さいばい日誌

放流用のマダイやアワビなどを育てる種苗生産の現場をご紹介します。

ヒラメの放流 <長井・大楠>

2017-07-14 09:20:18 | 放流、イベント
7月13日(木)、横須賀市の長井と大楠でヒラメの稚魚放流がありました。

まずは長井の新宿港にて。

地元の小学4年生の体験授業で、
神奈川県立海洋科学高等学校の長井実習場の
見学と併せて実施されました。


栽培漁業とヒラメの種苗生産についてのレクチャー


そして岸壁から放流

それから井尻へ移動して、


漁業者とともに放流。

放流尾数は、
長井町漁協から7,000尾、
(一財)横須賀西部水産振興事業団から4,000尾、
当協会から10,000尾、
計21,000尾でした。

午後から大楠漁協へ。


コチラは活魚トラックから漁船へ稚魚を移しかえて、


地先に放流しました。

放流尾数は、
大楠漁協から3,500尾、
(一財)横須賀西部水産振興事業団から4,000尾、
当協会から5,000尾、
計12,500尾でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロダイの沖出し | トップ | マダイの放流 <三崎 海の駅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。