many books 参考文献

好きな本とかについて、ちょこちょこっと書く場所です。蔵書整理の見通しないまま、特にきっかけもなく08年12月ブログ開始。

メトロポリス

2016-09-19 19:19:24 | マンガ
手塚治虫 平成7年角川文庫版
私の持ってるのは、平成十五年の十版。
収録作は、古いよー、「メトロポリス」(1949年)と、「ふしぎ旅行記」(1950年)だ。
「メトロポリス」は、「ロストワールド」(1948)と「来るべき世界」(1951)の間にあって、SF三部作と呼ばれるもののひとつ。
ほかの二つは、だいぶ前に(平成6、7年に文庫出たときに)読んだんだけど、これだけ後年まで何故か読まずにいた。
ロートン博士の人造細胞の研究から作られた、スイッチひとつで男にも女にもなる、人造人間ミッチイの話。
その誕生にあたっては、太陽の黒点にも異変を起こし、博士を脅迫して人造人間をつくらせた、レッド公ひきいるレッド党という悪の大組織がかかわってる。
ミッチイを悪用されるのを恐れたロートン博士は、火事で焼失したと装って、ミッチイをレッドから隠し、ひそかに人間として育てる。
やがてレッドに見つかってしまい、追われることになるのだが、手塚作品の例によってヒゲオヤジ探偵とケン一くんに助けられる。
しかし、自分が人間だと信じていたミッチイは、人造人間だと知らされたとたん、人間への復讐を決意し、友だちだったはずのケン一とも戦うことになる。
物語の冒頭に、「いつかは人間も その発達しすぎた科学のために かえって自分を滅ぼしてしまうのではないだろうか」というフレーズが使われるんだけど、それがエンディングでも繰り返し使われることが、けっこう印象的。

↑これ私の持ってる文庫のカバー。ほかの2冊と違って古風なつくりになってない、なんだろ?アニメ化でもした時期なのかな。
↓これがカバー外した表紙、元々の表紙の復刻とおもわれる。
巻末解説で藤子不二雄(A)が“「メトロポリス」の表紙は素晴しい。トゲトゲの電極のついたキャップをかぶった人造人間少年のミッチイがむきだしの鉄塔の頂上で、こちらは飛行帽をかぶったケン一少年に襲いかかっている。”と記しているので。

※9月22日付記
江口寿史が『江口寿史のお蔵出し』の『武蔵野日記』のなかで、
>ちなみに ワタシにも 今すごく マネしたい 絵柄が あります
>昭和 25年前後の 手塚治虫先生 の絵なんです がね
と言ってるコマで模写してる画は、「ふしぎ旅行記」の最初の章「世界一周第一歩」の5ページ目にあるコマだっつーことを、これ読んで初めて発見した。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 王女マメーリア | トップ | 「ブラック・ジャック」を集... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マンガ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL