神奈川絵美の「えみごのみ」

着物お気楽話、日々の出来事、思いなど

白大島で文楽へ -第一部 菅原伝授手習鑑-

2017-05-16 22:09:37 | 着物deオフタイム
今年の五月文楽 第一部は

豊竹英太夫さんの第六代豊竹呂太夫襲名公演。

二年前の、吉田玉男さん襲名披露のときにも着た
白大島を今回も。


仁平幸春さんの「優しい月(ふたつの花)」
通称 月下美人帯に合わせて。
帯周りの色合いも含め、若干、カジュアルです。

二年前は博多織の帯に松山好成さんの帯締め、
帯揚げはオレンジの絞り。
比較してみました。

みなさんはどちらがお好みでしょうか。

上半身はこんな感じです。



さて、ご一緒したのは……

私の“伝芸の師”KKさん。


今の時期にぴったりな、爽やかブルー系の江戸小紋に
格調高い色彩の…よく見れば書物の柄。
床本のようで、まさに文楽にぴったり。惚れ惚れします

---------------------

「菅原伝授-」は、「寺子屋の段」が超有名。
でも私、歌舞伎、文楽を通してこの日が寺子屋の初見だったのです。
今回、寺子屋に至るまでの兄弟げんかや桜丸切腹の場もかかって
話がわかりやすく、寺子屋ビギナー(笑)にはありがたかったです。

本当はもっと丁寧にレポをあげたいのですが、
あまり時間がなくて…なので、
これからご覧になる方向けに、見どころだけポンポンと簡単に
記しておきますね。
難しい解釈などは、私にはできませんので
あくまで“ミーハー目線”と思っていただければ
あらすじはネット等で別途、調べてくださいね。

まずは茶筅酒の段
三つ子の妻たちが義父の七十歳の祝儀のために集まります。
三人とも着物が鶸色で、とても春らしいです。
そして、ゴハンの準備を手分けしてしますが、
勘十郎さんが遣うお千代の包丁さばきが人間より美しいです(笑)。

喧嘩の段
ここは何と言っても
豊竹咲寿太夫さんと豊澤龍爾さんの床!
イケメンオーラ全開で、ときめきが止まりませんでした(すみません)。
かたや、舞台では
勘十郎さんと玉男さんが息の合った夫婦ぶり。
もう、どこに視線をもっていったらいいのやら
困ってしまうほど、ワタシ的には贅沢な場面でした。
※咲寿さん&龍爾さんは21日までのご出演です。22日以降は小住太夫さんと寛太郎さん。

訴訟の段
物語のキーになる場です。お父さんの白太夫が熱演です。

桜丸切腹の段
蓑助さんご登場。切腹の一部始終が実になめらかな所作で見とれます。
(私、蓑助さんが男の人形を遣うのを初めてみました)
そして鶴澤藤蔵さんの太棹が聴きごたえあります。味があります。


寺入りの段
私の好きな豊竹呂勢太夫さんがご出演。
ぜひ、呂勢さんの見台(床本を置く台)にご注目を!
今回は、松王丸にかけてか、松葉の柄でした。
ちなみに前回は、冥途の飛脚の遊女 梅川にちなんで
見事な梅枝に銀の満月でした。
呂勢さんコレクション、毎回ワクワクします。
今後も楽しみです。

そして大詰め、寺子屋の段
やはりここは、松王丸に尽きます。
息子が喜んで身代わりになり、死んでいった経緯を
源蔵からきき、
それは良かったと扇を広げて大笑い→だんだん震え声になり
→扇を落とし→涙声になり→涙をみせまいと懐紙で顔をおさえる
会場のあちらこちらから、すすり泣きが。

私も、切腹の段とこの寺子屋の最後で
涙があふれそうになりました。

なお、呂太夫襲名の口上も面白かったです。
内容は差し控えますが、鶴澤清治さんが落語家さんばりに軽妙な話を、
桐竹勘十郎さんが楽しい想い出話をしてくださいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国展 2017 | トップ | 藤の小紋で文楽へ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セージグリーン)
2017-05-17 09:17:17
白大島に月下美人のコーデ、待っていましたよ!
ウットリするくらいにステキです。

私も歌舞伎でも「寺子屋」は未体験です。
御文章を拝読するだけで、うるっときてしまいますね。文楽って、本当に深い芸能です。
Unknown (朋百香)
2017-05-17 09:53:08
絵美さま
毎回、絵美さんの白大島を拝見する度に、ああーと思いながら未だに出会わぬ「白大島」
ここまできたからには、「ああ、これよ、私が欲しかったのは!」というのに出会うまで頑張ります(笑) 大島はやっぱりこの季節に重宝しますよね。
KKさん、爽やかなブルーと素敵な帯で今の時期にピッタリですね。
「寺子屋の段」何回見てもうるうるしてしまう・・。
太三味線の音色、また聞きたくなりました〜。
セージグリーンさんへ (神奈川絵美)
2017-05-17 11:48:15
こんにちは
褒めてくださってありがとうございます
自分のものながらこの組み合わせ、いいですよね。

身代わりものはあまり好きではないのですが、
こちらは親の情があふれていて胸に迫ります。
個人的には熊谷陣屋より好きだわー。
朋百香さんへ (神奈川絵美)
2017-05-17 11:51:19
こんにちは
ぜひぜひ、白大島ご検討なさってみてください~、
ナンテ押しつけがましくてすみません。でも
きっときっと、朋百香さんには200%、お似合いになると
思っていますので
こちらの、中川織物さんの白大島は素晴らしいですよ。
私、2枚目が欲しいと思ってしまいますもの

寺子屋、私は初めてだったのですが、
ホント良かったです。歌舞伎もいいみたいですね
Unknown (香子)
2017-05-17 21:22:19
ふふ、楽しかったですねえ。
いつも文楽の時には持って来ないオペラグラスを
今回は持参して、松王や千代の表情やしぐさを
ガン見しておりました。
月下美人帯もナマで拝見出来ましたし、幸せでした♪
香子さんへ (神奈川絵美)
2017-05-18 01:09:57
ご一緒できて嬉しかったです~ありがとうございました
そして私、今日(あ、もう昨日だ)、
第二部観てきました~
後半は勘十郎さんオンステージでした
前から5列目だったのに、オペラグラスでばっちり。
面白かったです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む