many books 参考文献

好きな本とかについて、ちょこちょこっと書く場所です。蔵書整理の見通しないまま、特にきっかけもなく08年12月ブログ開始。

雨でも乗馬

2013-07-29 19:53:27 | 馬が好き
乗馬にいく。
雨模様であるが、屋根ある環境なんでありがたい、行こうかサボろうかなんて迷わなくてすむ。
気温の予想は28度、猛暑ぢゃないのは助かるが、どーせ馬乗ったら私は大汗もん、晴れてくれたほうが、馬洗ったあと乾いてくれていいんだけどな、なんて思いながら出かけてく。

きょうの馬は、栄燐、「えいりん」と読むらしい、私ははじめて。
こういう漢字の馬名の馬は、内国産の乗馬ウマに決まってんだが、はてさて遠野ッコか標茶ッコか、どっちだろって気になったんで、馬房の前のネームプレート見に行く。
ほら、乗ってるときに、東北弁で話しかけるか、北海道弁使うか、扱いが違うからね、生まれによって。
そしたら、中標津産だって、北海道だ。日本スポーツホース種っていうんだけど、それって要するに雑種だと聞いたことがある。
平成15年生まれだから10歳、牝馬。牝馬ってどうなんだろうねえと思いつつ、敷料まみれのシッポの処理に時間をくいながら、馬装して、またがって馬場へ。

雨にぬれるのは地下道へ入るまでのわずかな間だけど、それだってヤだよな、人がいやなら馬もいやだろ。
幸い栄燐は落ち着いたもんで、サクサク進んでく。ただゴム手綱が濡れて滑るよ。(私はたいがい最初は手袋しないで素手で乗る。)
馬場入ったら、常歩。わりと簡単にゆずってくれる、よしよし、わかりやすいの好きだ。

小さめの輪乗りで適当にまわる。回転ふつうにできる、よしよし、乗りやすいの好きだ。
簡単にゆずってくれるので、そこで引っ張りっぱなしになんないように、ラクにすること心掛けて、ゆるーい感じで速歩から駈歩までひととおりやる。20分経過、5分休憩。

手袋(ゴムつきの軍手タイプ)する、これでもう簡単に手綱さらわれないぞ、って馬に宣言する。
そしたら、速歩を少し詰め伸ばししようと思い、最初輪乗りで。左右やったら、蹄跡に出て広いとこでやってみる、やっぱ左右で。
そしたら、駈歩で詰め伸ばし、やっぱ最初輪乗りで、なんとなく反応に問題なければ広いほうに出てって。

隅角をはさんで蹄跡上に横木が置いてあったので、ときどきまたぐ。
最後、駈歩で、ノーマル、伸ばす、詰めるの3速でそれぞれ跨いでみる。
伸ばしたとき、一歩少なくなんない、残念。っていうか直線ぢゃないんで、内回っちゃえばなるんだけど、そうなんないように気をつけてたんだが。
伸ばすの難しいよな。歩度を伸ばすっていうよりも、ただ単に馬がノビちゃってるよ、正直なところ。ウケてる感がなくなって、ただ手綱放しちゃってるだけに近い。次回の反省点としとく。

速歩10分、駈歩10分したとこで、暑いし、おわり。腹帯ひとつゆるめて、適当に常歩したあと、小雨のなか厩舎へ帰る。

手入れしてると、なんかお肌がデリケートな気がする箇所があるので、私にしてはちょっと丁寧に拭いてみる。でも、やりすぎると毛が抜けちゃうので、結局テキトーなとこで終わっちゃうんだけどね。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深夜勤務 | トップ | プリンシプルのない日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

馬が好き」カテゴリの最新記事