心元気。

心が晴れの日も‥曇りの日も‥雨の日も‥色々あるけれど、毎日を心元気で過ごせたら、きっと幸せですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すっかり御無沙汰…

2013年12月13日 | Weblog
最後の更新は、去年の9月。。。
随分昔のことのように、当時25歳の自分が書いた日記を読みました。
最近は、もっぱらFacebookの方になっています。
もう、こちらのブログには更新しない気もしますが、
18歳の頃、なんとなくブログブームにのっかって始めたココ…
せっかくなら、削除することもないのかなぁと。

今現在、私は27歳になりました。
まだまだ思うような人生は歩めてませんが、頑張ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊びすぎ。

2012年09月27日 | Weblog
5月 TEAM NACS舞台「WARRIOR」東京初日
6月    〃        再度観劇
7月 清木場組限定イベント「Summer's Soul in 河口湖」
8月 オフィスキュー「CUE DREAM JAMBOREE」&北海道3泊4日
9月 お笑い「大オクラホマSHOW」東京初日
10月 鈴井貴之舞台「樹海」東京初日
11月 中島らも舞台「こどもの一生」東京観劇
12月 清木場俊介クリスマスLIVE
1月 舞台「スマートモテリーマン」東京観劇

もう、毎月ですね。
だから、働かないといけないんです。
東京の素晴らしさです(笑)

この楽しみを失くしても、
仕事を失くしても、
北海道に移住したいか……
悩むところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島滞在中。。。

2012年09月27日 | Weblog
帰りの東京チケットも取らず…
特別予定も入れず…
気ままにのんびり過ごしています。
前ほどね、地元の友達にも連絡しづらくて。

でも、高校生の頃から行ってた美容院で、3年ぶりの美容師さんとの再会。
幼稚園ぶりに、父方の叔母・いとことの再会。
母との日帰り島根旅行。
何年ぶりかの車の運転。

どれもとても新鮮で、リフレッシュにはとても良いです。

母校の制服を見かけるだけで、なんだか嬉しい気持ちになったり。
ふと出身幼稚園の前を通ってみたり。
前あった店が、新しいものに変わっていたり。
私の広島の記憶が、古くなってるんだな~としみじみ感じたり。
何気なく、市街地を歩いていると、覚えのある顔を見かけたり。
高校のときの同級生が、店頭で呼び込みしてた。
なんか見たことあるな~って一生懸命思い出したら、中学校の同級生だったり。
やっぱり地元。小さい街。
市街地を歩くと、必ず1~2人は知り合いに出くわす。


今回は、色々事情もあって、ウィークリーマンションを借りて滞在中。
地元に帰る、実家に寄る、ということも
自由気ままにはいかないんです。色々。
地元なのに、滞在するのにお金がかかってるんですよ(苦笑)
落ち着くんだか、旅行客気分なのか、
地元離れて8年ですからね…。


でもまぁ、東京に予定もあるし、仕事しないと生きて行けないし、
戻る日決めないと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々悩んだ結果…

2012年09月05日 | Weblog
今月いっぱいで、仕事辞めることにしました。
春先から悩み続け、7月に退職願を出しました。

まだ、先のことはわかりません。

ただ、しばらく休養したいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬱々と…

2012年05月04日 | Weblog
今の自分が、何をやりたいのか…どうしたいのか…

また、環境を変えることで逃げようとしてる自分がいる。
住むところを変え、仕事を変え…
そんなことしても、自分が変わらないとダメなんだよね、きっと。
でも…
人は、必ずしも「故郷=自分に合う場所」ではないと思う。
故郷以外にも、自分にあった土地ってあるんじゃないかと。
それが私には、広島でも東京でもないんじゃないかって…。

全く知らない、誰も知らない、そんな場所。
でも、仕事がないと生きてはいけない。
Iターンという方法で、いっそ全く知らない場所でスタートしてみたいと。


私はずっと、田舎が嫌で、広島が嫌で、
物心つく頃には、東京に行くんだって言い続けてた。
どうしてこんな所に、どうしてこんな家庭に生まれたの?とまで思ってた。
いじめられたり、両親の離婚のことだったり…
自分ではどうにもならないことから、放たれたかった。

高校は、好きなところを選ばせてもらった。
これは、自分で環境を選び、歩き始めた一歩だった。

東京に出てきて、都会さだったり、好きなLiveに行けたり、
広島に居たころ、我慢してたこと、やりたくて堪らなかったこと、
自分の思ってた通りに満喫してた。

専門学校に馴染めなくても、夢のバイト先で働けて楽しかったし。

就活失敗したけど、浦安に住めるのも小さい頃からの憧れで、嬉しかった。

パティシエ半年…
ホテル2年半…
ケーキ販売2年3ヵ月…

18歳からの私は、誰に言われるでもなく、自分の意思で決めてきた。
社会に出てみたら、本当にいろんな人が居て、いろんな選択肢があって…
自由なんだけど、自己責任で、なかなかうまくいかない。
今25歳。
それなりに人生経験は積んでるかもしれないけど、誇れる程の自信も無い。

自分が若いとも思えない。まだ、何でも出来るのかな?間に合うのかな?
年を重ねる毎に、勇気が必要になってくる気がする。
経験と共に、頑なになってく自分…
変えられなくなってる。
一度きりの人生、やりたいことしないと!とも思う。
焦る必要もないけど、いつかいつか…とぼんやり何となく過ごすのもなんだかなぁ。

去年、広島の友達2人と縁遠くなった。
その代わり、清木場俊介のイベントで新たな友達が2人出来た。

友達って難しい。
多ければいいもんじゃないけど、減ってしまうのはショックが大きい。
大切にしてた友達なら尚更。

ますます広島と私を繋ぐものが薄らいでしまった。


私は、地元に残って、大学行って、就職して、結婚して…
という道を自分から選ばなかったんだからね。
地元の友達が幸せそうに見えても、これも自己責任。
私の方が異端な訳だから、それぞれの道でいろいろな人生を歩み、
広島の友達と分かり合えなくなってしまうのも仕方ないのかな。

私は変わってないつもりで、ブレてないつもりで…
むしろ未だに東京に馴染んでないのにね。
今朝も揺れた。
地震はまだまだ終わっていない。
そんな中、私は一人、東京で生きている。

真面目に生きてると、傷付くことも多い。
だから、ここ1年くらい、結構いい加減に生きてたんだよね。
誰かのために…なんてことしてない。
自分中心に、傷付かないように、周りと距離をおいてるだけ。
仕事も、あまりやりがいは無い。
満足な給料ももらえてる訳じゃない。
いつまでやれるかな…と、自分の中で、終わりを先読みしながら働いてる。
恋愛だって、してない。
しなきゃ傷付くこともないしね。

こんなにどうしようもない私を、母は
「良い環境で育ててやれなかったのに、自分には出来すぎた自慢の娘。
心優しい子に育ってくれた。情愛が深い子だから、傷付きやすいのが心配。
こんなに生きにくい世の中で、生きててくれるだけでありがとう。」
と言ってくれる。
ごめんね…お母さん。

こんな私に、居場所があるんだろうか…。
自分で作るものだとわかっていながら、もう7年…
なかなか出来るもんじゃない。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加