kan2のテニス・オフ生活はさらに続く

仲間を募ってテニスを楽しむ週末も10数年、もう60代半ばになった。ウィークデイは新生活。Vol5

戦争

2017年08月15日 | その他
ある時、某国が原爆を使用しようとした時、最終的にやめることにしたのは、
報復で打ち込まれるのに現実性が高かったからと聞いた。
本当かな~
でも、それが抑守力

核持たないと攻撃されないというロジックはどんな思考なんだろう
平和ボケ
もう、国と国の戦争は起こらないと聞いたことがあるけど、今起こっているのは紛争?内紛?
核を使えないから肉弾戦。戦うのは悲惨な出来事なんだろうな~

米国国土は戦争に巻き込まれたことは無い。今回もそれは続くだろうけど
久しぶりに?国と国の戦争は起こるかもしれない。

戦って、国を守れと国民に命じるのは国(政府)【その権利は、本当に国にあるの?】
国を守れないという人は国民ではありえない はず?【政府(国)の人は戦場に行かないよ】
【国民の命守るのが国】どちらか優先されるかは決まってる。かもね。
なぜ、堂々と戦争になっても戦わないという人が、国民の権利を主張してるんだろう。
自衛隊をその時だけ認める?それとも、すぐ降伏するんだろうか? 
【あり得ないよ】
4島取られ竹島取られ、もう直ぐ、地下資源、魚、そして島
向こうは戦利品、獲るものと思っている。
【「生まれたくて、この国に生まれてきたんじゃない、勝手に生んでおいて」
「戦争に行かない、あんたに言われたくないよ」
「個人の自由」】子供の?発言が堂々と発言されるのはカナカナ
※昔、植民地政策をとったと今のルールで悪と判断するのは正しいんだろうか?
もちろん人殺しはいつも悪なんだろうけど、”正義”という本もあったな~
国家は国民に死ねと命令できるか?
そんな論文あった?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加