富岡市めがねのKamuy( カムイ ) メガネが合わない? 疲れない楽なメガネを作ります。遠近両用メガネもおまかせ!

群馬県富岡市曽木239-3
電話 0274-63-7727
毎週火曜定休 10時~19時
SS級認定眼鏡士在籍

掛けっぱなしにしない前提の遠近両用メガネ。遠近両用メガネを老眼鏡として使おう。

2016年10月17日 | 視力測定 OPTOMETRY

近用単焦点メガネ(いわゆる老眼鏡)を使われていたお客様のご相談。手元がよく見えるのはいいが、ちょくちょく立ち歩く必要があり、その時にぼやけたりして不便。離れた壁の掲示物なども見づらい。だから頻繁にメガネを外すことが多くなる。そんなメガネを外しているときに別室に呼ばれ、そこでメガネを自分のデスクに忘れたことを思い出して取りに戻る....なんてことを繰り返す毎日にイライラ、とのこと。

この方は、以前に遠近両用も検討したけれど何だか使い方が難しそうに思えて候補から外していました。そこで「遠近両用メガネを老眼鏡のように使う」というご提案をしてみました。遠近両用メガネは「掛けたまま運転もできれば読み書きもできるし散歩もできるし何ならスポーツもできる」という感じで、メガネを掛けっぱなしにするイメージがあると思います。たしかにそのような面もあるレンズですが、掛けっぱなしで使うかどうかはこちらの勝手です。


この方のご要望をまとめますと「室内はメガネを掛けたままで歩きたい」「離れたものもよく見たい」「もちろん手元の文字もよく見たい」「用がない時は外したいこともあるが、忘れないように」という4点。最初の三つの要望を満たすのは中近両用か近方重視型の遠近両用。今回は後者のタイプ、東海光学のレゾナス・フィットRをご提案。歩けて、離れめも見えて、手元の文字もよく見えるという3点はこれでOK。

最後の「メガネを外したいけど忘れてしまうのは困る」というのには、頑張って忘れないようにしてくださいとエールを送るしかないないなと思ったそこのあなた。実はそれにもご提案があるんです。フレームをZpartsのZ-69で作製するんです。二枚目の写真を見てください。ヒンジがなく柔らかくホールドするクルリンとした造形でしょ?これをネックレスのように首に掛けるわけです。メガネを外したら机に置かず、首に掛けちゃってください。ハイ、解決ヽ(^o^)丿 ありがとうございましたー。(花)

********************************
めがねのKamuy(カムイ)

〒370-2315群馬県富岡市曽木239-3
  (いっちょう様となり)

 ナビ用住所:富岡市曽木244-1 
  (矢野不動産様となり)

  TEL 0274-63-7727
朝10時から夜7時まで 火曜定休

単焦点レンズ付きメガネ9,800円より
 各種クレジットカード使えます!
*********************************

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨時休業情報(10月19日... | トップ | 10月19日(水)はお休み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。