幸せのラッパ

洞口加奈の自由気ままな日常の記録。

福岡でお芝居を上演しました。

2017-04-04 16:27:42 | お芝居な日常の記録
3月24日・25日に福岡で行われた

FFAC企画 創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう」vol.6

の上演審査に参加してきました。

vol.6ということで、過去にも行われている創作コンペなのですが、今回の課題戯曲は

川村毅さん作『春独丸』でした。

昨年11月に『春独丸』を上演する際の演出プランを提示するプレゼン審査があり、そこで演出家が3人に絞られました。

その3人が3月の上演審査に進むことができるというものだったのですが、私が所属する劇団820製作所(はにわせいさくしょ)の波田野淳紘もプレゼン審査を通過し、上演審査に駒を進めました。

私も波田野が演出する『春独丸』に役者で参加しました。

何度も820のお芝居に出てくれている、千葉恵佑くんと共に。

3人の演出家がそれぞれ『春独丸』を演出し、上演された作品を審査員が観て審査するというもの。

最優秀作品賞、観客賞が演出家に贈られるのですが…

見事!波田野が最優秀作品賞と観客賞を受賞いたしました!!



ありがとうございます!!



最優秀作品賞の副賞として、2017年度内で自身の作品を創作し、福岡にて上演する権利が贈られました。

また制作経費として財団が上限100万円を負担してくださると…!

また福岡でお芝居ができます!

ありがたい限りです。

一緒に心を砕いて作品を創り上げてくださった音響のるーさん、照明のみなみさん、わざわざ福岡まで駆けつけてくださった薄田さん、稽古中からたくさんお世話してくれた劇団員の覚さん、本当にありがとうございました!!



『春独丸』上演にあたり、たくさんの方のお力添えをいただきました。

ひとつひとつが確実に自分の力になっていったように思います。

本当に本当にありがとうございました!

ますます精進していく所存でございます!

そして、また行くからね、福岡!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べていいよと言われたら | トップ | 福岡滞在記・その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お芝居な日常の記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL