ブログってヤツをやってみよう!

ブログってなんじゃらほい?
とりあえずやりながら勉強するっ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008年F1第3戦バーレーンGP(決勝)

2008年04月07日 00時09分44秒 | F1ネタ
2008 Formula 1 GULF AIR Bahrain Grand Prix
2008年4月6日バーレーンGP決勝結果
01 1:31'06.970 57lap 02 Felipe Massa (BR) (Scuderia Ferrari Marlboro)
02 +0'03.339 57lap 01 Kimi Raikkonen (FIN) (Scuderia Ferrari Marlboro)
03 +0'04.998 57lap 04 Robert Kubica (PL) (BMW Sauber F1 Team)
04 +0'08.409 57lap 03 Nick Heidfeld (D) (BMW Sauber F1 Team)
05 +0'26.789 57lap 23 Heikki Kovalainen (FIN) (Vodafone McLaren Mercedes)
06 +0'41.314 57lap 11 Jarno Trulli (I) (Panasonic Toyota Racing)
07 +0'45.473 57lap 10 Mark Webber (AUS) (Red Bull Racing)
08 +0'55.889 57lap 07 Nico Rosberg (D) (AT&T Williams)
09 +1'09.500 57lap 12 Timo Glock (D) (Panasonic Toyota Racing)
10 +1'17.181 57lap 05 Fernando Alonso (E) (ING Renault F1 Team)
11 +1'17.862 57lap 17 Rubens Barrichello (BR) (Honda Racing F1 Team)
12 1Lap 56lap 21 Giancarlo Fisichella (I) (Force India F1 Team)
13 1Lap 56lap 22 Lewis Hamilton (GB) (Vodafone McLaren Mercedes)
14 1Lap 56lap 08 Kazuki Nakajima (J) (AT&T Williams)
15 1Lap 56lap 14 Sebastien Bourdais (F) (Scuderia Toro Rosso)
16 1Lap 56lap 19 Anthony Davidson (GB) (Super Aguri F1 Team)
17 1Lap 56lap 18 Takuma Sato (J) (Super Aguri F1 Team)
18 1Lap 56lap 09 David Coulthard (GB) (Red Bull Racing)
19 2Laps 55lap 20 Adrian Sutil (D) (Force India F1 Team)
---------------以上完走---------------
---------------以下リタイヤ-------------
20 DNF 40lap 06 Nelson Piquet Jr (BR) (ING Renault F1 Team)
21 DNF 19lap 16 Jenson Button (GB) (Honda Racing F1 Team)
22 DNF 0lap 15 Sebastian Vettel (D) (Scuderia Toro Rosso)


ヤッター№02 Felipe Massaが優勝だ
3戦目にして初完走が優勝だ!
まともに走れりゃ速いのだ!
2位にも№01 Kimi Raikkonenが入り、Ferrariのワン・ツー・フィニッシュ!
3位はポールシッター№04 Robert Kubica。
序盤に3位に落ちたが、Ferrariと同様の速さを見せた。
4位は同僚№03 Nick Heidfeld。
5位は№23 Heikki Kovalainen。
6位は№11 Jarno Trulli。
前戦に続き連続ポイント獲得だ。
7位は№10 Mark Webber。
8位は№07 Nico Rosberg。
ここまでが入賞で、ポイント獲得。

予選3位だった№22 Lewis Hamiltonはスタートでミスって10位まで後退、さらに接触でフロントウィングを失くし、早々にピットイン。
前を行くマシン群に大きく置いていかれ、レースが落ち着いた頃には18位となっていた。
5周目の段階で前のマシンとの差は23秒、トップのMassaとは約50秒という大差。
すぐ前のマシンとは2秒程速いペースで詰めるが、トップ集団とは逆に2秒程の差で離されていく。
彼の悲劇はさらに『周回遅れ』という屈辱も…。
結果、13位。無論ノーポイント。

第3戦 バーレーンGP【2008年4月4日~6日】
2008 Formula 1 GULF AIR Bahrain Grand Prix

Bahrain International Circuit(5.412km×57Laps=308.238km)
P.O. Box 26381 Manama Kingdom of Bahrain
2008-04-04(Fri)16:00~17:30 Friday Practice 1
2008-04-04(Fri)20:00~21:30 Friday Practice 2
2008-04-05(Sat)17:00~18:00 Saturday Practice
2008-04-05(Sat)20:00~ Qualifying
2008-04-06(Sun)20:30~ Race
*All Japanese Local Time*

何はともあれ、ポイントをまとめておきましょう。
ドライバーズ・ポイント
順位・獲得ポイント・№・名前(チーム)の順です。
△ 01 19p 01 Kimi Raikkonen (FIN) (Scuderia Ferrari Marlboro)
△ 02 16p 03 Nick Heidfeld (D) (BMW Sauber F1 Team)
▼ 03 14p 22 Lewis Hamilton (GB) (Vodafone McLaren Mercedes)
△ 04 14p 10 Robert Kubica (PL) (BMW Sauber F1 Team)
▼ 05 14p 04 Heikki Kovalainen (FIN) (Vodafone McLaren Mercedes)
△ 06 10p 02 Felipe Massa (BR) (Scuderia Ferrari Marlboro)
△ 07 8p 11 Jarno Trulli (I) (Panasonic Toyota Racing)
▼ 08 7p 07 Nico Rosberg (D) (AT&T Williams)
▼ 09 6p 05 Fernando Alonso (E) (ING Renault F1 Team)
△ 10 4p 10 Mark Webber (AUS) (Red Bull Racing)
▼ 11 3p 17 Kazuki Nakajima (J) (AT&T Williams)
▼ 12 2p 14 Sebastien Bourdais (F) (Scuderia Toro Rosso)
▼ 13 0p 09 David Coulthard (GB) (Red Bull Racing)
△ 14 0p 12 Timo Glock (D) (Panasonic Toyota Racing)
▼ 15 0p 16 Jenson Button (GB) (Honda Racing F1 Team)
- 16 0p 08 Rubens Barrichello (BR) (Honda Racing F1 Team)
▼ 17 0p 06 Nelson Piquet Jr (BR) (ING Renault F1 Team)
▼ 18 0p 21 Giancarlo Fisichella (I) (Force India F1 Team)
▼ 19 0p 19 Anthony Davidson (GB) (Super Aguri F1 Team)
▼ 20 0p 18 Takuma Sato (J) (Super Aguri F1 Team)
- 21 0p 20 Adrian Sutil (D) (Force India F1 Team)
- -- 0p 15 Sebastian Vettel (D) (Scuderia Toro Rosso)
※0p(ノー・ポイント)及び同ポイントのランキングについてはFIA公式HPに準拠。

№01 Kimi Raikkonenがランキングトップに躍り出た。
3戦連続ポイント獲得、内表彰台2回でトップに立った。
3ポイント差の2位には同じく3戦連続ポイント獲得の№03 Nick Heidfeld。
3位は今戦で痛恨のノーポイントとなった№22 Lewis Hamilton。
同ポイントで4位に№10 Robert Kubica。
今回の速さはさらに上位を脅かす。
さらに同ポイントの5位に№04 Heikki Kovalainenもいる。
3人が同ポイントで並ぶ。
6位は今回の優勝で№02 Felipe Massaが一気に上昇。
7位は連続ポイント獲得の№11 Jarno Trulli。
面白くなってきましたね♪

コンストラクターズ・ポイント
△ 01 30p BMW Sauber F1 Team
△ 02 29p Scuderia Ferrari Marlboro
▼ 03 28p Vodafone McLaren Mercedes
- 04 10p AT&T Williams
△ 05 8p Panasonic Toyota Racing
▼ 06 6p ING Renault F1 Team
- 07 4p Red Bull Racing
- 08 2p Scuderia Toro Rosso
- 09 0p Honda Racing F1 Team
- 10 0p Force India F1 Team
- 11 0p Super Aguri F1 Team
※0p(ノー・ポイント)及び同ポイントのランキングについてはFIA公式HPに準拠。

こちらも順位が大きく変わった。
トップにはBMW Sauberが立つ。
さらに僅か1ポイント差でFerrariが2位に上がった。
3位に落ちたMcLaren Mercedes。
だが、その差はトップまで2ポイント、2位まで1ポイント。
差は無いも同じ。
ほぼこの3強の争いになる。
Panasonic Toyota RacingはJarno Trulliの働きで5位に浮上した。
こちらの戦いも目が離せない♪

次戦のお知らせ♪
第4戦 スペインGP【2008年4月25日~27日】
Formula 1 Gran Premio de Espana TELEFONICA 2008

Circuit de Catalunya(4.655km×66Laps=307.104km)
Circuit de Catalunya S.L. Mas "La Moreneta" Apartat de Correus 27 08160 Montmelo Barcelona SPAIN
2008-04-25(Fri)17:00~18:30 Friday Practice 1
2008-04-25(Fri)21:00~22:30 Friday Practice 2
2008-04-26(Sat)18:00~19:00 Saturday Practice
2008-04-26(Sat)21:00~ Qualifying
2008-04-27(Sun)21:00~ Race
*All Japanese Local Time*
2007Winner
Felipe Massa (BR) (Scuderia Ferrari Marlboro)
2007Fastest Lap (in Race)
1:22.680 Felipe Massa (BR) (Scuderia Ferrari Marlboro)

楽しみっ

※過去のF1関連ブログはコチラからどうぞ
アーカイブ
【F1カテゴリ表示】
【2008年F1ブログアーカイブ】
【2007年F1ブログアーカイブ】
【2006年F1ブログアーカイブ】




『カーレース』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜前線北上中!? | トップ | 2008年F1第3戦バーレーンGP(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む