時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

獣の奏者 外伝 刹那 12

2017-07-25 | 読書
エリンとイアルの同棲時代
師エサルの若き日の苦い恋
息子ジェシのあどけない一瞬
本編では明かされなかった
空白の11年間には
こんな時が流れていた!

王国の行く末を
左右しかねない
政治的な運命を
背負っていたエリン
彼女が
その苛酷な日々を
ひとりの女性として
ひとりの母親として
どう生きていたのか
高潔な獣ノ医術師
エサルの女としての顔
エリンの母
ソヨンの素顔
そして
まだあどけないジェシの
輝かしい一瞬

時の過ぎ行く速さ
人生の儚さを知る大人たちの恋情
そして
一日一日を
惜しむように暮らしていた
彼女らの
日々の体温が伝わってくる物語集



「獣の奏者」全4巻の
外伝でございます
読んではみたものの
本篇の内容
登場人物
人間関係諸々
すっかり
忘れていたσ(^_^;)
恥かしながら
Wikipediaで
再構築…

メインキャストの
知られざる?
描かれてなかった部分を
知る事が出来たのは
良かったと言うか
或る意味
スッキリしたと言うか
納得したと言うか…
でも
個人的には
なくても良かったかなぁ~
なんて
不謹慎な事を
思ってしまいました

だって
エリンとイアルの出会い
ジェシ誕生秘話は
恋ばなではあるけれど
出産のくだりとか
壮絶すぎるし
カザルム王獣保護場で教導師長
エサルの若かりし頃の話は
何だか切な過ぎる
時系列からすると
ここで描かれた出来事の後
本編の出来事が
起きる訳ですよ
辛過ぎませんか?

全体を通して
読んでて
しんどかったと言うか
辛かった
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Roger's tournament schedule... | トップ | 音楽劇『魔都夜曲』(まとや... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事