幸せのラッパ

洞口加奈の自由気ままな日常の記録。

ひとまず帰還

2017-07-07 21:25:45 | 日常の記録
久々に、現実世界に戻ってこられないような感覚を味わっています。

本当に戻ってこられなくなったら恐いので、立ち上がってお煎餅を食べて麦茶を飲みました。

本ってこんなに良いものだったんだ。

ここで気付けて良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しゃべる

2017-07-07 19:31:53 | 日常の記録
家の周りには、人の言葉をしゃべらない生き物がたくさんいます。

主に猫と鳥ですが。

虫もいますができれば会いたくない…。

なかでもカラスがとってもおしゃべりです。

カーカーと鳴くだけでなく、カッカカーとか、不思議な鳴き方で仲間とコミュニケーションを取っているようです。

カ〜…と低い声で鳴く子もいます。

尻尾の長い細身の鳥はよく2羽で家の前に来ます。

仲良し。

猫はよくケンカをしています。

ケンカをしていないときは、道路の真ん中で寝ていたり座ったりしています。

車が来れば避けますが。

話しかけて返事をしてくれる子とそうでない子がいますが、どちらもだんだん警戒心が薄れてきたようで、最近は近くに寄っていっても逃げないでいてくれます。

家に関してはトラブルが多くちょっと困りますが、周りの環境が良いのでよしとします。

カラスは何をしゃべっているのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

崖っぷち

2017-07-07 19:20:16 | 日常の記録
本を読んでいます。

読み始めるとどんどん読めるのですが、読み始めるまで時間がかかります。

本を読むのは大事だと実感しています。

住んでいる家のことでやらなければいけない事があります。

段取りやら何やらは私に任せてもらってます。

古い考えかもしれませんが、家を守るのは女の仕事、と思いました。



これから(もうすでに始まっていますが)来年春にかけて、今までの人生で一番の勝負事が続きます。

言葉通り、またとないチャンスです。

掴み損ねるわけにはいきません。

全力でぶん取りに行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団820製作所「踏みはずし(Retake)」終演しました。

2017-07-04 12:42:05 | お芝居な日常の記録
せんがわシアター・セレクト
劇団820製作所「踏みはずし(Retake)」/‪THEATRE MOMENTS‬「パニック」
無事終演いたしました。

ご来場いただいた皆様、心を寄せてくださった皆様、本当にありがとうございました!

両団体のスタッフ・キャスト、せんがわ劇場の職員の皆様の多大なるお力添えに心から感謝いたします。

いろいろと考えさせられる公演でした。
自分の力や団体の力、運営面などなど…。
日々精進です。

次回820製作所は、来年1月に福岡、そして3月には神奈川芸術劇場「KAAT」大スタジオでの公演が決定しております。

2年ぶりのオリジナル新作で戦います。
見届けていただけたら幸いです。

その準備がすぐに始まります。
休んでいる暇はない!!



劇中で大量の紙飛行機を飛ばしました。
最後までよく頑張ったな!飛行機たち!!


photo by bozzo
今回も素敵な舞台写真を撮っていただきました。
bozzoさん、ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休息

2017-06-13 19:44:36 | 日常の記録
稽古中です。

でも今日はお休みです。

髪を切りました。

本番仕様の髪型へ。

パーマをかけたので楽チン。

本来なら今は稽古の時間。

だから、少し休んで何かしよう。

台本も読み返さなければ。

本を読みたいので、寝ない程度に読みます(活字を見ると眠くなるので)。

柔軟な心が大事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間と人間の戦い

2017-06-05 21:21:07 | ひとりごと
ずっと感じてきたことだけれど、特にここ最近、自分を「神様」か「王様」か「お姫様」か、あるいは世界の「中心」だと思っているであろう人が多いような気がします。

自分より弱い立場の人、お店の店員さんや年下の人に理不尽に怒っているのをよく目にします。

その人たちは、自分の考えや行動が全て正しいと思っているようです。

自分の間違いを絶対に認めません。

はた目からは明らかにその人の方がおかしい言動をしているのに、一方的に暴言や怒りを浴びせられている弱い立場の人が謝っています。

ふざけるなと思います。

自分の鬱憤をそんな形でしか発散することのできない人に、傷つけられていい人なんていないのに。

自分以外の人間は人間ではないと思っているのでしょうか。

機械や、言葉を話すロボットだと思っているのでしょうか。

そんな人たちの目つきは一様に悪く、光を宿していません。

濁っています。

本当はそんな目は見つめたくないのですが、戦わなければいけないので、こちらは目を見開きます。

あなたの目の前にいるのは人間なのだ、ということを、こちらは主張します。

大抵気付きませんが。

そして次の鬱憤晴らしの対象を探しに出かけていきます。

いちいち気にしていたらキリがないよ、と言われることもあります。

私は人間を人間として見ない人を許せません。

徹底的に戦ってやる。

と思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勉強

2017-06-01 02:04:25 | ひとりごと
「やっぱり言わなきゃよかった」

と思うことが多くなったように感じます。

それは、今まで言葉にしていなかったものを出すようになったからだと思います。

自分の中に留めておくべきかそうじゃないのか。

出してみてからでないと判断できません。

相手の機嫌や体調によるのかもしれません。


「言わなきゃよかった」に縛られないように気をつけようと思います。

これに支配されると、また何も言わなくなってしまうので。

「言わなきゃわからないんだよ」と、ある時期いろんな人に言われていたことがあります。

そう私に教えてくれていたのはみんな違う人たちです。

その時期の私はきっと思ったことをじっと自分の中にしまっていて、特定の友人や家族にしか話していなかったのでしょう。

友人たちは「私はわかるけど、その人はきっとわかってないよ」と言っていました。

「言った方が相手もそのことを意識するし、言わなければ、あぁこのままでいいんだなと思っちゃうよ」と。

今このことを思い出すのは、自分が今現在それを意識しているからでしょうか。

どこまで口に出していいのかな、これは言っていいのかな、少しきわどいけどこれも言ってみようかな、しゃべりすぎたかな、とボーダーラインを探している感覚です。

まだよくわかりませんが。


人間てのはなんて面倒くさいんだと思うこともありますが、人間に生まれたからには言葉を最大限に活用しなければ、とも思います。

でも複雑すぎて、まだ自分のことすら分析できてません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉について

2017-05-31 23:42:32 | ひとりごと
いろんな占いの本に、私は「社交的で文字や言葉にすることが得意」とよく書いてあります。

そんなこと一度も思ったことないのになぁ、なんでかなぁ、と今まで腑に落ちませんでした。

今年に入って、「社交的ではないし言葉にするのも苦手と思っている人は、それらに敏感に反応してしまうからでしょう」というような文を目にし、ああそうかと納得しました。

この言葉で本当に相手に自分の言いたいことが伝わるのか、傷ついてしまわないか、嫌な思いをしないか、あれこれ考えてしまいます。

その割に相手の言葉はその言葉通りに受け取ってしまうので、嫌味や皮肉で言われたとことに気がつかない場合があります。

すぐだまされます。

褒められれば照れます。

傷つけようと発せられた言葉には、相手が思っている以上のダメージを受けます。

だから、気にしないでもいいこともずっと忘れないで覚えていることがあります。

やわらかな言葉には救われます。

これも今年に入ってからですが、「言葉に救われた」と思うことが増えました。

自分がそれらにきちんと向き合い始めたからかもしれません(役者をやっているのにいまさら)。

今まで向き合うことを避けてたわけでは決してなく、むしろ頑張ってきたつもりなのに、なかなかうまくいきませんでした。

それが、急にフワッと私との距離を縮めてくれた感じです。

よかったなぁと思います。

こんな世の中で、元気をチャージできる数少ないものがまたひとつできました。

自分も発する側になりたいな、と思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女子とは

2017-05-31 13:37:35 | 日常の記録
恋というものは、少しずつ人を変えるんだなと、そんなことを思うわけで。

恋愛じゃなく、恋というのがポイント。

ほーん、というなんとも不思議な気持ちで見ております。

なるほどなるほど。

これが女子というものか。

ほーん(*´罒`*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の話

2017-05-30 10:20:27 | 日常の記録
稽古をしているからでしょうか。

役者仲間が出てくる夢をよく見ます。

今日は劇団員が増えたり減ったり、忙しい夢でした。

知らない劇団員も2人いました(誰だったんだろう…)。

夢占いだと、夢の中に出てくる人は自分の状態を表すとかこれからの運気を表すとか、そんな事が書いてあります。

それでは場所はどうなんでしょう。

私の見る夢は、よく母方の祖母の家にみんな集まっています。

今日もそうでした。

好きな場所なのか、いろいろ勘の鋭かった祖母が引き寄せているのか。

その場所では楽しいことも怖いことも起こるので、休むために行っているわけではないというのは確かなのですが。

祖母の家はとても好きで、家の周りの風景も好きで居心地がいいのです。

祖母が亡くなってからは行っていないのですが。

あ、そろそろ来なさいってことなのかな?

この前の1周忌には私は行けなかったから。

行きたいなぁ。

地元にも里帰りしたいなぁ。

今年どこかで帰れるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加