時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

BARCLAYS ATP WORLD TOUR FINALS 2016 Semifinals in London

2016-11-20 | Singles Race to World Tour Finals
<準決勝組>
アンディ・マレー vs ミロス・ラオニッチ
  5-7,7-6(7-5),7-6(11-9)

ノバク・ジョコビッチ vs 錦織圭
  6-1,6-1

準決勝2試合
終りました
すべてにおいて
対照的な
試合となりました

想像通り
と申しますか
そ~なっちゃうんだろうなぁ~的な
予感はしていたので
驚きませんけどね




day session
マレーvsラオニッチ
実に
見応えのある試合でした
勿論
内容も素晴らしかったです

試合時間
3時間38分
マレーは
Round Robin
対錦織戦に続き
長丁場の試合を
戦い抜きました

第1セットから
白熱した
試合展開
特に
最終セット
タイブレーク
互いに
相手のサーブを
ブレイクする形で
マッチポイントをもぎ取る
と言う展開
どちらも
応援していなかったので
淡々と
試合を楽しめました

錦織選手と
同世代である
ラオニッチ粘り強さ
怖いです



第1試合に比べますと
night session
錦織vsジョコビッチ戦
試合時間66分
残念ながら
一方的な
試合展開と
なってしまいました

長丁場の試合後は
ほぼ
間違いなく
このパターンで
負けます
ハイ

錦織圭
成すすべなく
ジョコビッチに
完敗でした
負けた要因
これは
紛れもなく
前日
3時間20分の
マレー戦で
精根尽き果てた結果です
失った
体力を
24時間で
回復させることが
出来なかった
それだけです

悲しいかな
欧米の選手とは
体格も
パワーも
スタミナも
全然違うんですよ
初めっから
ハンデはあるんです
どうしたって…
もそっと
タッパありゃよかった
デカきゃよかった

でも
そのハンデを
他のモノで
克服しないと
多分
錦織選手
これ以上の
高みは望めません
素人に
言われなくても
分ってらい!
って話です



しかしながら
どの選手も
同じように
試合をしている訳です
疲れていたでは
許されません
心情としては
察して余りある
ありますよ
我が輩とて…

上を目指すなら
やっぱり
体質改善
最重要課題です
って
筋肉つければ
良いってもんでもないしなぁ~
持久力?
スタミナ?

とは言え
今シーズンも
頑張りました
日本を代表する
素晴らしい
プレーヤーでございます
完全休養して欲しいけど
無理だろうね~



BARCLAYS ATP WORLD TOUR FINALS
決勝は
目下
世界ランキング1位
アンディ・マレー

元世界ランキング1位
ノバク・ジョコビッチ
と言う
文句なく

ATPの頂点に
君臨する
双璧同士の
対戦となります

今年度
ATPツアー
頂点を極めるのは
ジョコビッチか
マレーか

ジョコビッチが
優勝し
王座奪還で
シーズンを終えるのか
マレーが
初優勝して
王座を死守して
シーズンを終えるのか

すべては
明日の未明
決まります

ジョコビッチ
だろうね~


            画像はYahoo Sports UK他より引用しています
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« BARCLAYS ATP WORLD TOUR FIN... | トップ | 2016 ATP WORLD TOUR FAN'S F... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む