時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

ブランケット・キャッツ 13

2017-07-27 | 読書
馴染んだ毛布と共に
2泊3日だけ我が家に
「ブランケット・キャット」がやって来る
リストラされた父親が
家族のために借りたロシアンブルー
子供のできない夫婦が迎えた三毛
じめに直面した息子が選んだマンクス
老人ホームに入る
おばあちゃんのために探した
アメリカンショートヘア

「明日」が揺らいだ人たちに
猫が贈った
温もりと小さな光を描く7編

現在
西島秀俊さん主演で
毎週金曜
NHKドラマ10で放送されている
「ブランケット・キャッツ」の原作です
原作では
西島さんが演じている
椎名秀亮さんは
家具の修理工房の店主ではなく
ペットショップの
店主です
吉瀬美智子さん演ずる
動物病院の院長藤村美咲は
登場しません

原作とドラマとでは
登場人物も
内容も
若干違いましたが
楽しく
時にウルウルしながら
拝読~
人を選んではいるとは言え
良くできた
優勝な猫さんとは言え
レンタルと言う
設定は
余りに人間よがり?
安易な発想のような
気がしない事も
なかったです

そう言う意味では
あくまでも
個人的にな感情ですが
ドラマ版のように
猫を
引き取って
育てたいと希望する
飼い主の元へ
互いの相性を見定めるために
二泊三日で
預かってもらう
と言う設定の方が
良かったかな?

7編のうち
ブラウンクラシック・タビーなる
レンタル猫が
レンタル主のお姉さんに
反旗を翻し逃亡
幼い兄妹を
ボディーガード?
しつつ
最終的に
自らの本能に従い
放浪の旅に出ると言う
『旅に出たブランケットキャット』
これは
唯一?
猫目線
猫主体で
面白かったです
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 音楽劇『魔都夜曲』(まとや... | トップ | END OF 2017 SEASON by DJOKOVIC »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む