神奈川絵美の「えみごのみ」

着物お気楽話、日々の出来事、思いなど

ユーミンのラジオから #1

2016-05-23 23:00:44 | 「優しい月(ふたつの花)」(ユーミンのラジオから)お誂えの記録
新しい帯のお誂え。
この構想は、実は3年くらい前から温めていました。

お題は……

1983年3月に書いた日記。

少し長いですが、こんな内容です。

-------------------------

1983年3月13日

(前略)おととい、とうとう親のみつからなかった中国の残留孤児が
帰ってしまいました。
彼らの失意に満ちた言葉に涙が出ました。
「親は私を見捨てたのか」「名前だけでも知りたい」 
今はもう若くて38歳、平均42歳の人々はずっと傷を負ってゆきます。
自分を支えてくれる人がいないなんて、心細いことでしょう。
自分がここで生きている限り、必ず親はいるはずなのに…
それとも、もう死んでしまったのか…どちらにしろ、悲しいことです。
戦争さえ起こらなけりゃ…!

 今日、FMでユーミンも話してたけど、
武器同士の争いより、人間の精神面の争いの方がこわいって…よくわかります。
 ユーミンの話には、いろいろ興味深いものがありました。
何かの占いによって、彼女は、生前自分が“ダット”という名の男性だったということを
知ったんですって。ん、わかるような…もっとさかのぼると、
ユーミンは、もとは縄文人だった、というんですよ。
弥生人に滅ぼされ、数少ない縄文人…
情熱的で神秘的な彼女にピッタリ。

 最も印象に残ったのは、「生き別れも、死別も、そんなに悲しい別れじゃない。
一番つらいのは、時間を隔てたために会えない、ということ」という言葉。
例えば私が、マリーアントワネットの時代、スウェーデンの士官で、
王妃と熱烈な関係になる、フェルナンを好きになったって、
思いを伝えるのは不可能…
(後略)

------------------------

「で、ここから自由にイメージをふくらませて
いただいて」

帯を創っていただきたいのですが……。

今年の3月、
フェイスブックで、おそるおそる、染色家 仁平幸春さんに
ご相談を持ちかけました。

デザインのひな形があるわけではなく、
ゼロからの制作、
まして、文章から絵を起こしていただく、という
一般的に考えれば面倒な、パワーのかかるオーダー。

だから、ほどなくして彼から

「それは面白いですね!」と返事がきたときに、
どれだけほっとしたことか。



仁平さんと、工房スタッフの甲斐さんと。


文章で物語を書くのはごく真っ当な行為。

でも、

文章からヴィジュアルをつくるのは、絵心のない私には無理。

それでも、

抽象的なことがらを、「絵(帯の柄)」という目に見える形に
することは、実はずっと前からやってみたかったことの一つでした。

(逆に、具象的なものを、抽象的にリモデリングすることには
私は興味が向かず……)

そして、こういう試みにのってくださるのは
仁平さんしかいない、と……。


仁平さん作の、この染額を初めてみたのは、
もう8、9年前になるでしょうか。

仁平さんといえばこの作品、というくらい
私にはインパクトがあって。
この世界観を
今の自分ではない、良く言えばピュア、悪く言えば世間知らずの
15歳の自分が書いた文章から創れないものだろうか。
きっと、同じお誂えでも、
今の自分があれこれ口を出してコンセプトをつくるより
面白いものができるのではないだろうか-というのが、
昔の日記を題材にした理由です。

-------------------------

「まあその、15歳独特の夢見がちな、青っぽい部分は
無視していいですから


そんな、文章全部を使わなくていいんです。
ここから、仁平さんが勝手にストーリーを
創ってくださっても構いません。

……などといいつつ、打ち合わせ。4月下旬のことです。

とはいえ、創るものは「帯」ですから、
帯として映える、使えるものにするための条件はあります。

それに関して
最初の打ち合わせで、仁平さんから聞かれたこととは……?

続きは次回に書きますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 唐津からの手紙 | トップ | ユーミンのラジオから #2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい試み (K@ブラックジャック)
2016-05-24 09:56:29
いやー。
自分のイメージを形にしてもらったり、
元々ある柄ををアレンジして貰ったりはありますが、
文章からビジュアル化するのは初めて聞きます。
どんなものが出来るのか本っ当に楽しみ~~♪

これが15歳の文章という事にも驚きでした。
そんな大人びた文章私の15の時には想像もつかない(笑)
Unknown (香子)
2016-05-24 14:51:19
最近、空海の本を読んだからと言うのもあるかもですが
絵美さんの日記を読んで総括したイメージが
なんていうか「色即是空 空即是色」みたいな感じ。
時間も場所も超越した「宇宙」のような…。
仁平さんのデザインが楽しみです♪
K@ブラックジャックさんへ (神奈川絵美)
2016-05-24 16:04:59
こんにちは
私も、自分でさえもちょっと
つかみどころのない試みだなあと・・・
でも、仁平氏でしたらきっとここから
何か形あるものを、というか、価値あるものを
創り出してくださると思っています。

文章、大人びているかなあ・・・
ブログ掲載にあたり、文体を変えるなどの
手は一切、加えていませんが・・・
でも実は日記の最後に
「私の運命の人は別の時代にいるかも」みたいな
くだりがあり、それはさすがに子どもじみていて
恥ずかしく、
割愛してしまいました
香子さんへ (神奈川絵美)
2016-05-24 16:08:39
こんにちは
>色即是空 空即是色
不勉強で、はっきりとした意味がわからなかったので
今、調べてみましたー
宇宙といえば、曜変天目みたいな・・・あれも
いろいろ超越していますよね。
仁平氏の感性、センス、発想に期待大です
Unknown (朋百香)
2016-05-25 10:20:36
絵美さま
いや~、凄い試みですね~。拝見しているこちらは面白いけど、仁平さんは凄いプレッシャーだわ、きっと。でもやりがいもある。フレーフレーに・へ・い!
朋百香さんへ (神奈川絵美)
2016-05-25 23:14:33
こんにちは
うまく言えないのですが、
なんかこう、仁平さんと私の思いがふっとシンクロする
瞬間を逃したくないなあ、と。
「あっ、これがいい」と捉えるのは私の仕事かな、と
思っています
期間は十分とっていますので(それが作家さんにとって
いいか悪いかは何とも、ですが)
仁平さんの時間の中で、形にしてみていただけたら…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む