言い駄句駄句

画像と替え歌と、たまに駄句

悲しい現実

2017-07-13 13:41:56 | 替え歌
「あ~散々」

人間だもの@仕方ないKana

あぁ~散々と、この頬に出来た
わずかばかりの、シミの濃さを恨んだりして
人は悲しい、悲しいものですね~
それでも、女たちは、消したいと厚化粧をする
老いるって、寂しいものですネ~

シワ散々と、この顔に刻み
思い通りにならぬ深さに、いじけたりして
人は悲しい、悲しいものですね~
それでも、女たちは、鏡に向かいマッサージする
老いるって、みじめなものですね~

白髪益々と、この頭に増えて
心おろかな嘆き涙を流したりして
私はため息、ため息つくばかり
それでも、若さ求め、そっと染めて白髪隠す
女って、哀れなものですね~

あぁ シミ皺たちは、歳を経てなお増えてく
女って、切ないものですね~♪





染めの液と見まごうようなシミがある
生きた証、月日を経た証、受け入れるしかない
それでも、一つならまだマシかもしれないと思った矢先
鼻の隅っこに、大きな隠れシミを見つけ、心折れる

今まで手入れに無頓着だったツケでしょう
これ以上濃くしちゃならぬと、今さらですがクリームつけまくり
シミ消し効果をうたってるわけじゃないんだけどネ~
悪あがきだと思いますが、まだ女を捨てたわけじゃない

染めなきゃ隠せなくなった白髪
60過ぎたら諦めがつくかと思ってたけどダメでした
腰の曲がったイメージの昔の60、IT時代を生きる、今の60
服装だってかなり違うし、若々しさと言う意味からしても
いずれ抵抗から解き放たれる時は来るでしょうが
未だ、白髪頭の自分を想像できずにいる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと寄り道 | トップ | お部屋が明るく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む