群馬県 富岡市 めがねのKamuy(カムイ) 両眼視検査で疲れない楽なメガネ。プリズムメガネ測定も承ります!

群馬県富岡市曽木239-3
電話 0274-67-1110
毎週火曜定休 10時~19時
SS級認定眼鏡士在籍

長いメガネ人生で、こんなによく見えるメガネに出会ったことは他にない!U様、ありがとうございました。

2017年05月17日 | 視力測定 OPTOMETRY

お買い上げいただいたお客様からお褒めとお礼のお電話をいただいちゃったもんですから、ちょいと自慢させてくださいよ( ̄∇ ̄ ) U様はここ数年見えにくさを抱えて過ごしていました。お仕事はPCを見ての事務作業が多いとのこと。強い近視と乱視。特に仕事を終えて帰宅時の運転するときに見づらくてホトホト疲れて困ってしまう、いう主訴。これだけだと何となく近めを見ることの疲れで、帰りにはよく見えなくなっているのかな?とも思われますが、調べてみますと大きな内斜位。

大きな内斜位の場合、見るものをひとつにするのがたいへんなのは「遠いところを見るとき」です。眼が内側に寄りがちなのが内斜位ですから、近いところを見るときの「寄り目」は得意。ところがその逆の眼を外側へ開く動作(開散といいます)がツライんですね。U様はその典型。だから運転のような離れたところを見るには、不得意な眼を開く動作を要求されるため疲れます。さらに「ふたつに見えることがありますか?そしてそれがイヤで片眼を閉じて見たりすることがありますか?」と重ねてお尋ねしました。

そうすると「ああ!それはしょっちゅうあります。二つに見えるのが邪魔で片目を閉じて見ることがありますよ!」これは普段から複視が出ているということ。複視とはものがふたつに見えることです。さて、眼で見たものは脳みそで感じています。つまり脳みそで見ているようなわけですが脳みそが一番嫌うのはこの複視です。だから誰しもたびたび複視の状態になると何とかして複視を回避しようとします。初めのうちは眼が頑張って一つにしますが、それができなくなると片目をつむります。これが斜位でひとつにしずらい人が、最も簡単に左右眼で見たものをダブらせずひとつに見る方法だからです。

ここで実験をしましょう。2メートルほど離れたところにペットボトルを1本置きましょう。そしてご自分の顔の30センチほど離れたところに人差し指を立ててください。ペットボトルと重なるような位置でいいでしょう。そして見るのはご自分の指です。指を見続けてください。すると指の向こうのペットボトルはふたつになっているはずです。(逆にペットボトルに焦点を合わせると指が二本に見えるはずです)これを(たしか)生理的複視といいます。(ちなみに片目で見ればどちらもひとつ)これは当然起こる複視なのでご心配なく。複視とはこのようにダブって見えるのです。

眼のズレ具合によって、実験で見たようにはっきり二つになる人もいればかなり重なってはいるもののちょっとだけズレて見えるという人までいろいろです。どちらも複視ですが、ちょっとだけズレている場合も要注意。視力が落ちたなと思ってメガネを作りに行ったら、乱視が矯正しきれないので仕方ないんですよねなんて説明されて解決しないこともあります。諦めないでください。メガネでお力になれることは、近視・遠視・乱視・老視の他にもあるのです。(花)

(PHOTO:フレーム・GMS103#34 レンズ:東海光学グラナスMT・JX)

********************************
めがねのKamuy(カムイ)

〒370-2315群馬県富岡市曽木239-3
  (いっちょう様となり)

 ナビ用住所:富岡市曽木244-1 
  (矢野不動産様となり)

TEL/FAX 0274-67-1110

朝10時から夜7時まで 火曜定休

単焦点レンズ付きメガネ9,800円より

 各種クレジットカード使えます!
*********************************

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KAMURO(カムロ)FA... | トップ | K様ご夫妻に度付きサングラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

視力測定 OPTOMETRY」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。