クウシュウ を うなりだす の で あった。
 ムチュウ で ハシ を わたる と、 ニギツ コウエン ウラ の ドテ を まわり、 いつのまにか カレ は ウシタ ホウメン へ むかう ツツミ まで きて いた。 この コロ、 ようやく ショウゾウ は カレ の すぐ シュウイ を ぞろぞろ と ひしめいて いる ヒト の ムレ に きづいて いた。 それ は ロウニャク ナンニョ、 あらゆる シミン の ヒッシ の イデタチ で あった。 ナベカマ を マンサイ した リヤカー や、 ロウボ を のせた ウバグルマ が、 ザットウ の ナカ を かきわけて ゆく。 グンヨウケン に ジテンシャ を ひかせながら、 さっそう と テツカブト を かぶって いる オトコ、 ツエ に とりすがり ビッコ を ひいて いる ロウジン。 ……トラック が きた。 ウマ が とおる。 ウスヤミ の せまい ロジョウ が イマ サイジツ の よう に にぎわって いる の だった。 ……ショウゾウ は コカゲ の スイソウ の カタワラ に ある ザイモク の ウエ に コシ を おろした。
「この ヘン なら だいじょうぶ でしょう か」 と トオリガカリ の ロウバ が たずねた。
「だいじょうぶ でしょう、 カワ も すぐ マエ だし、 チカク に イエ も ない し」 そう いって カレ は スイトウ の セン を ひねった。 イマ ヒロシマ の マチ の ソラ は ぼうと しらんで、 それ は もう いつ ヒノテ が あがる かも しれない よう に おもえた。 マチ が ゼンショウ して しまったら、 アス から オレ は どう なる の だろう、 そう おもいながら も、 ショウゾウ は メノマエ の ヒナンミン の ユクエ に キョウミ を かんじる の で あった。
『ヘルマン と ドロテア』 の ハジメ に でて くる ヒナンミン の コウケイ が うかんだ。 だが、 それ に くらべる と なんと これ は おそろしく クウハク な ジョウケイ なの だろう。 ……しばらく する と、 クウシュウ ケイホウ が カイジョ に なり、 つづいて ケイカイ ケイホウ も とかれた。 ヒトビト は ぞろぞろ と ツツミ の ミチ を ひきあげて ゆく。 ショウゾウ も その ミチ を ヒトリ ひきかえして いった。 ミチ は きた オリ より も さらに ザットウ して いた。 ナニ か わめきながら、 タンカ が あいついで やって くる。 ビョウニン を はこぶ カンゴニン たち で あった。

 ソラ から サンプ された ビラ は クウシュウ の セッパク を ケイコク して いた し、 おびえた シミン は、 その コロ、 ニチボツ と ドウジ に ぞろぞろ と ヒナン コウドウ を カイシ した。 まだ なんの ケイホウ も ない のに、 カワ の ジョウリュウ や、 コウガイ の ヒロバ や、 ヤマ の フモト は、 そうした ヒトビト で いっぱい に なり、 クサムラ では、 カヤ や、 ヤグ や、 スイジ ドウグ さえ もちだされた。 アサヒル なし に コンザツ する ミヤジマ セン の デンシャ は、 ユウコク に なる と さらに サッキ-だつ。 だが、 こうした シゼン の ホウノウ をも、 すぐに その スジ は きびしく とりしまりだした。 ここ では ボウクウ ヨウイン の ソカイ を みとめない こと は、 すでに マエ から キテイ されて いた が、 コンド は ボウクウ ヨウイン の フザイ をも カンシ しよう と し、 カッコ に セイメイ ネンレイ を キサイ させた カミ を はりださせた。 ヨル は、 ハシ の タモト や ツジツジ に ジュウケン-ツキ の ヘイタイ や ケイカン が がんばった。 カレラ は よわい シミン を キョウハク して、 あくまで この マチ を シシュ させよう と する の で あった が、 キュウソ の ごとく おいつめられた ヒトビト は、 たくみ に また その ウラ を くぐった。 ヤカン、 ショウゾウ が にげて ゆく トジョウ アタリ を チュウイ して みる と、 どうも フザイ らしい イエ の ほう が おおい の で あった。
 ショウゾウ も また あの 7 ガツ ミッカ の バン から 8 ガツ イツカ の バン ―― それ が サイシュウ の トウボウ だった ―― まで、 ヤカン ケイセイ が あやしげ に なる と たちまち にげだす の で あった。 ……トサ オキ カイメン ケイカイ ケイホウ が でる と もう ミジタク に とりかかる。 コウチ ケン、 エヒメ ケン に クウシュウ ケイホウ が はっせられて、 ヒロシマ ケン、 ヤマグチ ケン が ケイカイ ケイホウ に なる の は 10 プン と かからない。 ゲートル は クラヤミ の ナカ でも すぐ まける が、 テヌグイ とか クツベラ とか いう こまか な もの で ショウゾウ は ちょっと てまどる こと が ある。 が、 ケイカイ ケイホウ の サイレン まで には きっと ゲンカンサキ で クツ を はいて いる。 ヤスコ は ヤスコ で ミジタク を ととのえ、 やはり その コロ、 ゲンカンサキ に きて いる。 フタリ は アトサキ に なり、 カドグチ を でて ゆく の で あった。 ……ある マチカド を まがり、 10 ポ ばかり ゆく と ショウゾウ は もう なりだす ぞ と おもう。 はたして、 クウシュウ ケイホウ の ものものしい サイレン が ハッポウ の ヤミ から わめきあう。 おお、 なんと いう、 コウテイ サマザマ の、 いや な ウナリゴエ だ。 これ は きずついた ケモノ の ドウコク と でも いう の で あろう か。 ノチ の レキシカ は これ を なんと ケイヨウ する だろう か。 ―― そんな カンソウ や、 それから、 ……それにしても ムカシ、 この ジブン は マチ に やって くる シシ の フエ を エンポウ から きいた だけ でも マッサオ に なって にげて いった が、 あの コロ の キョウフ の ジュンスイサ と、 この イマ の キョウフ と では、 どうも イマ では キョウフ まで が ナニ か ドンジュウ な ワク に はめこまれて いる。 ―― そんな ネンソウ が ショウゾウ の アタマ に うかぶ の も スウビョウ で、 カレ は いきせききらせて、 ツツミ に でる イシダン を のぼって いる。 セイジ の イエ の カドグチ に かけつける と、 イッカ そろって シタク を おえて いる こと も あった が、 まだ なんの ミジタク も して いない こと も あった。 ショウゾウ が ここ へ あらわれる と ゼンゴ して ヤスコ は ヤスコ で そこ へ かけつけて くる。 …… 「ここ の ヒモ むすんで ちょうだい」 と ちいさな メイ が ショウゾウ に ズキン を さしだす。 カレ は その ヒモ を かたく むすんで やる と、 くるり と メイ を セ に せおい、 ミナ より ヒトアシ サキ に カドグチ を でて ゆく。 サカエバシ を わたって しまう と、 とにかく ほっと して アシドリ も すこし ゆるく なる。 テツドウ の フミキリ を こえ、 ニギツ の ツツミ に でる と、 ショウゾウ は せおって いた メイ を クサムラ に おろす。 カワ の ミズ は ほのじろく、 スギ の タイボク は くろい カゲ を ミチ に なげて いる。 この ちいさな メイ は この ケシキ を キオク する で あろう か。 おさない ヒビ が ヨゴト、 ヨゴト の トウボウ に はじまる 「ある オンナ の ショウガイ」 と いう ショウセツ が、 ふと、 アセマミレ の ショウゾウ の アタマ には うかぶ の で あった。 ……しばらく する と、 セイジ の イッカ が やって くる。 アニヨメ は アカンボウ を せおい、 ジョチュウ は ナニ か ニ を かかえて いる。 ヤスコ は ちいさな オイ の テ を ひいて、 とっとと セントウ に いる。 (カノジョ は ヒトリ で にげて いる と、 ケイボウダン に つかまり ひどく しかられた こと が ある ので、 それ イライ この オイ を かりる よう に なった) セイジ と チュウガクセイ の オイ は ならんで アト から やって くる。 それから、 その ヘン の ジンカ の ラジオ に ミミ を かたむけながら、 ジョウセイ-シダイ に よって は さらに カワカミ に さかのぼって ゆく の だ。 ながい ツツミ を ずんずん ゆく と、 ジンカ も まばら に なり、 タノモ や サンロク が おぼろ に みえて くる。 すると、 カエル の ナキゴエ が イマ アタリ イチメン に きこえて くる。 ひっそり と した ヤイン の ナカ を にげのびて ゆく ヒトカゲ は やはり たえない。 いつのまにか ヨ が あけて、 おびただしい ガス が キロ イチメン に たちこめて いる こと も あった。
 ときには ショウゾウ は タンドク で トウボウ する こと も あった。 カレ は 1 カゲツ マエ から ザイゴウ グンジン の クンレン に ときおり、 ひっぱりだされて いた が、 ハジメゴロ 20 ニン あまり シュウゴウ して いた ドウルイ も、 しだいに カズ を げんじ、 イマ では 4~5 メイ に すぎなかった。 「いずれ 8 ガツ には ダイショウシュウ が かかる」 と ブンカイチョウ は いった。 はるか ウジナ の ほう の ソラ では タンショウトウ が ゆれうごいて いる ユウヤミ の コウテイ に たたされて、 ヨビ ショウイ の ハナシ を きかされて いる とき、 ショウゾウ は キ も そぞろ で あった。 クンレン が おえて、 イエ へ もどった か と おもう と、 サイレン が なりだす の だった。 だが、 つづいて クウシュウ ケイホウ が なりだす コロ には、 ショウゾウ は ぴちん と ミジタク を おえて いる。 あわただしい クンレン の ツヅキ の よう に、 カレ は ヤミ の オウライ へ とびだす の だ。 それから、 かっか と なる クツオト を ききながら、 カレ は キタク を いそいで いる モノ の よう な フウ を よそおう。 ハシ の セキショ を ブシ に とおりこす と、 やがて ニギツ ウラ の ツツミ へ くる。 ここ で はじめて、 ショウゾウ は たちどまり、 クサムラ に コシ を おろす の で あった。 すぐ カワシモ の ほう には テッキョウ が あり、 ミズ の ひいた カワ には しろい サス が おぼろ に うきあがって いる。 それ は ショウネン の コロ から よく サンポ して みおぼえて いる ケシキ だ が、 ショウゾウ には、 ズジョウ に かぶさる ホシゾラ が、 ふと ヤセン の アリサマ を ソウゾウ さす の だった。 『センソウ と ヘイワ』 に でて くる、 ある ジンブツ の メ に えいじる うつくしい ダイシゼン の ナガメ、 しずまりかえった シンキョウ、 ―― そういった もの が、 この オレ の シニギワ にも、 はたして おとずれて くる だろう か。 すると、 ふと ショウゾウ の うずくまって いる クサムラ の すぐ ウエ の スギ の コズエ の ほう で、 ナニ か ビミョウ な ナキゴエ が した。 おや、 ホトトギス だな、 そう おもいながら ショウゾウ は なんとなく フシギ な キモチ が した。 この センソウ が ホンド ケッセン に うつり、 もしも ヒロシマ が サイゴ の ガジョウ と なる と したら、 その とき、 オレ は けつぜん と イノチ を すてて たたかう こと が できる で あろう か。 ……だが、 この マチ が サイゴ の タテ に なる なぞ、 なんと いう キョウキ イジョウ の モウソウ だろう。 かりに これ を ジョジシ に する と したら、 もっとも ワイショウ で インサン かぎりない もの に なる に ソウイ ない。 ……だが、 ショウゾウ は やはり ズジョウ に かぶさる みえない もの の ハバタキ を、 すぐ ミヂカ に きく よう な オモイ が する の で あった。
 ケイホウ が カイジョ に なり、 セイジ の イエ まで ミンナ ひきかえして も、 ショウゾウ は この ゲンカン で しばらく ラジオ を きいて いる こと が あった。 どうか する と、 また にげださなければ ならぬ ので、 オイ も メイ も まだ クツ の まま で いる。 だが、 オトナ たち が ラジオ に キ を とられて いる うち、 サキホド まで コエ の して いた オイ が、 いつのまにか ゲンカン の イシ の ウエ に テアシ を なげだし、 オオイビキ で ねむって いる こと が あった。 この オキフシ つねなき セイカツ に なれて しまった らしい コドモ は、 まるで ヘイシ の よう な イビキ を かいて いる。 (この スガタ を ショウゾウ は なにげなく ながめた の で あった が、 それ が やがて、 ヘイシ の よう な シニカタ を する とは おもえなかった。 まだ 1 ネンセイ の オイ は シュウダン ソカイ へも サンカ できず、 ときたま コクミン ガッコウ へ かよって いた。 8 ガツ ムイカ も ちょうど、 ガッコウ へ ゆく ヒ で、 その アサ、 ニシ レンペイジョウ の チカク で、 この コドモ は あえなき サイゴ を とげた の だった)
 ……しばらく まって いて も ベツジョウ ない こと が わかる と、 ヤスコ が サキ に かえって ゆき、 つづいて ショウゾウ も セイジ の カドグチ を でて ゆく。 だが、 ホンケ に もどって くる と、 2 マイ かさねて きて いる フク は アセ で びっしょり して いる し、 シャツ も クツシタ も イッコク も はやく ぬぎすてて しまいたい。 フロバ で ミズ を あび、 ダイドコロ の イス に コシ を おろす と、 はじめて ショウゾウ は ヒトゴコチ に かえる よう で あった。 ―― コンヤ の マキ も おわった。 だが、 アス は。 ―― その アス も、 かならず トサ オキ カイメン から はじまる。 すると、 ゲートル だ、 ザツノウ だ、 クツ だ、 スベテ の ヨウイ が ヤミ の ナカ から とびついて くる し、 トウボウ の ミチ は セイカク に よこたわって いた。 …… (この こと を アト に なって カイソウ する と、 ショウゾウ は その コロ ヒカクテキ ケンコウ でも あった が、 よくも あんな に ビンショウ に ふるまえた もの だ と おもえる の で あった。 ヒト は ショウガイ に おいて かならず イガイ な ジキ を もつ もの で あろう か)

 モリ セイサクショ の コウジョウ ソカイ は のろのろ と おこなわれて いた。 ミシン の トリハズシ は できて いて も、 バシャ の ワリアテ が まわって くる の が ヨウイ で なかった。 バシャ が やって きた アサ は、 ミンナ ウンパン に いそがしく、 ジュンイチ は とくに カッキ-づいた。 ある とき、 ザシキ に しかれて いた タタミ が そっくり、 この バシャ で はこばれて いった。 タタミ の はがれた ザシキ は、 ザイタ だけ で ひろびろ と し、 ソファ が 1 キャク ぽつん と おかれて いた。 こう なる と、 いよいよ この イエ も サイゴ が ちかい よう な キ が した。 ショウゾウ は エンガワ に たたずんで、 よく ニワ の スミ の しろい ハナ を ながめた。 それ は ツユ-ゴロ から さきはじめて、 ヒトツ が くちかかる コロ には ヒトツ が さき、 イマ も 6 ベン の、 ひっそり した スガタ を たたえて いる の だった。 ジケイ に その メイショウ を きく と、 クチナシ だ と いった。 そう いえば コドモ の コロ から みなれた ハナ だ が、 ひっそり と した スガタ が イマ は たまらなく なつかしかった。 ……
「これまで ナンド、 クウシュウ ケイホウ に あった か しれない。 イマ も、 カイガン の ほう が、 あかあか と もえて いる。 ケイホウ が でる たび に、 オレ は ゲンコウ を かかえて、 ゴウ に もぐりこむ コノゴロ。 オレ は コウトウ スウガク の ケンキュウ を して いる の だ。 スウガク は うつくしい。 ニホン の ゲイジュツカ は、 これ が わからぬ から ダメ さ」 こんな ふう な テガミ が トウキョウ の ユウジン から ヒサシブリ に ショウゾウ の テモト に とどいた。 イワテ ケン の ほう に いる トモ から は コノゴロ、 タヨリ が なかった。 カマイシ が カンポウ シャゲキ に あい、 あの ヘン も もう アンゼン では なさそう で あった。
 ある アサ、 ショウゾウ が ジムシツ に いる と、 キンジョ の カイシャ に つとめて いる オオタニ が やって きた。 カレ は タカコ の ミウチ の ヒトリ で、 ジュンイチ たち の ゴタゴタ の コロ から、 よく ここ へ たちよる ので、 ショウゾウ にも もう めずらしい カオ では なかった。 ほそい スネ に くろい ゲートル を まき、 ひょろひょろ の ドウ と ほそながい メン は、 ナニ か あぶなかしい インショウ を あたえる の だ が、 それ を ささえよう と する キハク も そなわって いた。 その オオタニ は ジュンイチ の テーブル の マエ に つかつか と ちかよる と、
「どう です、 ヒロシマ は。 サクヤ も まさに やって くる か と おもう と、 ウベ の ほう へ それて しまった。 テキ も よく しって いる よ、 ウベ には ジュウヨウ コウジョウ が あります から な。 それ に くらべる と、 どうも ヒロシマ なんか ヘイタイ が いる だけ で、 コウギョウテキ ケンチ から いわす と ほとんど モンダイ では ない から ね。 きっと だいじょうぶ ここ は たすかる と ボク は コノゴロ おもいだした よ」 と、 たいそう ジョウキゲン で べんじる の で あった。 (この オオタニ は 8 ガツ ムイカ の アサ、 シュッキン の トジョウ ついに ユクエ フメイ に なった の で ある)
 ……だが、 ヒロシマ が たすかる かも しれない と おもいだした ニンゲン は、 この オオタニ ヒトリ では なかった。 イチジ は あれほど インシン を きわめた ヨル の トウボウ も、 しだいに ヒトアシ が げんじて きた の で ある。 そこ へ もって きて、 コガタキ の ライシュウ が スウカイ あった が、 ハクチュウ、 ヒロシマ ジョウクウ を よこぎる その タイグン は、 なんら この マチ に トウダン する こと が なかった ばかり か、 たまたま ニシ レンペイジョウ の コウシャホウ は チュウガタ 1 キ を うちおとした の で あった。 「ヒロシマ は ふせげる でしょう ね」 と デンシャ の ナカ の イチ シミン が ショウコウ に むかって はなしかける と、 ショウコウ は もくもく と うなずく の で あった。 …… 「あ、 おもしろかった。 あんな クウチュウセン たら めった に みられない のに」 と ヤスコ は ショウゾウ に いった。 ショウゾウ は タタミ の ない ザシキ で、 ジード の 『ヒトツブ の ムギ もし しなずば』 を よみふけって いる の で あった。 アフリカ の シャクネツ の ナカ に テンカイ される、 セイシュン と ジガ の、 あやしげ な ズ が、 いつまでも カレ の アタマ に こびりついて いた。

 セイジ は この マチ ゼンタイ が たすかる とも かんがえなかった が、 カワバタ に のぞんだ ジブン の イエ は やけない で ほしい と いつも いのって いた。 ミヨシ チョウ に ソカイ した フタリ の コドモ が ブジ で この イエ に もどって きて、 ミンナ で また カワアソビ が できる ヒ を ゆめみる の で あった。 だが、 そういう ヒ が いつ やって くる の か、 つきつめて かんがえれば ぼうと して わからない の だった。
「ちいさい コドモ だけ でも、 どこ か へ ソカイ させたら……」 ヤスコ は ヨゴト の トウボウ イライ、 しきり に キ を もむ よう に なって いた。 「はやく なんとか して ください」 と ツマ の ミツコ も その コロ に なる と ソカイ を クチ に する の で あった が、 「オマエ いって きめて こい」 と、 セイジ は すこぶる フキゲン で あった。 ニョウボウ、 コドモ を ソカイ させて、 この ジブン は ―― ジュンイチ の よう に なにもかも うまく ゆく では なし ―― この イエ で どうして くらして ゆける の か、 まるで ケントウ が つかなかった。 どこ か イナカ へ イエ を かりて カザイ だけ でも はこんで おきたい、 そんな ソウダン なら マエ から ツマ と して いた。 だが、 イナカ の どこ に そんな イエ が みつかる の か、 セイジ には まるで アテ が なかった。 この コロ に なる と、 セイジ は チョウケイ の コウドウ を かれこれ、 あてこすらない カワリ に、 じっと うらめしげ に、 ヒトリ かんがえこむ の で あった。
 ジュンイチ も しかし セイジ の イッカ を みすてて は おけなく なった。 けっきょく、 ジュンイチ の キモイリ で、 イナカ へ 1 ケン、 イエ を かりる こと が できた。 が、 ニ を はこぶ バシャ は すぐに は やとえなかった。 イナカ へ イエ が みつかった と なる と、 セイジ は ほっと して、 ニヅクリ に ボウサツ されて いた。 すると、 ミヨシ の ほう の シュウダン ソカイチ の センセイ から、 フケイ の メンカイビ を ツウチ して きた。 ミヨシ の ほう へ たずねて ゆく と なれば、 フユモノ イッサイ を もって いって やりたい し、 ソカイ の ニヅクリ やら、 ガクドウ へ もって いって やる シナ の ジュンビ で、 イエ の ウチ は また ごったかえした。 それに セイジ は ミョウ な クセ が あって、 ガクドウ へ もって いって やる シナジナ には、 きちんと モウヒツ で ナマエ を キニュウ して おいて やらぬ と キ が すまない の だった。
 あれ を かたづけたり、 これ を とりちらかしたり した アゲク、 ユウガタ に なる と セイジ は ふいと キ を かえて、 ツリザオ を もって、 すぐ マエ の カワラ に でた。 コノゴロ あまり つれない の で ある が、 イト を たれて いる と、 いちばん キ が おちつく よう で あった。 ……ふと、 とっと とっと と いう カワ の ドヨメキ に セイジ は びっくり した よう に メ を みひらいた。 ナニ か カワ を みつめながら、 サキホド から ユメ を みて いた よう な キモチ が する。 それ も ムカシ よんだ キュウヤク セイショ の テンペン チイ の コウケイ を うつらうつら たどって いた よう で ある。 すると、 ガケ の ウエ の イエ の ほう から、 「オトウサン、 オトウサン」 と オオゴエ で ミツコ の よぶ スガタ が みえた。 セイジ が ツリザオ を かかえて イシダン を のぼって ゆく と、 ツマ は だしぬけ に、 「ソカイ よ」 と いった。
「それ が どうした」 と セイジ は なんの こと か わからない ので といかえした。
「さっき オオカワ が やって きて、 そう いった の です よ、 ミッカ イナイ に たちのかねば すぐに この ウチ とりこわされて しまいます」
「ふーん」 と セイジ は うめいた が、 「それで、 オマエ は ショウダク した の か」
「だから そう いって いる の じゃ ありません か。 なんとか しなきゃ タイヘン です よ。 このまえ、 オオカワ に あった とき には オタク は この ケイカク の クイキ に はいりません と、 ちゃんと ズメン みせながら セツメイ して くれた くせ に、 コンド は ヤブ から ボウ に、 20 メートル ごと の キテイ です と くる の です」
「マンシュウ ゴロ に イッパイ くわされた か」
「くやしい では ありません か。 なんとか しなきゃ タイヘン です よ」 と、 ミツコ は いらいら しだす。
「オマエ いって きめて こい」 そう セイジ は うそぶいた が、 ぐずぐず して いる バアイ でも なかった。 「ホンケ へ いこう」 と、 フタリ は それから まもなく ジュンイチ の イエ を おとずれた。 しかし、 ジュンイチ は その バン も すでに イツカイチ チョウ の ほう へ でかけた アト で あった。 シガイ デンワ で ジュンイチ を よびだそう と する と、 どうした もの か、 その ヨル は いっこう、 デンワ が つうじない。 ミツコ は ヤスコ を とらえて、 また オオカワ の ヤリクチ を だらだら と ののしりだす。 それ を きいて いる と、 セイジ は ミッカ-ゴ に とりこわされる イエ の スガタ が ムネ に つまり、 イマ は もう ゼッタイ ゼツメイ の キモチ だった。
「どうか カミサマ、 ミッカ イナイ に この ヒロシマ が ダイクウシュウ を うけます よう に」
 わかい コロ クリスチャン で あった セイジ は、 ふと クチ を ひらく と こんな イノリ を ささげた の で あった。
 その ヨクアサ、 セイジ の ツマ は ジムシツ に ジュンイチ を おとずれて、 ソカイ の こと を だらだら と うったえ、 タテモノ ソカイ の こと は シカイ ギイン の タザキ が ホンケ ホンモト らしい の だ から、 タザキ の ほう へ なんとか たのんで もらいたい と いう の で あった。
 ふん、 ふん と ジュンイチ は きいて いた が、 やがて、 イツカイチ へ デンワ を かける と、 タカコ に すぐ かえって こい と めいじた。 それから、 セイジ を かえりみて、 「なんて アリサマ だ。 オタク は タテモノ ソカイ です と いわれて、 はい そう です か、 と、 なす が まま に されて いる の か。 クウシュウ で やかれた ブン なら、 ホケン が もらえる が、 ソカイ で とりはらわれた イエ は、 ホケンキン だって つかない じゃ ない か」 と、 クジョウ いう の で あった。
 そのうち しばらく する と、 タカコ が やって きた。 タカコ は コト の ナリユキ を ひととおり きいて から、 「じゃあ、 ちょっと タザキ さん の ところ へ いって きましょう」 と、 キガル に でかけて いった。 1 ジカン も たたぬ うち に、 タカコ は はればれ した カオ で もどって きた。
「あの ヘン の タテモノ ソカイ は あれ で うちきる こと に させる と、 タザキ さん は ヤクソク して くれました。
 こうして、 セイジ の イエ の ナンダイ も すらすら カイケツ した。 と、 その とき、 ちょうど、 ケイカイ ケイホウ が カイジョ に なった。
「さあ、 また ケイホウ が でる と うるさい から イマ の うち に かえりましょう」 と タカコ は いそいで ソト に でて ゆく の で あった。
 しばらく する と、 ドゾウ ワキ の トリゴヤ で、 2 ワ の ヒナ が てんでに トキ を つげだした。 その チョウシ は まだ ととのって いない ので、 ときに ジュンイチ たち を きょうがらせる の で あった が、 イマ は ダレ も ニワトリ の ナキゴエ に ミミ を かたむけて いる モノ も なかった。 あつい ヒザシ が、 サルスベリ の ウエ の、 しずか な ソラ に みなぎって いた。 ……ゲンシ バクダン が この マチ を おとずれる まで には、 まだ 40 ジカン あまり あった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナツ の ハナ | トップ | カイメツ の ジョキョク 1 »

コメントを投稿

ハラ タミキ 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。