さいばい日誌

放流用のマダイやアワビなどを育てる種苗生産の現場をご紹介します。

マダイ放流船

2017-07-27 10:03:58 | 放流、イベント
7月20日、早朝からの積込みが終わって
放流へと進む活魚運搬船です。

晴天の凪、という絶好の放流日和となりました。


生簀の中のマダイ稚魚たち


放流ポイントに到着。

東京湾~相模湾の14ポイントで、
当協会より36.8万尾、

東京湾では(一社)日本釣振興会より20万尾
相模湾では
(公財)相模湾水産振興事業団より85,000尾

それに各組合からの放流尾数を合わせて、
合計68.7万尾のマダイ稚魚を県沿岸に放流していきました。


途中、操業中の定置網漁船がいたり、


江ノ島


烏帽子岩


米軍の補給船


八景島


火力発電所

など、様々な風景に遭遇しました。


その間にも、放流は続きます。


船の下部に扉がある生簀の場合は、
直接、扉を開けて放流しました。

上部に布をかけて暗くしてから扉を開けると、
稚魚たちは明るい外へと泳ぎだしていきます。

そして積込み作業開始からおよそ12時間後、
全ての放流が無事に終了しました。


空っぽになった船の生簀。

船長さん、乗組員の皆さん、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マダイ放流船 <積込み>

2017-07-21 08:46:43 | 放流、イベント

今日は夜明け前からマダイ作業がありました。

マダイの県下一斉放流のため、約70万尾の稚魚を
活魚運搬船に積み込むのです。

鳥避けネットを外すなどして準備を終えたころ、
小網代湾口に船の姿が。

職員が和船で誘導に向かいます。


筏で待機。


活魚船が近づいてきました。
和船と比べると大きさがわかるでしょうか。
なんと400t!


筏の手前で切り返して、向きを変えます。


ゆっくりと筏の横に移動。
近くまで来たら船のロープを受け取って、
筏に繋ぎます。


船が止まると、早速作業開始。
生簀網のロープを外して、


片側を船に乗せて、網をたぐって魚を寄せます。


船に設置してあるクレーンを使って
大きな水網を下ろします。


水平移動しながら魚を網に入れていきます。


そのまま水ごと汲み上げます。


網の横から魚の姿が見えます。


そのまま活魚船の生簀の中へ。


網の下の縛りを解くと、水ごと魚が落ちていきます。


船の生簀を、放流場所ごとに割り振って、
順番に入れていきます。

1時間ほどで積込み作業は終了。


水を出して、筏から船を離します。


いざ放流へ!

これから7時間かけて、金沢~小田原にマダイ稚魚を放流していきます。

その様子は、また後日お伝えします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マダイの計量

2017-07-19 16:27:09 | 魚類生産
マダイの一斉放流が金曜日に決まったので、
今日は海上生簀で中間育成中のマダイ稚魚の
計量作業がありました。


筏に到着。


鳥避けネットを外して、生簀網の半分のところを持ち上げます。


そのまま上にたぐって、稚魚を集めます。


集められた稚魚たち。
すっかりマダイらしい体になっています。

ここからは時間との勝負。
マダイは酸欠にとても弱いので、密集させたままでいると死んでしまいます。


まずは計量用のタルに水を入れて、重さを量ります。


次に稚魚を網ですくって入れます。


そして計量。
水の重さを引いて、稚魚だけの重さを記録していきます。

予め、稚魚1尾の重さは量ってあるので、
そこから尾数を算出します。


今年の当協会の事業放流分は36.8万尾です。
その他に、関係団体からの放流分も合わせて、
明後日は、70万尾近くのマダイ稚魚を県内各所に放流します。


静かにその時を待ちます。

無事に終わりますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラメの放流 <大磯二宮>

2017-07-19 15:54:01 | 放流、イベント
7月18日(火)、ヒラメの稚魚放流がありました。


(公財)相模湾水産振興事業団から10,000尾、
大磯二宮漁業協同組合より2,500尾、
合わせて12,500尾を振り分けて、
大磯の地先と、二宮地先に放流しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マダイの放流 <三崎 海の駅フェスタ>

2017-07-19 15:36:15 | 放流、イベント
7月17日(土)、三崎港で開催されたイベントにて、
マダイの稚魚放流がありました。

イベントは「みうら・みさき海の駅フェスタ2017」で、
そのなかで行われた船上稚魚放流体験(一般社団法人 みうら学
・海洋教育研究所 主催)にて、事前申込のあった一般の参加者を
対象に行われました。


まずは陸上で、マダイの種苗生産についてのレクチャー


そして漁船に乗り込んで城ケ島沖へ。


放流!

8隻の漁船に分乗して、2,000尾の稚魚を放流しました。


三崎港では、いつもお世話になっている棒面丸
釣り教室も行われていました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加