神奈川絵美の「えみごのみ」

着物お気楽話、日々の出来事、思いなど

国展 2017

2017-05-14 22:37:44 | 着物deオフタイム
5月上旬だというのに、気温28℃。
どうしようかなと迷ったけれど、
今春まだ一度も締めていない、夏牡丹の帯でお出かけしたくて
色も格もバランスの良い、袷の大島紬を選びました。

桐生織の、半幅です。

上半身はこんな感じ。

帯は長さがかなりあって、
秋の萩柄がちょっとのぞいてしまいました

新緑の国立新美術館。


この日は、草間彌生展、アルフォンス・ミュシャ展、そして
この国展と、
大きな展示が3つも重なり、とても賑わっていました。

さて、国展の方は、
今年は着物(絵羽)は少な目で、タピストリーが多かったような…。
以下、印象に残ったものを並べますね。


竹田園子さん。ガーリーな柄です。


櫻井玉枝さん。懐かしい感じのする藍染。


こちらは民藝運動における藍染の旗手、片野元彦氏の
ご長女 片野かほりさんの作品。
昨年お亡くなりになったそうで、こちらは遺作です。


書かなくてもわかるかも…?
柚木沙弥郎さん。


こちらも、わかりますよね。
小島貞二さん。以前はアフリカンな香りがしましたが、
今年はもっとアバンギャルドなような。


ご親戚の小島秀子さん。水をテーマにした作品。
 ※以前「奥様」と書いてしまいましたが私の勘違いでした。申し訳ありません。


ルバース・ミヤヒラ・吟子さん。


私が20代か30代だったら着てみたい!と
惹きこまれた染の着物。
こちら、太宰待子さんとメモがあるのですが、
ちょっと曖昧です…違っていたら申し訳ありません。


そして前回も載せた、堀絹子さん(左)と笠原博司さん。
堀さんの着物は近くで見るほどため息ものです。
遠目でみると少し地味かな(自分が着ているつもりになっている)。

ほかにも、北畠さん、岡本さん、池田さん……
常連の作家さんの作品も間近で観られて、贅沢なひととき。


彫刻の展示も楽しかったです!
なかなかシュールな空間でしょ?

国展は明日、15日が最終日です。ご興味とお時間あればぜひ
足を運んでみてくださいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦野理一の着物、初公開。 | トップ | 白大島で文楽へ -第一部 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tomoko)
2017-05-15 12:01:55
いつものことながら、ちょっとぼやぼやしてる間に
見逃すもの多数・・・!ああ。
今年は行けなかったので、こちらで愉しませていただきました。感謝。

Tomokoさんへ (神奈川絵美)
2017-05-15 15:14:24
こんにちは
私も過去、何度も見逃してしまっています
期間が意外と短いように思うのですよね。
写真や彫刻も面白かったです
絵画もいいのですが、号数の大きな絵が
ずらっと並んでいると、私の場合は画材のにおいで
気分が悪くなってしまい…
Unknown (朋百香)
2017-05-16 09:24:10
絵美さま
櫻井さんの藍染め、この間絵美さんがお求めになった
ものと似た感じですね。私は片野かおりさんの遺作に惹かれます。
国展、いつも行けないな〜、ちょうど忙しい時期で。
朋百香さんへ (神奈川絵美)
2017-05-16 20:17:27
こんにちは
国展って、どうも慌ただしい時期と重なりますよね。
出品者が錚々たる顔ぶれなので
できるだけ見たいのですが・・・。
片野さんや柚木さんなど、大御所の作品は
内側からあふれ出てくるパワーを感じます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む