エコ&グリーン&スピリチュアル in 海外 (カナダ)

エコ、グリーン、スピリチュアル、あと自然療法を中心に、海外生活を通して気づいた事や見たものを書いていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯科金属の除去と不定愁訴について

2011-12-03 | 電磁波対策

数週間前、ぽろっと銀のつめもの(インレー)がとれました。右下の奥歯です。

水銀含有のアマルガムではなく、一般的な、日本で保険対応の銀の詰め物です。

すると、急に症状がよくなったのです。

 

・右側が、口の中が軽くなった。口の中のモヤモヤ感が減った。

・7年ほど前の顎変形症の手術以来、口の中が常時ひきつっている(瘢痕拘縮)が、右側が軽減した

・慢性の首と肩の痛みが、右側がへった

・慢性の頭痛が、右側がへった

・口が楽になると、笑顔になりやすい。気持ちも明るくなる。

 

不眠と電磁波過敏には、どれだけ効いたかは実感としてはわかりませんでした。

でも、たぶんこの金属の詰め物が、私の人生を左右するほど悪さしているに違いない、と確信できました。

 

私の口腔内で問題なのは、銀のつめものと、金のつめものの2種類があることです。

2種類の金属が触れることで、ガルバニー電流という微小な電流が発生し、不定愁訴を発しやすくなるそうです。

今回とれた銀のつめものは、上の歯に金のつめものがあったんです。だからハッキリと違いがわかったのかもしれません。

 

日本ではメジャーで安い銀のつめものですが、これが原因で不定愁訴を発している人がどれだけいるのか・・と思います。

ここカナダでは、もう金属のつめものは、25年ほど前から使われていないそうです。

メジャーなのは、レジンという白い樹脂でつめる方法です。型とりをする必要もなく、虫歯を削った直後につめられるので一回で治療はおわります。

銀のつめものの取れた歯には、レジンをつめてもらいました。レジンをつめても、症状は軽減したままです。

 

ただ、左側に金2本、銀2本あるので、左側との差がはっきりわかるようになりました。

左側はもやもやしていて、口が固く、頭痛や肩こりが右よりもひどいのがわかります。

金 銀 金 と奥歯がとなりあっていて、金と銀が接触しているので余計にひどいのだとおもいます。

 

日本の歯科医では、レジンは人から見えやすい歯にしか使わないらしいです。

検索してみると、奥歯は保険適応にならない、という説と、奥歯も保険適応でできる、という説があり、どれが本当のことなのかはわかりません。

奥歯も保険でできる、という人の話では、レジンでつめる場合、粗利益が少ないし時間もかかるので歯医者がやりたがらない、という話でした。

 

私は残り金4本、銀3本あり、いっそ日本で交換しようか、とも思ったのですが、どうもよくわからないし、飛行機代と田舎への交通費、円高のことを思うと、やっぱりこちらで治療を受けようと思いました。

 

カナダで3件ほど歯科医に電話をかけて価格調査したところ、

最安だったところでは、レントゲン$30、詰め物交換は一本当たり$102~$241とのことでした。

先日かかった歯科医では、レントゲンでも$70ほど払ったので、お安いとおもいました。

他の2件は、インレーからレジン交換で、$120~$350, $120~$260でした。

Toronto Universityのstudent clinicもあるのですが、一般より30%~40%offらしいですが、あまりに忙しく、治療には2年とかかかってしまったりもあるようです。

このことは、一刻も早く直したいので、student clinicには行かないと思います。

 

日本では「あたりまえ」とされている歯科金属、電磁波過敏や不眠で悩んでいる人は、真剣に疑った方がいいと思います。

『海外』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Earthing.com 再レビュー | トップ | Whole Life Expoにいってきま... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (☆ママ☆)
2012-02-26 14:33:12
30日以上前の記事のトラックバックは受け取らない設定だそうなので、コメント欄に書かせて頂きました。
あまり詳しくなくてトラックバック自体判ってないのですが・・・
この記事を私のブログで紹介させて頂きました。
もし御迷惑であれば、消しますので、ご連絡お願いします。
ありがとうございます。 (kanakyu)
2012-02-27 02:19:00
ママさま、はじめまして。
コメントありがとうございます。
迷惑だなんてとんでもないです。
少しでも参考になる人があればと思いUPしていますので。

実はトラックバックというのが何なのかわたしもわかりません。記事の紹介のことなんでしょうか・・?

今後治療を受ける予定ですので、
(金属→レジンに入れ替え)
また変化がありましたらUPしたいと思います。

カナダでは歯科が高ついて仕方がないですが、
レジンのつめものの方が、金属よりも長持ちしているという印象もあり、レジン治療の歯は、一度も外れたり虫歯になったことがありません。
こちらこそありがとうございます。 (☆ママ☆)
2012-03-03 08:03:34
私はアトピーで金属除去をして軽くなりましたが、完治していません。

その後、高価な歯を詰めたのですが、その時の接着剤を前歯の裏のレジンと詰め替えてから化学物質過敏症になりました。それをレジンに戻すと化学物質過敏症は治りました。

ので、レジンがまずお勧めです。

で、レジンにも色々あるようなので、できれば詰める時に商品名も聞いて頂けませんか?
それに対する体の反応も紹介して頂けると嬉しいです。

それと、CS・ESを非常によく考察されているマルガリータ様のHP「化学物質過敏症 私の方法」の掲示板http://www3.bigcosmic.com/board/s/board.cgi?id=dnalccet
にも歯科で苦労されている方が多いので、紹介させてもらっても良いですか?

なんだかお願いばかりですみません。
レジンにつきまして (kanakyu-)
2012-03-16 05:16:30
ママ様

>その時の接着剤を前歯の裏のレジンと詰め替えてから化>学物質過敏症になりました。
>それをレジンに戻すと化学物質過敏症は治りました。

よく意味がわからなかったのですが、
レジンだったものを高価な詰め物にかえると化学物質過敏症になり、レジンに戻すと治った、ということなのでしょうか?

レジンにもいろいろあるのですね。
さっそく、前回つめてもらったレジンの名前を教えてくれないか問い合わせてみます。

接着剤に金属が入っているとよくないという書き込みをどこかでみたような気もするのですが思い出せません。

マルガリータ様のHPでのご紹介もどうぞよろしくお願いします。

3週間ほど前に引っ越したので、この後の治療は別の歯医者さんになるので、これから治療について相談していく所です。
電磁波や、化学物質などの過敏症に、理解を示してくださる歯医者さんだといいのですが。
Unknown (☆ママ☆)
2012-03-18 19:55:25
マルガリータ様のHPの掲示板で紹介させて頂きました。

よく意味がわからなくてすみません。

高価な歯の接着に使った金属を含まないアレルギーに最も良いとされている材料を仮にGとします。
レジンはビスフェノールAという環境ホルモンが気になると言う先生の話で、前歯裏のレジンを外しGを詰めました。
Gは、セメントで接着にも詰めるのにも使えるようです。
そうしてから、だんだんムカムカ感が出てきて、1か月で10分も電車に乗るのが辛かったほどですが、無理言って予約のいらない他の歯医者で元のレジンに戻すとその帰り道からすっきりしてました。

今も、歯の接着に使われているからか、段々色々な症状が出てきてます。

本当に理解ある歯医者さんだと良いですね。
日本では、今も金属を詰めるのが普通で一般歯科では金属アレルギーさえ認めないところも珍しくないですから、そちらの方が良い所がみつかりやすいかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。