日本カナダ文学会公式ブログ

日本カナダ文学会の活動と紹介

第35回年次研究大会

2017-06-17 | 大会情報
日本カナダ文学会第35回年次研究大会プログラム
Programme of the 35th Conference of the Canadian Literary Society of Japan




日時 2017年6月17日(土)10:00-17:00(9:30受付開始)
Date・Time Saturday, 17 June 2016 10:00-17:00 (Registration opens at 09:30)
会場 大阪樟蔭女子大学  高智館(1号棟)4階、R456
〒577-8550 東大阪市菱屋西4-2-26 TEL:06-6723-8181
Venue: Osaka Shoin Women’s University Kochi-kan (Building 1), R456, 4F

4-2-26, Hishiya-nishi, Higashi-Osaka City, Osaka 577-8550, Japan
TEL 06-6723-8181

総合司会 副会長 村上 裕美
Conference Chair Vice President Hiromi Murakami

開会の辞 会長 佐藤 アヤ子              10:00-10:10
10:00-10:10 Opening Remarks by Ayako Sato, President

午前の部・Morning Session

研究発表・Research Presentations
1. 司会 戸田 由紀子(椙山女学園大学)・Chair: Yukiko Toda, Sugiyama Jogakuen University
1. 山本 かおり(関西学院大学) 10:10-11:00
「ゴシックの子供たち」
10:10-11:10
Presenter: Kaori Yamamoto, Kwansai Gakuin University
"Children of the Gothic: Hiromi Goto’s Darkest Light, the Tale of Going and Never Returning"

2. 司会 大塚 由美子(北九州市立大学)・Chair: Yumiko Ohtsuka, University of Kitakyushu
2. 柴田 千秋(福岡大学) 11:10-12:00
「映し鏡としての“キャッツ・アイ” ― ビー玉を透かして見える真実―」
11:10-12:00
Presenter: Chiaki Shibata, Fukuoka University
"Reflections in a Mirror in Cat’s Eye: Truth Seen through Glass Eyes"
                             
昼食休憩・Lunch Break  12:00-13:15

午後の部・Afternoon Session

総会・General Meeting  議長 佐藤 アヤ子 (Chair Ayako Sato) 13:15-13:45

特別講演・Special Guest Lecture 13:50-14:50
Writer Madeleine Thien(作家) 13:50-14:50
Do Not Say We Have Nothingで2016年にGovernor General's AwardとScotiabank Giller Prizeを同時受賞 / Thien was awarded the Governor General’s Award and the Scotiabank Giller Prize in 2016 for her novel Do Not Say We Have Nothing.  

シンポジウム・Symposium
《カナダのゴシック文学》・"Gothic Literature in Canada" 15:00-17:30
司会 長尾 知子(大阪樟蔭女子大学)・Chair: Chikako Nagao, Osaka Shoin Women’s University

長尾 知子(大阪樟蔭女子大学)・Chikako Nagao, Osaka Shoin Women’s University
「ゴシックの系譜と英系カナダのゴシックをめぐって」
"An Introduction to the Genealogy of Gothic and Gothic in English-Canadian Literature"

荒木 陽子(敬和学園大学)・Yoko Araki, Keiwa College
「(ポスト・)インダストリアル・マリタイムスを描く:ゴシック的表現手法とその機能」
"Representing the (Post-) Industrial Maritimes with Gothic Tropes: Fall on Your Knees and Mercy among the Children"

中島 恵子(元大阪成蹊大学教授)・Keiko Nakajima, Osaka Seikei University
「マーガレット・アトウッドの著作に見るゴシックの視点 」
"Margaret Atwood’s Point of View on the Gothic in her Writing"

閉会の辞  室 淳子(名古屋外国語大学)
Closing Remarks  Junko Muro, Vice President

************************************************************************************
後援 カナダ大使館・ケベック州政府在日事務所
Supported by the Embassy of Canada and the Délégation générale du Québec à Tokyo
(*会員外で大会参加の場合は1,000円頂きます。 Please note: There is a participation fee of \1000 for non-members.)

懇親会・Post-Conference Party 18:00~20:00
場所:楽てん(創作料理)電話:06-6732-0007
www.kosakarakuten.com/main_home
Venue: Rakuten
会費・Members’ fee for party 5000円         



発表要旨・Presentation Abstracts
「ゴシックの子供たち -Hiromi Goto’s Darkest Light, 行きて帰らぬ物語―」
関西大学 山本かおり
 20世紀末から21世紀にかけて英語圏の国々や日本において、優れたDark Fantasy が生み出された。それらの作品は設定や登場キャラクター、死や魔術、悪魔的な敵、悪夢のような世界を描いている点からゴシックとして読むことが可能であり、かつ世界の危機や崩壊といった現代のゴシックとしての特徴も備えている。本論は、その同世代の現代ゴシック小説たち、オーストラリアからは古王国シリーズのSabriel ( 1995 ), Garth Nix 、イギリスからはChronicle of Ancient DarknessシリーズのWolf Brother (2004), Michelle Paver、日本からは勾玉シリーズの「空色勾玉」(1885), 萩原規子を、カナダのHiromi Goto によるDarkest Light (2012),と比較し、Darkest Light の特異性を見出そうとするものである。ゴシックの様々な要素―主人公を助け、または敵対する動物たち(魔法による存在を含む)、女性たち、主人公の特殊能力の有無、世界の危機―を比較すると、Darkest Light はこれらのゴシック小説の中で唯一主人公が、旅に「行きて帰らぬ物語」であることがわかる。主人公のGeeは自らの過去を発見する旅に、かつて自分が君臨していたハーフワールド(半々界)に赴き、二度と元の世界―Realm of Fresh(肉界)には戻らない。ほかの小説では命の危機にさらされながらも主人公たちは世界の危機を救って、必ず故郷や愛する人のもとに戻ってくる。それこそが旅の終着点なのだ。ところがGeeの場合は「帰らぬこと」が旅の終着点なのである。愛する祖母も、四肢と舌を自在にゴムのごとく伸ばせる特殊な力をも捨て、自らの暗い、残酷な運命を受け入れること、それがハーフワールド、肉界、霊界の三つの界を安定させることになるのだ。この諦観を漂わせた結末にこそゴトーらしさが見いだせる。Geeの祖母の言葉を借りるならば、「Geeが帰ってこれないのはフェアじゃない。それでも輪廻(サイクル)は続く」のである。

"Children of the Gothic: Hiromi Goto’s Darkest Light, the Tale of going and never returning"
Kaori Yamamoto
Since the end of the last century to the beginning of the 21st century, great dark fantasies have been created in Canada, Australia, UK and Japan. These works all have Gothic motifs such as death, magic, demonic enemies, and a nightmare world, but they also show distinctive contemporary elements, as well. In this presentation, the Canadian Gothic novel, Hiromi Goto’s Darkest Light (2012) is compared with other contemporary gothic novels: Garth Nix’s Sabriel (1995) from Australia; Michelle Paver’s Wolf Brother (2004) from the UK, and Noriko Ogiwara’s Sorairo Magatama (1988) from Japan.Specific gothic elements, such as magical creatures and animals; important female characters; the special talents of protagonists; and endangered worlds will be compared in order to identify the particulars of Goto’s Gothic. In all but Goto’s novel, the protagonists return home after encounters with life-threatening dangers and saving endangered worlds. In Darkest Light, however, the protagonist Gee who used to be the cruel ruler of the Half World goes to the journey of self-discovery to Half World from the Realm of Fresh but never returns to it. In Darkest Light, not returning to the Realm and the loved one is the goal of the journey. Giving up his love and power and accepting his own dark destiny leads to the stability of the worlds in the end. The particularity of Darkest Light can be found in this sad ending. Goto’s resignation is there, using Gee’s grandmother’s words, ‘It is not fair that Gee could not return to Life. And so, the cycle continues, fair or not.’

******
「映し鏡としての「キャッツ・アイ」―― ビー玉を透かして見える真実――」           福岡大学 柴田千秋

 アトウッドの『キャッツ・アイ』は50歳になる著名な画家イレインが自分の回顧展のために故郷トロントに戻って来るところから始まる。この町には子供時代の思い出が詰まっていて、さまざまな出来事が彼女の脳裏に浮かび上がる。自伝的要素の強いこの小説には、アトウッドの語りの技法や仕掛けが数多く盛り込まれている。たとえば、過去と現在、現実と夢幻の境界が曖昧だ。今回の発表では、現実世界と潜在意識や夢の世界、絵画や漫画のような架空世界とをつなぐ「鏡」とビー玉「キャッツ・アイ」を取り上げて論じる。「鏡」とビー玉「キャッツ・アイ」は両方とも実在の物として登場するが、物語が進むにつれ「映すもの」「ものを見る目」としての象徴的な意味合いを帯びてくる。ゴシック的要素を持つ両者は、潜在意識であるイレインの夢にたびたび現れる。また、彼女の絵画の一つにおいて、この二つのイメージは合体している。「眼鏡」も同じように光を反射するガラスであり、ものを見る目を象徴する。これらガラスの目にはものを見る力がある一方で、一旦囚われるとその世界から抜け出せないという二面性がある。それを打ち破ることでイレインが複眼的視点を得ることを明らかにする。最後に、作品に散りばめられた「色」の用語分析し、それぞれの「色」が表す意味を考察してみる。「色」は光によってさまざまに変化する。イレインが顕微鏡で覗いた色とりどりの細胞のスライドや、彼女が見たステンドグラスが夜空の星々のイメージとつながって、彼女に新たな視力を与える様子を示したい。


"Reflections in a Mirror in Cat’s Eye: Truth Seen through Glass Eyes"
Chiaki Shibata
Margaret Atwood’s Cat’s Eye starts with a scene where Elaine Risley, a famous 50-year-old painter, returns to her hometown of Toronto to attend a retrospective exhibition of her works. The city is full of memories of her childhood, and various events are recalled. This autobiographical novel includes many tricks and techniques of storytelling that are characteristic of Atwood, such as the blurring of past and the present, or the lines between reality and fantasy. This paper discusses the mirror and the “cat’s eye” marble that Atwood uses to connect the real world with dreams, the subconscious, and the imaginary world of paintings and comics.Both the mirror and the cat’s eye are real objects, but as the story progresses they gradually take on symbolic meanings— a thing that reflects; an eye that sees. They often appear in Elaine’s dreams or her subconscious mind, providing a Gothic element. In one of her paintings, both images are combined. Eye-glasses reflect the light, and symbolize eyes, as well. All these glass eyes have the power to see, but once enthralled by them, it becomes impossible to escape from their world. This presentation demonstrates that Elaine can gain multiple perspectives, as if seeing through a compound eye, by breaking the glass eyes.Lastly, I will analyze the terms related to color that are used in this novel, and examine what is implied by each color. Colors vary depending on the light. I would like to show how the slides of colorful bacteria Elaine looks at through the microscope, along with the stained-glass windows she sees, conjure up an image of stars in the night sky, which gives her a new visual perception.

******
午後の部
シンポジウム:《カナダのゴシック文学》
Symposium: Canadian Gothic Literature

「ゴシックの系譜と英系カナダのゴシックをめぐって」
長尾知子

 『オトラント城』(Walpole, 1764) を元祖とするゴシック文学には、250年余りの歴史がある。新しい小説ジャンルとして18世紀中葉のイギリスに端を発するゴシックは、新世界でいかに受容され展開していったのか。アメリカと似て非なるカナダのゴシックはいかに。アンジェラ・カーターの「わたしたちはゴシック的な時代に生きている」(Afterword to Fireworks, 1996) との言葉は、ゴシック批評のその後の活況ぶりを予見しているようだ。「ゴシック」という用語は、定義づけを拒み、ジャンルを越境する表現モードとして知られる。本発表では、まず「ゴシック」の変幻自在ぶりを確認したうえで、宗主国イギリス発祥の古典ゴシック小説の系譜を辿る。アメリカの小説は、ゴシック全盛期の一角を担い、主流として独自の系譜を形成するに至ったが、革命を選ばなかった英系カナダでは、元祖ゴシック小説『ワクースタ』(Richardson, 1832)すら、かつては英文学の亜流とみなされていた。近年のゴシック批評ブームのなかで、カナダでも自国のゴシック文学について本格的に論じられるようになった。先駆となった『ゴシック・カナダ』(2005)で、ジャスティン・エドワーズは『ワクースタ』をカナダ初のゴシック小説として位置づけ再評価しているが、後続のゴシック批評も、同様の路線を辿っている。本発表では、英系カナダの「ゴシック」の受容と傾向を探る。

"An Introduction to the Genealogy of Gothic and Gothic in English-Canadian Literature"
Tomoko Nagao
The Gothic has survived and reinvented itself since the publication of The Castle of Otranto in 1764. How was this new genre of British fiction of the mid-18th century adopted in the New World? And how different was the Gothic in Canada from the American Gothic which started its own genealogy from the outset? Angela Carter’s observation that ‘we live in Gothic times’ is a prescient one concerning the proliferation of Gothic criticism in late modernity.The precise definition of the Gothic remains as elusive as ever. I will confirm anew how protean it can be and briefly follow the genealogy of classical Gothic fiction. Wacousta (1832) written by the first Canada-born novelist John Richardson used to be deemed a poor imitation of British Gothic. It was Justin Edwards who reevaluated it as ‘arguably Canada’s first Gothic novel.’ I will consider the reception and some features of English-Canadian Gothic in general.
*****

「(ポスト・)インダストリアル・マリタイムスを描く:ゴシック的表現手法とその機能」
荒木 陽子

 本発表では、カナダ沿海諸州のかつて産業が盛んだった地域を設定に描かれる1990年代以降の小説を紹介しながら、そこでゴシック的な表現手法が果たす役割を検証してみたい。発表では、かつて鉱工業と鉄鋼産業が盛んであったノヴァスコシア州ケープ・ブレトンを描く、アン=マリー・マクドナルド(Ann-Marie MacDonald)の『ひざまづいて』(Fall on Your Knees, 1996)を中心に、林業やそこから派生する製紙工業が盛んであったニュー・ブランズウィック州ミラマシ地域を描くデイヴィッド・アダムズ・リチャーズ(David Adams Richards)の 『こどものなさけ』(Mercy Among the Children, 2000)等にも言及する予定である。これらの小説はいずれも、典型的なゴシック小説ではない。しかしながら、基幹産業衰退後に設定された語りの現代から、カナダ沿海諸州周縁部の社会的・文化的「ゆがみ」を表象する際に、これらの小説の作者たちは、登場人物の異形や、彼らの生活する環境内で起こる超自然現象などのゴシック的な表現を選択している。一方で二つの小説が、ゴシック的表現を用いて描こうとするゆがみの質はことなる。マクドナルドの小説のゴシック的表現手法が、主として同地域における民族・文化、および性的マイノリティの経験に焦点をあて、それを描出するのに対して、リチャーズのゴシック的表象は主として同地域の白人肉体労働者とその家族を中心とする経済的マイノリティの経験をとおして、地域のゆがみを描出する。

"Representing the (Post-) Industrial Maritimes with Gothic Tropes: Fall on Your Knees and Mercy Among the Children"
Yoko Araki

This presentation attempts to explore gothic tropes found in two novels set in the Maritimes: Ann-Marie MacDonald’s Fall on Your Knees (1996) and David Adams Richard’s Mercy Among the Children. Using gothic tropes, these novels represent the victims of unreasonable violence and the socio-cultural distortions of their marginal communities. While MacDonald’s gothic tropes are employed to represent the experiences of females and ethno-cultural and sexual minorities in industrial Cape Breton and later in New York, Richard’s are used to focus more on rural economic minorities in a post-industrial community in New Brunswick. Gothic tropes cast on the locations in Fall on Your Knees, in particular, may function to distinguish the Maritimes as an exotic region from the present day North American metropolises.

******
「マーガレット・アトウッドの著作に見るゴシックの視点」
中島恵子

 マーガレット・アトウッドとゴシックは切っても切れない関係にあるだろう。彼女の作品には、常にと言って良いほどゴシック的要素が含まれている。“Atwood and the Gothic” を書いたCarol Margaret Davisonや、Coral Ann Howellsを始め数多くの研究者がLady Oracle やThe Robber Bride(『寝盗る女』佐藤アヤ子訳)などを取り上げ、そのゴシック性を分析している。Surfacing を始め、Cat’s Eye(『キャッツ・アイ』(松田雅子・松田寿一・柴田千秋訳)などもゴシック仕立てである。Lady Oracleの主人公であるジョーン・フォスターは作家であり、作中では彼女がコスチューム・ゴシックと呼ぶ作品を書いている。またRobber Brideの謎の主人公、ヴァンパイアのイメージを具現化したとも言えるズィーニアには読者を圧倒する悪魔的な力が秘められている。ゴシックがアトウッドの作品の主要な要素であることは、1983年に発表された二つの短編集Bluebeard’s Egg(『青ひげの卵』小川芳範訳)とMurder in the Dark(『闇の殺人ゲーム』拙訳)の表題作にも端的に表現されている。この双子の短編集は、前者はアトウッドの作品構築の原型であり、また後者はアトウッドの精神的自伝でもある。この発表では長編・短編・文学的エッセイを展望しアトウッド作品のゴシック性を考察する。また、最新の短編集であるStone Mattressから数編に注目し、長編とのインターテクストとしてのゴシックパロディに写し出されたアトウッドの現今の創作と心境を探る。文学的エッセイのNegotiating with the Dead(『死者との交渉』拙訳)にも幽霊や黄泉の国への降下、死者との交流についての言及がなされている。文学史におけるあらゆる形式を自己の作品に取り入れたアトウッドのメタフィクションでは、そのゴシック性もアトウッド流の形態変化を伴い、ハイブリッドな総体の主要な要素として機能している。カナディアン・ゴシックの一端を担うマーガレット・アトウッドの著作とその視点を探る。

"Margaret Atwood’s Point of View on the Gothic in the Writings"
Keiko Nakajima

“The Gothic” in Margaret Atwood works seems to be an indispensable factor and many specialists have focused on and try to analyze the Gothic themes in her writings. Carol Margaret Davison (“Atwood and the Gothic”), Coral Ann Howells and many other literary critics highlight Lady Oracle and The Robber Bride for their “Gothic” lineament. In the same way, Surfacing and Cat’s Eye also contain a Gothic plot. Joan Foster of Lady Oracle is a romance novelist who turns to write “Costume Gothics.” The shadowy and mysterious Zenia of The Robber Bride has overwhelming diabolic power. “The Gothic” also appears in Atwood’s twin collections of short fiction published in 1983, Bluebeard’s Egg and Murder in the Dark, especially in their title works. The former is a prototype of writing by Atwood, and the latter is her spiritual autobiography. In this presentation, I would like to elucidate the Atwoodian Gothic through her fictions and literary essays as well as her newest collection of short fiction, Stone Mattress: Nine Wicked Tales (2014). Stone Mattress contains interesting works related to former fictions, which function as Gothic intertexts and reveal Atwood’s recent vision. Her literary essay “Negotiating with the Dead” deals with ghosts, the descent into the world of the Under Ground, and communication with the dead. Atwood adopts many forms that appear in the history of literature, that is, legends, myths, fairy tales, and contemporary literary works, and creates her own metafiction. The Gothic in Atwoodian works undergoes metamorphoses and fulfills their function in the hybridity of her writings. I attempt to analyze the point of view and writings by Margaret Atwood, who contributes brilliantly to Canadian Gothic.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 日本カナダ文学会役員選出規定 »

コメントを投稿

大会情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。