カナ文字文庫 (漢字廃止論)

日本文学の名作などをカナ書きに改めて掲載。

ニンゲン シッカク 5

2017-02-18 | ダザイ オサム
 2

 ホリキ と ジブン。
 たがいに ケイベツ しながら つきあい、 そうして たがいに ミズカラ を くだらなく して ゆく、 それ が コノヨ の いわゆる 「コウユウ」 と いう もの の スガタ だ と する なら、 ジブン と ホリキ との アイダガラ も、 まさしく 「コウユウ」 に チガイ ありません でした。
 ジブン が あの キョウバシ の スタンド バー の マダム の ギキョウシン に すがり、 (オンナ の ヒト の ギキョウシン なんて、 コトバ の キミョウ な ツカイカタ です が、 しかし、 ジブン の ケイケン に よる と、 すくなくとも トカイ の ダンジョ の バアイ、 オトコ より も オンナ の ほう が、 その、 ギキョウシン と でも いう べき もの を たっぷり と もって いました。 オトコ は たいてい、 おっかなびっくり で、 オテイサイ ばかり かざり、 そうして、 ケチ でした) あの タバコヤ の ヨシコ を ナイエン の ツマ に する こと が できて、 そうして、 ツキジ、 スミダガワ の チカク、 モクゾウ の 2 カイ-ダテ の ちいさい アパート の カイカ の イッシツ を かり、 フタリ で すみ、 サケ は やめて、 そろそろ ジブン の きまった ショクギョウ に なりかけて きた マンガ の シゴト に セイ を だし、 ユウショク-ゴ は フタリ で エイガ を み に でかけ、 カエリ には、 キッサテン など に はいり、 また、 ハナ の ハチ を かったり して、 いや、 それ より も ジブン を しんから シンライ して くれて いる この ちいさい ハナヨメ の コトバ を きき、 ドウサ を みて いる の が たのしく、 これ は ジブン も ひょっと したら、 いまに だんだん ニンゲン-らしい もの に なる こと が できて、 ヒサン な シニカタ など せず に すむ の では なかろう か と いう あまい オモイ を かすか に ムネ に あたためはじめて いた ヤサキ に、 ホリキ が また ジブン の ガンゼン に あらわれました。
「よう! シキマ。 おや? これ でも、 いくらか ふんべつくさい カオ に なりやがった。 キョウ は、 コウエンジ ジョシ から の オシシャ なん だ がね」
 と いいかけて、 キュウ に コエ を ひそめ、 オカッテ で オチャ の シタク を して いる ヨシコ の ほう を アゴ で しゃくって、 だいじょうぶ かい? と たずねます ので、
「かまわない。 ナニ を いって も いい」
 と ジブン は おちついて こたえました。
 じっさい、 ヨシコ は、 シンライ の テンサイ と いいたい くらい、 キョウバシ の バー の マダム との アイダ は もとより、 ジブン が カマクラ で おこした ジケン を しらせて やって も、 ツネコ との アイダ を うたがわず、 それ は ジブン が ウソ が うまい から と いう わけ では なく、 ときには、 あからさま な イイカタ を する こと さえ あった のに、 ヨシコ には、 それ が みな ジョウダン と しか ききとれぬ ヨウス でした。
「あいかわらず、 しょって いやがる。 なに、 たいした こと じゃ ない がね、 たまに は、 コウエンジ の ほう へも あそび に きて くれ って いう ゴデンゴン さ」
 わすれかける と、 ケチョウ が はばたいて やって きて、 キオク の キズグチ を その クチバシ で つきやぶります。 たちまち カコ の ハジ と ツミ の キオク が、 ありあり と ガンゼン に テンカイ せられ、 わあっ と さけびたい ほど の キョウフ で、 すわって おられなく なる の です。
「のもう か」
 と ジブン。
「よし」
 と ホリキ。
 ジブン と ホリキ。 カタチ は、 フタリ にて いました。 そっくり の ニンゲン の よう な キ が する こと も ありました。 もちろん それ は、 やすい サケ を あちこち のみあるいて いる とき だけ の こと でした が、 とにかく、 フタリ カオ を あわせる と、 みるみる おなじ カタチ の おなじ ケナミ の イヌ に かわり コウセツ の チマタ を かけめぐる と いう グアイ に なる の でした。
 その ヒ イライ、 ジブン たち は ふたたび キュウコウ を あたためた と いう カタチ に なり、 キョウバシ の あの ちいさい バー にも イッショ に ゆき、 そうして、 とうとう、 コウエンジ の シヅコ の アパート にも その デイスイ の 2 ヒキ の イヌ が ホウモン し、 シュクハク して かえる など と いう こと に さえ なって しまった の です。
 わすれ も、 しません。 むしあつい ナツ の ヨル でした。 ホリキ は ヒグレ-ゴロ、 よれよれ の ユカタ を きて ツキジ の ジブン の アパート に やって きて、 キョウ ある ヒツヨウ が あって ナツフク を シチイレ した が、 その シチイレ が ロウボ に しれる と まことに グアイ が わるい、 すぐ うけだしたい から、 とにかく カネ を かして くれ、 と いう こと でした。 あいにく ジブン の ところ にも、 オカネ が なかった ので、 レイ に よって、 ヨシコ に いいつけ、 ヨシコ の イルイ を シチヤ に もって ゆかせて オカネ を つくり、 ホリキ に かして も、 まだ すこし あまる ので その ザンキン で ヨシコ に ショウチュウ を かわせ、 アパート の オクジョウ に ゆき、 スミダガワ から ときたま かすか に ふいて くる どぶくさい カゼ を うけて、 まことに うすぎたない ノウリョウ の エン を はりました。
 ジブン たち は その とき、 キゲキ メイシ、 ヒゲキ メイシ の アテッコ を はじめました。 これ は、 ジブン の ハツメイ した ユウギ で、 メイシ には、 すべて ダンセイ メイシ、 ジョセイ メイシ、 チュウセイ メイシ など の ベツ が ある けれども、 それ と ドウジ に、 キゲキ メイシ、 ヒゲキ メイシ の クベツ が あって しかるべき だ、 たとえば、 キセン と キシャ は いずれ も ヒゲキ メイシ で、 シデン と バス は、 いずれ も キゲキ メイシ、 なぜ そう なの か、 それ の わからぬ モノ は ゲイジュツ を だんずる に たらん、 キゲキ に 1 コ でも ヒゲキ メイシ を さしはさんで いる ゲキサクカ は、 すでに それ だけ で ラクダイ、 ヒゲキ の バアイ も また しかり、 と いった よう な わけ なの でした。
「いい かい? タバコ は?」
 と ジブン が といます。
「トラ (トラジディ の リャク)
 と ホリキ が ゲンカ に こたえます。
「クスリ は?」
「コナグスリ かい? ガンヤク かい?」
「チュウシャ」
「トラ」
「そう かな? ホルモン チュウシャ も ある し ねえ」
「いや、 だんぜん トラ だ。 ハリ が だいいち、 オマエ、 リッパ な トラ じゃ ない か」
「よし、 まけて おこう。 しかし、 キミ、 クスリ や イシャ は ね、 あれ で あんがい、 コメ (コメディ の リャク) なん だぜ。 シ は?」
「コメ。 ボクシ も オショウ も しかり じゃ ね」
「オオデキ。 そうして、 セイ は トラ だなあ」
「ちがう。 それ も、 コメ」
「いや、 それ では、 なんでも かんでも みな コメ に なって しまう。 では ね、 もう ヒトツ おたずね する が、 マンガカ は? よもや、 コメ とは いえません でしょう?」
「トラ、 トラ。 ダイヒゲキ メイシ!」
「ナン だ、 オオトラ は キミ の ほう だぜ」
 こんな、 ヘタ な ダジャレ みたい な こと に なって しまって は、 つまらない の です けど、 しかし ジブン たち は その ユウギ を、 セカイ の サロン にも かつて そんしなかった すこぶる キ の きいた もの だ と トクイ-がって いた の でした。
 また もう ヒトツ、 これ に にた ユウギ を トウジ、 ジブン は ハツメイ して いました。 それ は、 アントニム の アテッコ でした。 クロ の アント (アントニム の リャク) は、 シロ。 けれども、 シロ の アント は、 アカ。 アカ の アント は、 クロ。
「ハナ の アント は?」
 と ジブン が とう と、 ホリキ は クチ を まげて かんがえ、
「ええっと、 カゲツ と いう リョウリヤ が あった から、 ツキ だ」
「いや、 それ は アント に なって いない。 むしろ、 シノニム だ。 ホシ と スミレ だって、 シノニム じゃ ない か。 アント で ない」
「わかった、 それ は ね、 ハチ だ」
「ハチ?」
「ボタン に、 ……アリ か?」
「なあん だ、 それ は モチーフ だ。 ごまかしちゃ いけない」
「わかった! ハナ に ムラクモ、 ……」
「ツキ に ムラクモ だろう」
「そう、 そう。 ハナ に カゼ。 カゼ だ。 ハナ の アント は、 カゼ」
「まずい なあ、 それ は ナニワブシ の モンク じゃ ない か。 オサト が しれる ぜ」
「いや、 ビワ だ」
「なお いけない。 ハナ の アント は ね、 ……およそ コノヨ で もっとも ハナ-らしく ない もの、 それ を こそ あげる べき だ」
「だから、 その、 ……まて よ、 なあん だ、 オンナ か」
「ついでに、 オンナ の シノニム は?」
「ゾウモツ」
「キミ は、 どうも、 ポエジー を しらん ね。 それじゃあ、 ゾウモツ の アント は?」
「ギュウニュウ」
「これ は、 ちょっと うまい な。 その チョウシ で もう ヒトツ。 ハジ。 オント の アント」
「ハジシラズ さ。 リュウコウ マンガカ ジョウシ イクタ」
「ホリキ マサオ は?」
 この ヘン から フタリ だんだん わらえなく なって、 ショウチュウ の ヨイ トクユウ の、 あの ガラス の ハヘン が アタマ に ジュウマン して いる よう な、 インウツ な キブン に なって きた の でした。
「ナマイキ いうな。 オレ は まだ オマエ の よう に、 ナワメ の チジョク など うけた こと が ねえ ん だ」
 ぎょっと しました。 ホリキ は ナイシン、 ジブン を、 マニンゲン アツカイ に して いなかった の だ、 ジブン を ただ、 シニゾコナイ の、 ハジシラズ の、 アホウ の バケモノ の、 いわば 「いける シカバネ」 と しか かいして くれず、 そうして、 カレ の カイラク の ため に、 ジブン を リヨウ できる ところ だけ は リヨウ する、 それっきり の 「コウユウ」 だった の だ、 と おもったら、 さすが に いい キモチ は しません でした が、 しかし また、 ホリキ が ジブン を そのよう に みて いる の も、 もっとも な ハナシ で、 ジブン は ムカシ から、 ニンゲン の シカク の ない みたい な コドモ だった の だ、 やっぱり ホリキ に さえ ケイベツ せられて シトウ なの かも しれない、 と かんがえなおし、
「ツミ。 ツミ の アントニム は、 ナン だろう。 これ は、むずかしい ぞ」
 と なにげなさそう な ヒョウジョウ を よそおって、 いう の でした。
「ホウリツ さ」
 ホリキ が へいぜん と そう こたえました ので、 ジブン は ホリキ の カオ を みなおしました。 チカク の ビル の メイメツ する ネオン サイン の あかい ヒカリ を うけて、 ホリキ の カオ は、 オニケイジ の ごとく イゲン ありげ に みえました。 ジブン は、 つくづく あきれかえり、
「ツミ って の は、 キミ、 そんな もの じゃ ない だろう」
 ツミ の タイギゴ が、 ホウリツ とは! しかし、 セケン の ヒトタチ は、 ミンナ それ くらい に カンタン に かんがえて、 すまして くらして いる の かも しれません。 ケイジ の いない ところ に こそ ツミ が うごめいて いる、 と。
「それじゃあ、 ナン だい、 カミ か? オマエ には、 どこ か ヤソ ボウズ-くさい ところ が ある から な。 イヤミ だぜ」
「まあ そんな に、 かるく かたづけるな よ。 もすこし、 フタリ で かんがえて みよう。 これ は でも、 おもしろい テーマ じゃ ない か。 この テーマ に たいする コタエ ヒトツ で、 その ヒト の ゼンブ が わかる よう な キ が する の だ」
「まさか。 ……ツミ の アント は、 ゼン さ。 ゼンリョウ なる シミン。 つまり、 オレ みたい な モノ さ」
「ジョウダン は、 よそう よ。 しかし、 ゼン は アク の アント だ。 ツミ の アント では ない」
「アク と ツミ とは ちがう の かい?」
「ちがう、 と おもう。 ゼンアク の ガイネン は ニンゲン が つくった もの だ。 ニンゲン が カッテ に つくった ドウトク の コトバ だ」
「うるせえ なあ。 それじゃ、 やっぱり、 カミ だろう。 カミ、 カミ。 なんでも、 カミ に して おけば マチガイ ない。 ハラ が へった なあ」
「イマ、 シタ で ヨシコ が ソラマメ を にて いる」
「ありがてえ。 コウブツ だ」
 リョウテ を アタマ の ウシロ に くんで、 アオムケ に ごろり と ねました。
「キミ には、 ツミ と いう もの が、 まるで キョウミ ない らしい ね」
「そりゃ そう さ、 オマエ の よう に、 ザイニン では ない ん だ から。 オレ は ドウラク は して も、 オンナ を しなせたり、 オンナ から カネ を まきあげたり なんか は しねえ よ」
 しなせた の では ない、 まきあげた の では ない、 と ココロ の どこ か で かすか な、 けれども ヒッシ の コウギ の コエ が おこって も、 しかし、 また、 いや ジブン が わるい の だ と すぐに おもいかえして しまう この シュウヘキ。
 ジブン には、 どうしても、 ショウメン きって の ギロン が できません。 ショウチュウ の インウツ な ヨイ の ため に こくいっこく、 キモチ が けわしく なって くる の を ケンメイ に おさえて、 ほとんど ヒトリゴト の よう に して いいました。
「しかし、 ロウヤ に いれられる こと だけ が ツミ じゃ ない ん だ。 ツミ の アント が わかれば、 ツミ の ジッタイ も つかめる よう な キ が する ん だ けど、 ……カミ、 ……スクイ、 ……アイ、 ……ヒカリ、 ……しかし、 カミ には サタン と いう アント が ある し、 スクイ の アント は クノウ だろう し、 アイ には ニクシミ、 ヒカリ には ヤミ と いう アント が あり、 ゼン には アク、 ツミ と イノリ、 ツミ と クイ、 ツミ と コクハク、 ツミ と、 ……ああ、 みんな シノニム だ、 ツミ の ツイゴ は ナン だ」
「ツミ の ツイゴ は、 ミツ さ。 ミツ の ごとく あまし だ。 ハラ が へった なあ。 ナニ か くう もの を もって こい よ」
「キミ が もって きたら いい じゃ ない か!」
 ほとんど うまれて はじめて と いって いい くらい の、 はげしい イカリ の コエ が でました。
「ようし、 それじゃ、 シタ へ いって、 ヨシ ちゃん と フタリ で ツミ を おかして こよう。 ギロン より ジッチ ケンブン。 ツミ の アント は、 ミツマメ、 いや、 ソラマメ か」
 ほとんど、 ロレツ の まわらぬ くらい に よって いる の でした。
「カッテ に しろ。 どこ か へ いっちまえ!」
「ツミ と クウフク、 クウフク と ソラマメ、 いや、 これ は シノニム か」
 デタラメ を いいながら おきあがります。
 ツミ と バツ。 ドストイエフスキー。 ちらと それ が、 ズノウ の カタスミ を かすめて とおり、 はっと おもいました。 もしも、 あの ドスト シ が、 ツミ と バツ を シノニム と かんがえず、 アントニム と して おきならべた もの と したら? ツミ と バツ、 ゼッタイ に あいつうぜざる もの、 ヒョウタン あいいれざる もの。 ツミ と バツ を アント と して かんがえた ドスト の アオミドロ、 くさった イケ、 ランマ の オクソコ の、 ……ああ、 わかりかけた、 いや、 まだ、 ……など と ズノウ に ソウマトウ が くるくる まわって いた とき に、
「おい! とんだ、 ソラマメ だ。 こい!」
 ホリキ の コエ も カオイロ も かわって います。 ホリキ は、 たったいま ふらふら おきて シタ へ いった、 か と おもう と また ひきかえして きた の です。
「ナン だ」
 イヨウ に サッキ-だち、 フタリ、 オクジョウ から 2 カイ へ おり、 2 カイ から、 さらに カイカ の ジブン の ヘヤ へ おりる カイダン の チュウト で ホリキ は たちどまり、
「みろ!」
 と コゴエ で いって ゆびさします。
 ジブン の ヘヤ の ウエ の コマド が あいて いて、 そこ から ヘヤ の ナカ が みえます。 デンキ が ついた まま で、 2 ヒキ の ドウブツ が いました。
 ジブン は、 ぐらぐら メマイ しながら、 これ も また ニンゲン の スガタ だ、 これ も また ニンゲン の スガタ だ、 おどろく こと は ない、 など はげしい コキュウ と ともに ムネ の ナカ で つぶやき、 ヨシコ を たすける こと も わすれ、 カイダン に たちつくして いました。
 ホリキ は、 おおきい セキバライ を しました。 ジブン は、 ヒトリ にげる よう に また オクジョウ に かけあがり、 ねころび、 アメ を ふくんだ ナツ の ヨゾラ を あおぎ、 その とき ジブン を おそった カンジョウ は、 イカリ でも なく、 ケンオ でも なく、 また、 カナシミ でも なく、 ものすさまじい キョウフ でした。 それ も、 ボチ の ユウレイ など に たいする キョウフ では なく、 ジンジャ の スギコダチ で ハクイ の ゴシンタイ に あった とき に かんずる かも しれない よう な、 しのごの いわさぬ コダイ の あらあらしい キョウフカン でした。 ジブン の ワカジラガ は、 その ヨ から はじまり、 いよいよ、 スベテ に ジシン を うしない、 いよいよ、 ヒト を そこしれず うたがい、 コノヨ の イトナミ に たいする イッサイ の キタイ、 ヨロコビ、 キョウメイ など から エイエン に はなれる よう に なりました。 じつに、 それ は ジブン の ショウガイ に おいて、 ケッテイテキ な ジケン でした。 ジブン は、 マッコウ から ミケン を わられ、 そうして それ イライ その キズ は、 どんな ニンゲン に でも セッキン する ごと に いたむ の でした。
「ドウジョウ は する が、 しかし、 オマエ も これ で、 すこし は おもいしったろう。 もう、 オレ は、 ニド と ここ へは こない よ。 まるで、 ジゴク だ。 ……でも、 ヨシ ちゃん は、 ゆるして やれ。 オマエ だって、 どうせ、 ろく な ヤツ じゃ ない ん だ から。 シッケイ する ぜ」
 きまずい バショ に、 ながく とどまって いる ほど マ の ぬけた ホリキ では ありません でした。
 ジブン は おきあがって、 ヒトリ で ショウチュウ を のみ、 それから、 おいおい コエ を はなって なきました。 いくらでも、 いくらでも なける の でした。
 いつのまにか、 ハイゴ に、 ヨシコ が、 ソラマメ を ヤマモリ に した オサラ を もって ぼんやり たって いました。
「なんにも、 しない から って いって、 ……」
「いい。 なにも いうな。 オマエ は、 ヒト を うたがう こと を しらなかった ん だ。 おすわり。 マメ を たべよう」
 ならんで すわって マメ を たべました。 ああ、 シンライ は ツミ なり や? アイテ の オトコ は、 ジブン に マンガ を かかせて は、 わずか な オカネ を もったいぶって おいて ゆく 30 サイ ゼンゴ の ムガク な コオトコ の ショウニン なの でした。
 さすが に その ショウニン は、 ソノゴ やって は きません でした が、 ジブン には、 どうして だ か、 その ショウニン に たいする ゾウオ より も、 サイショ に みつけた すぐ その とき に おおきい セキバライ も なにも せず、 そのまま ジブン に しらせ に また オクジョウ に ひきかえして きた ホリキ に たいする ニクシミ と イカリ が、 ねむられぬ ヨル など に むらむら おこって うめきました。
 ゆるす も、 ゆるさぬ も ありません。 ヨシコ は シンライ の テンサイ なの です。 ヒト を うたがう こと を しらなかった の です。 しかし、 それ ゆえ の ヒサン。
 カミ に とう。 シンライ は ツミ なり や。
 ヨシコ が けがされた と いう こと より も、 ヨシコ の シンライ が けがされた と いう こと が、 ジブン に とって その ノチ ながく、 いきて おられない ほど の クノウ の タネ に なりました。 ジブン の よう な、 いやらしく おどおど して、 ヒト の カオイロ ばかり うかがい、 ヒト を しんじる ノウリョク が、 ひびわれて しまって いる モノ に とって、 ヨシコ の ムク の シンライシン は、 それこそ アオバ の タキ の よう に すがすがしく おもわれて いた の です。 それ が イチヤ で、 きいろい オスイ に かわって しまいました。 みよ、 ヨシコ は、 その ヨ から ジブン の イッピン イッショウ に さえ キ を つかう よう に なりました。
「おい」
 と よぶ と、 ぴくっと して、 もう メ の ヤリバ に こまって いる ヨウス です。 どんな に ジブン が わらわせよう と して、 オドウケ を いって も、 おろおろ し、 びくびく し、 やたら に ジブン に ケイゴ を つかう よう に なりました。
 はたして、 ムク の シンライシン は、 ツミ の ゲンセン なり や。
 ジブン は、 ヒトヅマ の おかされた モノガタリ の ホン を、 いろいろ さがして よんで みました。 けれども、 ヨシコ ほど ヒサン な オカサレカタ を して いる オンナ は、 ヒトリ も ない と おもいました。 どだい、 これ は、 てんで モノガタリ にも なにも なりません。 あの コオトコ の ショウニン と、 ヨシコ との アイダ に、 すこし でも コイ に にた カンジョウ でも あった なら、 ジブン の キモチ も かえって たすかる かも しれません が、 ただ、 ナツ の イチヤ、 ヨシコ が シンライ して、 そうして、 それっきり、 しかも その ため に ジブン の ミケン は、 マッコウ から わられ コエ が しゃがれて ワカジラガ が はじまり、 ヨシコ は イッショウ おろおろ しなければ ならなく なった の です。 タイテイ の モノガタリ は、 その ツマ の 「コウイ」 を オット が ゆるす か どう か、 そこ に ジュウテン を おいて いた よう でした が、 それ は ジブン に とって は、 そんな に くるしい ダイモンダイ では ない よう に おもわれました。 ゆるす、 ゆるさぬ、 そのよう な ケンリ を リュウホ して いる オット こそ サイワイ なる かな、 とても ゆるす こと が できぬ と おもった なら、 なにも そんな に オオサワギ せず とも、 さっさと ツマ を リエン して、 あたらしい ツマ を むかえたら どう だろう、 それ が できなかったら、 いわゆる 「ゆるして」 ガマン する さ、 いずれ に して も オット の キモチ ヒトツ で シホウ ハッポウ が まるく おさまる だろう に、 と いう キ さえ する の でした。 つまり、 そのよう な ジケン は、 たしか に オット に とって おおいなる ショック で あって も、 しかし、 それ は 「ショック」 で あって、 いつまでも つきる こと なく うちかえし うちよせる ナミ と ちがい、 ケンリ の ある オット の イカリ で もって どう に でも ショリ できる トラブル の よう に ジブン には おもわれた の でした。 けれども、 ジブン たち の バアイ、 オット に なんの ケンリ も なく、 かんがえる と なにもかも ジブン が わるい よう な キ が して きて、 おこる どころ か、 オコゴト ヒトツ も いえず、 また、 その ツマ は、 その ショユウ して いる まれ な ビシツ に よって おかされた の です。 しかも、 その ビシツ は、 オット の かねて アコガレ の、 ムク の シンライシン と いう たまらなく カレン な もの なの でした。
 ムク の シンライシン は、 ツミ なり や。
 ユイイツ の タノミ の ビシツ に さえ、 ギワク を いだき、 ジブン は、 もはや なにもかも、 ワケ が わからなく なり、 おもむく ところ は、 ただ アルコール だけ に なりました。 ジブン の カオ の ヒョウジョウ は キョクド に いやしく なり、 アサ から ショウチュウ を のみ、 ハ が ぼろぼろ に かけて、 マンガ も ほとんど ワイガ に ちかい もの を かく よう に なりました。 いいえ、 はっきり いいます。 ジブン は その コロ から、 シュンガ の コピー を して ミツバイ しました。 ショウチュウ を かう オカネ が ほしかった の です。 いつも ジブン から シセン を はずして おろおろ して いる ヨシコ を みる と、 コイツ は まったく ケイカイ を しらぬ オンナ だった から、 あの ショウニン と イチド だけ では なかった の では なかろう か、 また、 ホリキ は? いや、 あるいは ジブン の しらない ヒト とも? と ギワク は ギワク を うみ、 さりとて おもいきって それ を といただす ユウキ も なく、 レイ の フアン と キョウフ に のたうちまわる オモイ で、 ただ ショウチュウ を のんで よって は、 わずか に ヒクツ な ユウドウ ジンモン みたい な もの を おっかなびっくり こころみ、 ナイシン おろかしく イッキ イチユウ し、 ウワベ は、 やたら に おどけて、 そうして、 それから、 ヨシコ に いまわしい ジゴク の アイブ を くわえ、 ドロ の よう に ねむりこける の でした。
 その トシ の クレ、 ジブン は ヨル おそく デイスイ して キタク し、 サトウミズ を のみたく、 ヨシコ は ねむって いる よう でした から、 ジブン で オカッテ に ゆき サトウツボ を さがしだし、 フタ を あけて みたら サトウ は なにも はいって なくて、 くろく ほそながい カミ の コバコ が はいって いました。 なにげなく テ に とり、 その ハコ に はられて ある レッテル を みて がくぜん と しました。 その レッテル は、 ツメ で ハンブン イジョウ も かきはがされて いました が、 ヨウジ の ブブン が のこって いて、 それ に はっきり かかれて いました。 DIAL
 ジアール。 ジブン は その コロ もっぱら ショウチュウ で、 サイミンザイ を もちいて は いません でした が、 しかし、 フミン は ジブン の ジビョウ の よう な もの でした から、 タイテイ の サイミンザイ には オナジミ でした。 ジアール の この ハコ ヒトツ は、 たしか に チシリョウ イジョウ の はず でした。 まだ ハコ の フウ を きって は いません でした が、 しかし、 いつかは、 やる キ で こんな ところ に、 しかも レッテル を かきはがしたり など して かくして いた の に チガイ ありません。 かわいそう に、 あの コ には レッテル の ヨウジ が よめない ので、 ツメ で ハンブン かきはがして、 これ で だいじょうぶ と おもって いた の でしょう。 (オマエ に ツミ は ない)
 ジブン は、 オト を たてない よう に そっと コップ に ミズ を みたし、 それから、 ゆっくり ハコ の フウ を きって、 ゼンブ、 イッキ に クチ の ナカ に ほうり、 コップ の ミズ を おちついて のみほし、 デントウ を けして そのまま ねました。
 3 チュウヤ、 ジブン は しんだ よう に なって いた そう です。 イシャ は カシツ と みなして、 ケイサツ に とどける の を ユウヨ して くれた そう です。 カクセイ しかけて、 いちばん サキ に つぶやいた ウワゴト は、 ウチ へ かえる、 と いう コトバ だった そう です。 ウチ とは、 どこ の こと を さして いった の か、 とうの ジブン にも、 よく わかりません が、 とにかく、 そう いって、 ひどく ないた そう です。
 しだいに キリ が はれて、 みる と、 マクラモト に ヒラメ が、 ひどく フキゲン な カオ を して すわって いました。
「コノマエ も、 トシ の クレ の こと でして ね、 おたがい もう、 メ が まわる くらい いそがしい のに、 いつも、 トシ の クレ を ねらって、 こんな こと を やられた ヒ には、 こっち の イノチ が たまらない」
 ヒラメ の ハナシ の キキテ に なって いる の は、 キョウバシ の バー の マダム でした。
「マダム」
 と ジブン は よびました。
「うん、 ナニ? キ が ついた?」
 マダム は ワライガオ を ジブン の カオ の ウエ に かぶせる よう に して いいました。
 ジブン は、 ぽろぽろ ナミダ を ながし、
「ヨシコ と わかれさせて」
 ジブン でも おもいがけなかった コトバ が でました。
 マダム は ミ を おこし、 かすか な タメイキ を もらしました。
 それから ジブン は、 これ も また じつに おもいがけない コッケイ とも あほうらしい とも、 ケイヨウ に くるしむ ほど の シツゲン を しました。
「ボク は、 オンナ の いない ところ に いく ん だ」
 うわっはっは、 と まず、 ヒラメ が オオゴエ を あげて わらい、 マダム も くすくす わらいだし、 ジブン も ナミダ を ながしながら セキメン の テイ に なり、 クショウ しました。
「うん、 その ほう が いい」
 と ヒラメ は、 いつまでも だらしなく わらいながら、
「オンナ の いない ところ に いった ほう が よい。 オンナ が いる と、 どうも いけない。 オンナ の いない ところ とは、 いい オモイツキ です」
 オンナ の いない ところ。 しかし、 この ジブン の あほうくさい ウワゴト は、 ノチ に いたって、 ヒジョウ に インサン に ジツゲン せられました。
 ヨシコ は、 ナニ か、 ジブン が ヨシコ の ミガワリ に なって ドク を のんだ と でも おもいこんで いる らしく、 イゼン より も なお いっそう、 ジブン に たいして、 おろおろ して、 ジブン が ナニ を いって も わらわず、 そうして ろくに クチ も きけない よう な アリサマ な ので、 ジブン も アパート の ヘヤ の ナカ に いる の が、 うっとうしく、 つい ソト へ でて、 あいかわらず やすい サケ を あおる こと に なる の でした。 しかし、 あの ジアール の イッケン イライ、 ジブン の カラダ が めっきり やせほそって、 テアシ が だるく、 マンガ の シゴト も なまけがち に なり、 ヒラメ が あの とき、 ミマイ と して おいて いった オカネ (ヒラメ は それ を、 シブタ の ココロザシ です、 と いって いかにも ゴジシン から でた オカネ の よう に して さしだしました が、 これ も コキョウ の アニ たち から の オカネ の よう でした。 ジブン も その コロ には、 ヒラメ の イエ から にげだした あの とき と ちがって、 ヒラメ の そんな もったいぶった シバイ を、 おぼろげ ながら みぬく こと が できる よう に なって いました ので、 こちら も ずるく、 まったく きづかぬ フリ を して、 シンミョウ に その オカネ の オレイ を ヒラメ に むかって もうしあげた の でした が、 しかし、 ヒラメ たち が、 なぜ、 そんな ややこしい カラクリ を やらかす の か、 わかるよう な、 わからない よう な、 どうしても ジブン には、 ヘン な キ が して なりません でした) その オカネ で、 おもいきって ヒトリ で ミナミ イズ の オンセン に いって みたり など しました が、 とても そんな ユウチョウ な オンセン メグリ など できる ガラ では なく、 ヨシコ を おもえば ワビシサ かぎりなく、 ヤド の ヘヤ から ヤマ を ながめる など の おちついた シンキョウ には はなはだ とおく、 ドテラ にも きかえず、 オユ にも はいらず、 ソト へ とびだして は うすぎたない チャミセ みたい な ところ へ とびこんで、 ショウチュウ を、 それこそ あびる ほど のんで、 カラダ グアイ を いっそう わるく して キキョウ した だけ の こと でした。
 トウキョウ に オオユキ の ふった ヨル でした。 ジブン は よって ギンザ ウラ を、 ここ は オクニ を ナンビャクリ、 ここ は オクニ を ナンビャクリ、 と コゴエ で くりかえし くりかえし つぶやく よう に うたいながら、 なおも ふりつもる ユキ を クツサキ で けちらして あるいて、 とつぜん、 はきました。 それ は ジブン の サイショ の カッケツ でした。 ユキ の ウエ に、 おおきい ヒノマル の ハタ が できました。 ジブン は、 しばらく しゃがんで、 それから、 よごれて いない カショ の ユキ を リョウテ で すくいとって、 カオ を あらいながら なきました。
 こうこ は、 どうこ の ホソミチ じゃ?
 こうこ は、 どうこ の ホソミチ じゃ?
 あわれ な ドウジョ の ウタゴエ が、 ゲンチョウ の よう に、 かすか に トオク から きこえます。 フコウ。 コノヨ には、 サマザマ の フコウ な ヒト が、 いや、 フコウ な ヒト ばかり、 と いって も カゴン では ない でしょう が、 しかし、 その ヒトタチ の フコウ は、 いわゆる セケン に たいして どうどう と コウギ が でき、 また 「セケン」 も その ヒトタチ の コウギ を ヨウイ に リカイ し ドウジョウ します。 しかし、 ジブン の フコウ は、 すべて ジブン の ザイアク から な ので、 ダレ にも コウギ の シヨウ が ない し、 また くちごもりながら ヒトコト でも コウギ-めいた こと を いいかける と、 ヒラメ ならず とも セケン の ヒトタチ ゼンブ、 よくも まあ そんな クチ が きけた もの だ と あきれかえる に ちがいない し、 ジブン は いったい ぞくに いう 「ワガママモノ」 なの か、 または その ハンタイ に、 キ が よわすぎる の か、 ジブン でも ワケ が わからない けれども、 とにかく ザイアク の カタマリ らしい ので、 どこまでも おのずから どんどん フコウ に なる ばかり で、 ふせぎとめる グタイサク など ない の です。
 ジブン は たって、 とりあえず ナニ か テキトウ な クスリ を と おもい、 チカク の クスリヤ に はいって、 そこ の オクサン と カオ を みあわせ、 シュンカン、 オクサン は、 フラッシュ を あびた みたい に クビ を あげ メ を みはり、 ボウダチ に なりました。 しかし、 その みはった メ には、 キョウガク の イロ も ケンオ の イロ も なく、 ほとんど スクイ を もとめる よう な、 したう よう な イロ が あらわれて いる の でした。 ああ、 この ヒト も、 きっと フコウ な ヒト なの だ、 フコウ な ヒト は、 ヒト の フコウ にも ビンカン な もの なの だ から、 と おもった とき、 ふと、 その オクサン が マツバヅエ を ついて あぶなっかしく たって いる の に キ が つきました。 かけよりたい オモイ を おさえて、 なおも その オクサン と カオ を みあわせて いる うち に ナミダ が でて きました。 すると、 オクサン の おおきい メ から も、 ナミダ が ぽろぽろ と あふれて でました。
 それっきり、 ヒトコト も クチ を きかず に、 ジブン は その クスリヤ から でて、 よろめいて アパート に かえり、 ヨシコ に シオミズ を つくらせて のみ、 だまって ねて、 あくる ヒ も、 カゼギミ だ と ウソ を ついて イチニチ いっぱい ねて、 ヨル、 ジブン の ヒミツ の カッケツ が どうにも フアン で たまらず、 おきて、 あの クスリヤ に ゆき、 コンド は わらいながら、 オクサン に、 じつに すなお に イマ まで の カラダ グアイ を コクハク し、 ソウダン しました。
「オサケ を およし に ならなければ」
 ジブン たち は、 ニクシン の よう でした。
「アルチュウ に なって いる かも しれない ん です。 イマ でも のみたい」
「いけません。 ワタシ の シュジン も、 テーベ の くせ に、 キン を サケ で ころす ん だ なんて いって、 サケビタリ に なって、 ジブン から ジュミョウ を ちぢめました」
「フアン で いけない ん です。 こわくて、 とても、 ダメ なん です」
「オクスリ を さしあげます。 オサケ だけ は、 およしなさい」
 オクサン (ミボウジン で、 オトコ の コ が ヒトリ、 それ は チバ だ か どこ だ か の イダイ に はいって、 まもなく チチ と おなじ ヤマイ に かかり、 キュウガク ニュウインチュウ で、 イエ には チュウフウ の シュウト が ねて いて、 オクサン ジシン は 5 サイ の オリ、 ショウニ マヒ で カタホウ の アシ が ぜんぜん ダメ なの でした) は、 マツバヅエ を ことこと と つきながら、 ジブン の ため に あっち の タナ、 こっち の ヒキダシ、 いろいろ と ヤクヒン を とりそろえて くれる の でした。
 これ は、 ゾウケツザイ。
 これ は、 ヴィタミン の チュウシャエキ。 チュウシャキ は、 これ。
 これ は、 カルシウム の ジョウザイ。 イチョウ を こわさない よう に、 ジアスターゼ。
 これ は、 ナニ。 これ は、 ナニ、 と 5~6 シュ の ヤクヒン の セツメイ を アイジョウ こめて して くれた の です が、 しかし、 この フコウ な オクサン の アイジョウ も また、 ジブン に とって ふかすぎました。 サイゴ に オクサン が、 これ は、 どうしても、 なんと して も オサケ を のみたくて、 たまらなく なった とき の オクスリ、 と いって すばやく カミ に つつんだ コバコ。
 モルヒネ の チュウシャエキ でした。
 サケ より は、 ガイ に ならぬ と オクサン も いい、 ジブン も それ を しんじて、 また ヒトツ には、 サケ の ヨイ も さすが に フケツ に かんぜられて きた ヤサキ でも あった し、 ヒサシブリ に アルコール と いう サタン から のがれる こと の できる ヨロコビ も あり、 なんの チュウチョ も なく、 ジブン は ジブン の ウデ に、 その モルヒネ を チュウシャ しました。 フアン も、 ショウソウ も、 ハニカミ も、 きれい に ジョキョ せられ、 ジブン は はなはだ ヨウキ な ノウベンカ に なる の でした。 そうして、 その チュウシャ を する と ジブン は、 カラダ の スイジャク も わすれて、 マンガ の シゴト に セイ が でて、 ジブン で かきながら ふきだして しまう ほど チンミョウ な シュコウ が うまれる の でした。
 1 ニチ 1 ポン の つもり が、 2 ホン に なり、 4 ホン に なった コロ には、 ジブン は もう それ が なければ、 シゴト が できない よう に なって いました。
「いけません よ、 チュウドク に なったら、 そりゃ もう、 タイヘン です」
 クスリヤ の オクサン に そう いわれる と、 ジブン は もう かなり の チュウドク カンジャ に なって しまった よう な キ が して きて、 (ジブン は、 ヒト の アンジ に じつに もろく ひっかかる タチ なの です。 この オカネ は つかっちゃ いけない よ、 と いって も、 オマエ の こと だ もの なあ、 なんて いわれる と、 なんだか つかわない と わるい よう な、 キタイ に そむく よう な、 ヘン な サッカク が おこって、 かならず すぐに その オカネ を つかって しまう の でした) その チュウドク の フアン の ため、 かえって ヤクヒン を たくさん もとめる よう に なった の でした。
「たのむ! もう ヒトハコ。 カンジョウ は ゲツマツ に きっと はらいます から」
「カンジョウ なんて、 いつでも かまいません けど、 ケイサツ の ほう が、 うるさい ので ねえ」
 ああ、 いつでも ジブン の シュウイ には、 なにやら、 にごって くらく、 うさんくさい ヒカゲモノ の ケハイ が つきまとう の です。
「そこ を なんとか、 ごまかして、 たのむ よ、 オクサン。 キス して あげよう」
 オクサン は、 カオ を あからめます。
 ジブン は、 いよいよ つけこみ、
「クスリ が ない と シゴト が ちっとも、 はかどらない ん だよ。 ボク には、 あれ は キョウセイザイ みたい な もの なん だ」
「それじゃ、 いっそ、 ホルモン チュウシャ が いい でしょう」
「バカ に しちゃ いけません。 オサケ か、 そう で なければ、 あの クスリ か、 どっち か で なければ シゴト が できない ん だ」
「オサケ は、 いけません」
「そう でしょう? ボク は ね、 あの クスリ を つかう よう に なって から、 オサケ は イッテキ も のまなかった。 おかげで、 カラダ の チョウシ が、 とても いい ん だ。 ボク だって、 いつまでも、 ヘタクソ な マンガ など かいて いる つもり は ない、 これから、 サケ を やめて、 カラダ を なおして、 ベンキョウ して、 きっと えらい エカキ に なって みせる。 イマ が ダイジ な ところ なん だ。 だから さ、 ね、 おねがい。 キス して あげよう か」
 オクサン は わらいだし、
「こまる わねえ。 チュウドク に なって も しりません よ」
 ことこと と マツバヅエ の オト を させて、 その ヤクヒン を タナ から とりだし、
「ヒトハコ は、 あげられません よ。 すぐ つかって しまう の だ もの。 ハンブン ね」
「ケチ だなあ、 まあ、 シカタ が ない や」
 イエ へ かえって、 すぐに 1 ポン、 チュウシャ を します。
「いたく ない ん です か?」
 ヨシコ は、 おどおど ジブン に たずねます。
「それ あ いたい さ。 でも、 シゴト の ノウリツ を あげる ため には、 いや でも これ を やらなければ いけない ん だ。 ボク は コノゴロ、 とても ゲンキ だろう? さあ、 シゴト だ。 シゴト、 シゴト」
 と はしゃぐ の です。
 シンヤ、 クスリヤ の ト を たたいた こと も ありました。 ネマキスガタ で、 ことこと マツバヅエ を ついて でて きた オクサン に、 いきなり だきついて キス して、 なく マネ を しました。
 オクサン は、 だまって ジブン に ヒトハコ、 てわたしました。
 ヤクヒン も また、 ショウチュウ ドウヨウ、 いや それ イジョウ に、 いまわしく フケツ な もの だ と、 つくづく おもいしった とき には、 すでに ジブン は カンゼン な チュウドク カンジャ に なって いました。 しんに、 ハジシラズ の キワミ でした。 ジブン は その ヤクヒン を えたい ばかり に、 またも シュンガ の コピー を はじめ、 そうして、 あの クスリヤ の フグ の オクサン と モジドオリ の シュウカンケイ を さえ むすびました。
 しにたい、 いっそ、 しにたい、 もう トリカエシ が つかない ん だ、 どんな こと を して も、 ナニ を して も、 ダメ に なる だけ なん だ、 ハジ の ウワヌリ を する だけ なん だ、 ジテンシャ で アオバ の タキ など、 ジブン には のぞむ べく も ない ん だ、 ただ けがらわしい ツミ に あさましい ツミ が かさなり、 クノウ が ゾウダイ し キョウレツ に なる だけ なん だ、 しにたい、 しななければ ならぬ、 いきて いる の が ツミ の タネ なの だ、 など と おもいつめて も、 やっぱり、 アパート と クスリヤ の アイダ を ハンキョウラン の スガタ で オウフク して いる ばかり なの でした。
 いくら シゴト を して も、 クスリ の シヨウリョウ も したがって ふえて いる ので、 クスリダイ の カリ が おそろしい ほど の ガク に のぼり、 オクサン は、 ジブン の カオ を みる と ナミダ を うかべ、 ジブン も ナミダ を ながしました。
 ジゴク。
 この ジゴク から のがれる ため の サイゴ の シュダン、 これ が シッパイ したら、 アト は もう クビ を くくる ばかり だ、 と いう カミ の ソンザイ を かける ほど の ケツイ を もって、 ジブン は、 コキョウ の チチ-アテ に ながい テガミ を かいて、 ジブン の ジツジョウ イッサイ を (オンナ の こと は、 さすが に かけません でした が) コクハク する こと に しました。
 しかし、 ケッカ は いっそう わるく、 まてど くらせど なんの ヘンジ も なく、 ジブン は その ショウソウ と フアン の ため に、 かえって クスリ の リョウ を ふやして しまいました。
 コンヤ、 10 ポン、 イッキ に チュウシャ し、 そうして オオカワ に とびこもう と、 ひそか に カクゴ を きめた その ヒ の ゴゴ、 ヒラメ が、 アクマ の カン で かぎつけた みたい に、 ホリキ を つれて あらわれました。
「オマエ は、 カッケツ した ん だって な」
 ホリキ は、 ジブン の マエ に アグラ を かいて そう いい、 イマ まで みた こと も ない くらい に やさしく ほほえみました。 その やさしい ビショウ が、 ありがたくて、 うれしくて、 ジブン は つい カオ を そむけて ナミダ を ながしました。 そうして カレ の その やさしい ビショウ ヒトツ で、 ジブン は カンゼン に うちやぶられ、 ほうむりさられて しまった の です。
 ジブン は ジドウシャ に のせられました。 とにかく ニュウイン しなければ ならぬ、 アト は ジブン たち に まかせなさい、 と ヒラメ も、 しんみり した クチョウ で、 (それ は ジヒ-ぶかい と でも ケイヨウ したい ほど、 ものしずか な クチョウ でした) ジブン に すすめ、 ジブン は イシ も ハンダン も なにも ない モノ の ごとく、 ただ めそめそ なきながら いい だくだく と フタリ の イイツケ に したがう の でした。 ヨシコ も いれて 4 ニン、 ジブン たち は、 ずいぶん ながい こと ジドウシャ に ゆられ、 アタリ が うすぐらく なった コロ、 モリ の ナカ の おおきい ビョウイン の、 ゲンカン に トウチャク しました。
 サナトリアム と ばかり おもって いました。
 ジブン は わかい イシ の いやに ものやわらか な、 テイチョウ な シンサツ を うけ、 それから イシ は、
「まあ、 しばらく ここ で セイヨウ する ん です ね」
 と、 まるで、 はにかむ よう に ビショウ して いい、 ヒラメ と ホリキ と ヨシコ は、 ジブン ヒトリ を おいて かえる こと に なりました が、 ヨシコ は キガエ の イルイ を いれて ある フロシキヅツミ を ジブン に てわたし、 それから だまって オビ の アイダ から チュウシャキ と ツカイノコリ の あの ヤクヒン を さしだしました。 やはり、 キョウセイザイ だ と ばかり おもって いた の でしょう か。
「いや、 もう いらない」
 じつに、 めずらしい こと でした。 すすめられて、 それ を キョヒ した の は、 ジブン の それまで の ショウガイ に おいて、 その とき ただ イチド、 と いって も カゴン で ない くらい なの です。 ジブン の フコウ は、 キョヒ の ノウリョク の ない モノ の フコウ でした。 すすめられて キョヒ する と、 アイテ の ココロ にも ジブン の ココロ にも、 エイエン に シュウゼン しえない しらじらしい ヒビワレ が できる よう な キョウフ に おびやかされて いる の でした。 けれども、 ジブン は その とき、 あれほど ハンキョウラン に なって もとめて いた モルヒネ を、 じつに シゼン に キョヒ しました。 ヨシコ の いわば 「カミ の ごとき ムチ」 に うたれた の でしょう か。 ジブン は、 あの シュンカン、 すでに チュウドク で なくなって いた の では ない でしょう か。
 けれども、 ジブン は それから すぐに、 あの はにかむ よう な ビショウ を する わかい イシ に アンナイ せられ、 ある ビョウトウ に いれられて、 がちゃん と カギ を おろされました。 ノウビョウイン でした。
 オンナ の いない ところ へ ゆく と いう、 あの ジアール を のんだ とき の ジブン の おろか な ウワゴト が、 まことに キミョウ に ジツゲン せられた わけ でした。 その ビョウトウ には、 オトコ の キョウジン ばかり で、 カンゴニン も オトコ でした し、 オンナ は ヒトリ も いません でした。
 イマ は もう ジブン は、 ザイニン どころ では なく、 キョウジン でした。 いいえ、 だんじて ジブン は くるって など いなかった の です。 イッシュンカン と いえど も、 くるった こと は ない ん です。 けれども、 ああ、 キョウジン は、 たいてい ジブン の こと を そう いう もの だ そう です。 つまり、 この ビョウイン に いれられた モノ は キチガイ、 いれられなかった モノ は、 ノーマル と いう こと に なる よう です。
 カミ に とう。 ムテイコウ は ツミ なり や?
 ホリキ の あの フシギ な うつくしい ビショウ に ジブン は なき、 ハンダン も テイコウ も わすれて ジドウシャ に のり、 そうして ここ に つれて こられて、 キョウジン と いう こと に なりました。 いまに、 ここ から でて も、 ジブン は やっぱり キョウジン、 いや、 ハイジン と いう コクイン を ヒタイ に うたれる こと でしょう。
 ニンゲン、 シッカク。
 もはや、 ジブン は、 カンゼン に、 ニンゲン で なくなりました。
 ここ へ きた の は ショカ の コロ で、 テツ の コウシ の マド から ビョウイン の ニワ の ちいさい イケ に あかい スイレン の ハナ が さいて いる の が みえました が、 それから ミツキ たち、 ニワ に コスモス が さきはじめ、 おもいがけなく コキョウ の チョウケイ が、 ヒラメ を つれて ジブン を ヒキトリ に やって きて、 チチ が センゲツ スエ に イカイヨウ で なくなった こと、 ジブン たち は もう オマエ の カコ は とわぬ、 セイカツ の シンパイ も かけない つもり、 なにも しなくて いい、 そのかわり、 いろいろ ミレン も ある だろう が すぐに トウキョウ から はなれて、 イナカ で リョウヨウ セイカツ を はじめて くれ、 オマエ が トウキョウ で しでかした こと の アトシマツ は、 だいたい シブタ が やって くれた はず だ から、 それ は キ に しない で いい、 と レイ の キマジメ な キンチョウ した よう な クチョウ で いう の でした。
 コキョウ の サンガ が ガンゼン に みえる よう な キ が して きて、 ジブン は かすか に うなずきました。
 まさに ハイジン。
 チチ が しんだ こと を しって から、 ジブン は いよいよ ふぬけた よう に なりました。 チチ が、 もう いない、 ジブン の キョウチュウ から イッコク も はなれなかった あの なつかしく おそろしい ソンザイ が、 もう いない、 ジブン の クノウ の ツボ が カラッポ に なった よう な キ が しました。 ジブン の クノウ の ツボ が やけに おもかった の も、 あの チチ の せい だった の では なかろう か と さえ おもわれました。 まるで、 ハリアイ が ぬけました。 クノウ する ノウリョク を さえ うしないました。
 チョウケイ は ジブン に たいする ヤクソク を セイカク に ジッコウ して くれました。 ジブン の うまれて そだった マチ から キシャ で 4~5 ジカン、 ナンカ した ところ に、 トウホク には めずらしい ほど あたたかい ウミベ の オンセンチ が あって、 その ムラハズレ の、 マカズ は イツツ も ある の です が、 かなり ふるい イエ らしく カベ は はげおち、 ハシラ は ムシ に くわれ、 ほとんど シュウリ の シヨウ も ない ほど の ボウオク を かいとって ジブン に あたえ、 60 に ちかい ひどい アカゲ の みにくい ジョチュウ を ヒトリ つけて くれました。
 それから 3 ネン と すこし たち、 ジブン は その アイダ に その テツ と いう ロウ-ジョチュウ に スウド ヘン な オカサレカタ を して、 ときたま フウフ-ゲンカ みたい な こと を はじめ、 ムネ の ビョウキ の ほう は イッシン イッタイ、 やせたり ふとったり、 ケッタン が でたり、 キノウ、 テツ に カルモチン を かって おいで、 と いって、 ムラ の クスリヤ に オツカイ に やったら、 イツモ の ハコ と ちがう カタチ の ハコ の カルモチン を かって きて、 べつに ジブン も キ に とめず、 ねる マエ に 10 ジョウ のんで も いっこう に ねむく ならない ので、 おかしい な と おもって いる うち に、 オナカ の グアイ が ヘン に なり いそいで ベンジョ へ いったら モウレツ な ゲリ で、 しかも、 それから ひきつづき 3 ド も ベンジョ に かよった の でした。 フシン に たえず、 クスリ の ハコ を よく みる と、 それ は ヘノモチン と いう ゲザイ でした。
 ジブン は アオムケ に ねて、 オナカ に ユタンポ を のせながら、 テツ に コゴト を いって やろう と おもいました。
「これ は、 オマエ、 カルモチン じゃ ない、 ヘノモチン、 と いう」
 と いいかけて、 うふふふ と わらって しまいました。 「ハイジン」 は、 どうやら これ は、 キゲキ メイシ の よう です。 ねむろう と して ゲザイ を のみ、 しかも、 その ゲザイ の ナマエ は、 ヘノモチン。
 イマ は ジブン には、 コウフク も フコウ も ありません。
 ただ、 イッサイ は すぎて ゆきます。
 ジブン が イマ まで アビ キョウカン で いきて きた いわゆる 「ニンゲン」 の セカイ に おいて、 たった ヒトツ、 シンリ らしく おもわれた の は、 それ だけ でした。
 ただ、 イッサイ は すぎて ゆきます。
 ジブン は コトシ、 27 に なります。 シラガ が めっきり ふえた ので、 タイテイ の ヒト から、 40 イジョウ に みられます。

 アトガキ

 この シュキ を かきつづった キョウジン を、 ワタシ は、 チョクセツ には しらない。 けれども、 この シュキ に でて くる キョウバシ の スタンド バー の マダム とも おぼしき ジンブツ を、 ワタシ は ちょっと しって いる の で ある。 コガラ で、 カオイロ の よく ない、 メ が ほそく つりあがって いて、 ハナ の たかい、 ビジン と いう より は、 ビセイネン と いった ほう が いい くらい の かたい カンジ の ヒト で あった。 この シュキ には、 どうやら、 ショウワ 5、 6、 7 ネン、 あの コロ の トウキョウ の フウケイ が おもに うつされて いる よう に おもわれる が、 ワタシ が、 その キョウバシ の スタンド バー に、 ユウジン に つれられて 2~3 ド、 たちより、 ハイボール など のんだ の は、 レイ の ニホン の 「グンブ」 が そろそろ ロコツ に あばれはじめた ショウワ 10 ネン ゼンゴ の こと で あった から、 この シュキ を かいた オトコ には、 オメ に かかる こと が できなかった わけ で ある。
 しかるに、 コトシ の 2 ガツ、 ワタシ は チバ ケン フナバシ シ に ソカイ して いる ある ユウジン を たずねた。 その ユウジン は、 ワタシ の ダイガク ジダイ の いわば ガクユウ で、 イマ は ボウ-ジョシダイ の コウシ を して いる の で ある が、 じつは ワタシ は この ユウジン に ワタシ の ミウチ の モノ の エンダン を イライ して いた ので、 その ヨウジ も あり、 かたがた ナニ か シンセン な カイサンブツ でも しいれて ワタシ の イエ の モノタチ に くわせて やろう と おもい、 リュックサック を せおって フナバシ シ へ でかけて いった の で ある。
 フナバシ シ は、 ドロウミ に のぞんだ かなり おおきい マチ で あった。 シン ジュウミン たる その ユウジン の イエ は、 その トチ の ヒト に トコロバンチ を つげて たずねて も、 なかなか わからない の で ある。 さむい うえ に、 リュックサック を せおった カタ が いたく なり、 ワタシ は レコード の ヴァイオリン の オト に ひかれて、 ある キッサテン の ドア を おした。
 そこ の マダム に ミオボエ が あり、 たずねて みたら、 まさに、 10 ネン マエ の あの キョウバシ の ちいさい バー の マダム で あった。 マダム も、 ワタシ を すぐに おもいだして くれた ヨウス で、 たがいに おおげさ に おどろき、 わらい、 それから こんな とき の オキマリ の、 レイ の、 クウシュウ で やけだされた オタガイ の ケイケン を とわれ も せぬ のに、 いかにも ジマン-らしく かたりあい、
「アナタ は、 しかし、 かわらない」
「いいえ、 もう オバアサン。 カラダ が、 がたぴし です。 アナタ こそ、 おわかい わ」
「とんでもない、 コドモ が もう 3 ニン も ある ん だよ。 キョウ は ソイツラ の ため に カイダシ」
 など と、 これ も また ヒサシブリ で あった モノ ドウシ の オキマリ の アイサツ を かわし、 それから、 フタリ に キョウツウ の チジン の ソノゴ の ショウソク を たずねあったり して、 その うち に、 ふと マダム は クチョウ を あらため、 アナタ は ヨウ ちゃん を しって いた かしら、 と いう。 それ は しらない、 と こたえる と、 マダム は、 オク へ いって、 3 サツ の ノートブック と、 3 ヨウ の シャシン を もって きて ワタシ に てわたし、
「ナニ か、 ショウセツ の ザイリョウ に なる かも しれません わ」
 と いった。
 ワタシ は、 ヒト から おしつけられた ザイリョウ で モノ を かけない タチ な ので、 すぐに その バ で かえそう か と おもった が、 (3 ヨウ の シャシン、 その キカイサ に ついて は、 ハシガキ にも かいて おいた) その シャシン に ココロ を ひかれ、 とにかく ノート を あずかる こと に して、 カエリ には また ここ へ たちよります が、 ナニ-マチ ナン-バンチ の ナニ さん、 ジョシダイ の センセイ を して いる ヒト の イエ を ゴゾンジ ない か、 と たずねる と、 やはり シン ジュウミン ドウシ、 しって いた。 ときたま、 この キッサテン にも おみえ に なる と いう。 すぐ キンジョ で あった。
 その ヨル、 ユウジン と わずか な オサケ を くみかわし、 とめて もらう こと に して、 ワタシ は アサ まで イッスイ も せず に、 レイ の ノート に よみふけった。
 その シュキ に かかれて ある の は、 ムカシ の ハナシ では あった が、 しかし、 ゲンダイ の ヒトタチ が よんで も、 かなり の キョウミ を もつ に ちがいない。 ヘタ に ワタシ の フデ を くわえる より は、 これ は このまま、 どこ か の ザッシシャ に たのんで ハッピョウ して もらった ほう が、 なお、 ユウイギ な こと の よう に おもわれた。
 コドモ たち への ミヤゲ の カイサンブツ は、 ヒモノ だけ。 ワタシ は、 リュックサック を せおって ユウジン の モト を じし、 レイ の キッサテン に たちより、
「キノウ は、 どうも。 ところで、 ……」
 と すぐに きりだし、
「この ノート は、 しばらく かして いただけません か」
「ええ、 どうぞ」
「この ヒト は、 まだ いきて いる の です か?」
「さあ、 それ が、 さっぱり わからない ん です。 10 ネン ほど マエ に、 キョウバシ の オミセ-アテ に、 その ノート と シャシン の コヅツミ が おくられて きて、 サシダシニン は ヨウ ちゃん に きまって いる の です が、 その コヅツミ には、 ヨウ ちゃん の ジュウショ も、 ナマエ さえ も かいて いなかった ん です。 クウシュウ の とき、 ホカ の もの に まぎれて、 これ も フシギ に たすかって、 ワタシ は こないだ はじめて、 ゼンブ よんで みて、 ……」
「なきました か?」
「いいえ、 なく と いう より、 ……ダメ ね、 ニンゲン も、 ああ なって は、 もう ダメ ね」
「それから 10 ネン、 と する と、 もう なくなって いる かも しれない ね。 これ は、 アナタ への オレイ の つもり で おくって よこした の でしょう。 たしょう、 コチョウ して かいて いる よう な ところ も ある けど、 しかし、 アナタ も、 そうとう ひどい ヒガイ を こうむった よう です ね。 もし、 これ が ゼンブ ジジツ だったら、 そうして ボク が この ヒト の ユウジン だったら、 やっぱり ノウビョウイン に つれて いきたく なった かも しれない」
「あの ヒト の オトウサン が わるい の です よ」
 なにげなさそう に、 そう いった。
「ワタシタチ の しって いる ヨウ ちゃん は、 とても すなお で、 よく キ が きいて、 あれ で オサケ さえ のまなければ、 いいえ、 のんで も、 ……カミサマ みたい な いい コ でした」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホウジョウキ | トップ | ニンゲン シッカク 4 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。