仙台・ミュンヘン・レストラン総合研究所 

仙台(ドイツ・ミュンヘンも)安いレストラン・カフェの、メニュー、価格、接客についての食べ歩きブログ。たまに高い店あり。

「Café Nuages カフェヌアージュ」でキウイのタルト、塩味クレープ、マロウブルーティー、薬草酒アブサン

2017-06-30 | 日本のレストラン(洋食・喫茶・カフェ)
人気ブログランキングへ



「Cafe Nuages カフェヌアージュ」(仙台市青葉区一番町1-12-20 ライオンズマンション2F)に3回目の訪問です。
東北大学片平キャンパスから五ツ橋通り沿いを挟んで北側にあります。

 

今回はティータイム目的です。

季節のタルト 300円

タルトとコーヒーのセット600円もありますが、今回は別なドリンクにするため単品注文にしました。
この日はキウイでした。
新鮮なキウイとブルーベリーがのったタルトは、風味の良いサクサクの生地と合っておいしかったです。


クレープ(塩味) 400円

メニューに塩味もあると書いてあって気になって注文しました。
生地は注文を受けてから粉を溶くのがいいですね。生地はしっとりしてキメが細かくておいしかったです。
甘くないタイプは、ソーセージとチーズ入りで、お食事クレープの感じで食べ応えがありました。


マロウブルーティー 400円
  
3色に変化するハーブティーとのこと。色が変化する過程の写真を載せておきます。
ガラスポットに入って運ばれて来た時はほんのり紫がかったブルーで、だんだんと濃い紫色に変化します。
別添えのレモンジュースを加えるとピンク色になって美しい。


アブサン 試飲各100円
 
ゴッホや芸術家が愛飲した薬草酒とメニューにあって興味津々。
店主さんに聞いたら2種類あるので、2種類ともお願いしました。
アブサン専用のスプーンと角砂糖を持って来て使い方を教えてくださいました。
グラスの上に、角砂糖をのせたスプーンを置いてアブサンをたらし、火をつけて燃えたら水を注ぐんですって。
アブサンと水が混ざると白濁します。
今回は砂糖は入れず、水だけ足してトライしましたが、とっても個性的で風味豊かなお酒で、忘れられない味ですね。
そう言えば以前、ギリシャ料理店で、ウーゾという薬草酒を飲んだことがあったけど、それを思い出す味でした。
水を足すと白濁する点も同じでした。


今回もおいしいスイーツとドリンクで、大変充実したティータイムを過ごすことができました。アブサンも飲めたしね。
店主さんとのお話も楽しかったですよ。今は新メニュー開発中ですって。楽しみにしていますよ!


人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ビストロアオキ」、シェフ... | トップ | 「JASMINE ジャスミン」、多... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む