神奈川絵美の「えみごのみ」

着物お気楽話、日々の出来事、思いなど

代官山にて

2017-07-29 22:00:10 | 着物deオフタイム
梅雨が明けたと思ったら、
曇り空が続く天邪鬼な都心の天気図。

蒸し暑さを振り払うには
白いきものがいいかなと、
この日、選んだ一揃いは


越後ちぢみに近江麻の八寸。
半衿には朝顔を。
帯飾りの赤は、まだちょっと早かったかな。

後ろはこんな感じ。

今回のポイント(?)は、再現性の低い髪型。
(要は適当ということ)
一応、上下でブロッキングしてそれぞれまとめた後に
一つにして土台も入れずくるっとお団子をつくり、
大き目のヘアピンで留め、
歌舞伎座の地下で買った、コイル状のアクセサリーをつけました。
髪にくるくるとねじ込むだけで留まるのです。


さて、向かったのはオシャレな大人の街、代官山。

ルート317沿い、ヒルサイドやデンマーク大使館を過ぎた右側に
蔦屋書店が。

ここの2Fが昨今流行の、ライブラリー&アートを楽しめるカフェになっていて

落ち着いた、いい雰囲気の店内。
お相手を待つ間、近くの棚にファイリングされていた
昔の『POPEYE』や『BRUTUS』をぱらぱら眺めていました。

約束の時間を少し過ぎたころ、
「遅れてごめんなさい!」といらしたのは

NPO法人として障がい者の就労施設を運営しているUさん。
3年近く前に、作詞家 吉元由美さんのパーティで知り合い、
フェイスブックで交流をしていました。

私は、直接には福祉関係の執筆のご縁はないものの、
超高齢化やそれにともなう健康問題は、障がいを持つ人にとっても同じで
どのようなサポートをしていけばいいのか、
ともに考えていく機会を持てたら、と、いろいろお話を聞かせていただきました。

特に、生活習慣のコントロールがなかなか難しい人にとっては
血圧であれ血糖であれ悪化しやすく、
せっかく周囲のサポートで
自立した生活が送れていても、それがすぐに脅かされてしまうのが問題です。
とはいえ、公的な予算は十分につかず……なんて話も。

人生の先輩から教わることはたくさんあります。


店の外で一枚。
家を出る前よりも
帯締めの位置が下がってしまった?のか、
美しくなくて残念…
バッグ(向こう側)と草履は科布。雨が降らなくてよかった


※代官山「Anjin」(蔦屋書店2F)の店舗情報はコチラ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢みるくるぶし | トップ | アリかキリギリスか »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (朋百香)
2017-07-30 09:12:41
絵美さま
おしゃれなブックカフェですね〜。うちの近くにこんな所があったら入りびたっちゃうなぁ。
夏の昼下がり、静かな場所で読書・・・憧れです。
なにしろ今は、いつ孫の襲来があるか分からないので(笑)

朋百香さんへ (神奈川絵美)
2017-07-30 10:09:25
こんにちは
私も、もし近所にこのようなカフェがあったら
通いつめてしまうでしょう
平日の昼間ということもあってか、
四人席のゆったりした上質な椅子の席へ
紳士なコンシェルジュがご案内くださって
良い気分でした
Unknown (U1)
2017-08-01 05:42:44
おはようございます。
数年前、ここで本を買い、少し飲んだことがあります。
一枚のレシートに本を飲み物が載っていてびっくり
したことを覚えています。
本に囲まれていて、居心地の良い空間ですね。
信州の夏、とても暑いです。
U1さんへ (神奈川絵美)
2017-08-01 10:41:08
こんにちは
こちら、いらしたことがあるのですね
落ち着いた、大人の空間ですよね。
夏はできるだけ屋外を歩きたくないので、
もう少し駅から近いといいのですが・・・。

どうぞ暑さに負けず、楽しい夏をお過ごしくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

着物deオフタイム」カテゴリの最新記事