神奈川絵美の「えみごのみ」

着物お気楽話、日々の出来事、思いなど

ユーミンのラジオから #2

2016-05-25 23:04:35 | 「優しい月(ふたつの花)」(ユーミンのラジオから)お誂えの記録
(前回の続き)

15歳のとき書いた日記をもとに、
文章から柄を起こしていただくお誂えを
染色家 仁平幸春さんにお願いした私。

創作にあたり、まず仁平さんから聞かれたことは、
「帯として活用できるようにするための」最低限の情報、と
私は受け取りました。

帯を一から誂えたいと思っている人には
(依頼先がどなたであろうとも)
参考になることがらではないかなと思いますので、
下に記しますね。

-------------

・「合わせたい着物は?」
紬なのか、柔らか物なのか、訪問着なのか、カジュアルな小紋なのか
そしてそれらの色柄は…?
「画像を送ってください」とのことでした。

私は、例えば…

こんなピンクの染小紋にも合わせたいし、


渋めの色の小紋にも


パーティ小紋にも合わせたい。

一方

こちらや

こんな織の着物にも…!

ということで、画像を何枚か送りました。


・帯地の好みは?
例えば紬地と塩瀬では、質感も違いますし、TPOも多少違ってきます。
私は、今までいただいた仁平さんの帯のうち2本が梨地で、
とても活用範囲が広く使いやすいので、
今回も梨地を希望しています。
ほんの少しツヤ感のある、つるさらっとした生地ですね。
発色も良いように、素人ながら感じています。

なお、帯地の中には
「地紋入りの生地もあるのですが、意外と流行廃りがあるんですよね」
ですって。
地紋が入っていると、ちょっと“おすましさん”になるかな?


・好みの色は?
私の場合、今までいただいた2本が白っぽい地色でしたので、
今回は、暗めの色を希望。
ただし、
「暗い色の着物にも合う色がいいなあ」と。
わがまま? よくばり?


仁平さんいわく
「情報は多いほどいいんです。その方が
新たな提案もしやすいし」

こんな着方、合わせ方もできますよ、と、着る側の“引き出し”を
増やしてくれるのも、お誂えの愉しみの一つ。


…というワケで、創作の過程は拙ブログで公開して良いとのこと
お許しをいただいていますので、
また新たな展開がありましたら、アップしますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユーミンのラジオから #1 | トップ | 医学会へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふうこ)
2016-05-26 21:08:49
絵美さん
お誂え 始まったのですね。
文章からのイメージなんて 興味しんしんです。

どんな帯ができあがるのでしょう、これからのレポート
楽しみに拝見します♪
ふうこさんへ (神奈川絵美)
2016-05-27 00:14:08
こんにちは
私自身も、イメージがつかず・・・
どんな切り口でくるのかなー楽しみです。
スケジュールをゆったりととっていますので、
動きがあるごとに、ぼつぼつ、あげていきますね。
ストーリー創作帯物語 (ゆき)
2016-05-31 21:38:07
絵美さん おひさしぶりです!
その1その2拝見して、他人事ながらワクワク期待が膨らんでおります。
絵美さんらしい創造的かつ可愛らしいご依頼
作家さんも さぞかしやりがいのあるお仕事かと!
夫々の感性もあるので・・・難しいといえばむずかしい。
楽しみです
ゆきさんへ (神奈川絵美)
2016-06-01 00:46:39
こんにちは お元気でお過ごしでしょうか。
記事、読んでくださってありがとうございます
なにしろ私の中に青写真がないので
まずは作家さんに自由に考えていただいて…と
思っています。
随時、ブログでご報告していきますねー

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む