『5.5畳記』  鴨長葱 著

プチ世捨て人の痛い雑記by人生挫折オンリーの40代屁垂れフリーター

世捨虫ペダル

2016-10-16 16:15:03 | 日記その他
  40代(ヨワム〇ペダル小野田〇道+野比〇び太+丸出〇め夫)÷3=ヨステムシペダル!?



 
  都内にある舎人公園に行って来ました。交通費をケチるため自転車で行きました。地図のページを何気なくめくっていて、目に留まったので、行ってみることにしました。埼玉県から東京都に向かって、長時間ペダルを漕いで何とか到着しました。飲み物は湯冷ましを持参したことは言うまでもありません、汗。地図にあるとおり、かなり広い公園です。疲れていたので、3分程度歩き回っただけでした、汗。



  地図でいうところの、しょうぶ田という場所を写した写真です。尾瀬の木道みたいな感じですね。一面草で覆われているので、草の下はどうなっているか分かりませんが、湿地帯の様になっているのでしょうか?季節によってはしょうぶの花が咲き乱れる場所なのでしょうね。



  舎人ライナーの最北端の部分です。かなりシンプルな造りですね。住宅地の真ん中にこういう建築物があると何かシュールな感じもします。もしアメリカのニュージャージー州の列車事故のような事故が起こったら、列車が高架下に落下して、アメリカの事故以上の死傷者が出るだろうなぁと想像してしまいました。


  丸出〇め夫は、ドラ〇もんの後に知ったので、ドラ〇もんのパクリだと思っていましたが、実際は逆で、ドラ〇もんの方が、後の作品であると今回ネットで調べて初めて知りました。



  ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しました。学生時代に英語の授業でヒッピーファッションの先生にボブ・ディランの「風に吹かれて」や「ミスタータンブリンマン」を歌わされたことを思い出しました。私が思うに、戦争を現在進行形で遂行中のオバマ大統領に対して平和賞を与えているノーベル賞を、ボブ・ディランは貰いたくないのではないかと思いました。
  オバマ大統領はアメリカ大統領として平和に向かって現実的に出来ることをしているとは思いますが、平和賞を授与する人は他にいるだろうと私は思いました。ノーベル賞も無理して毎年受賞者を選ばなくてもいいのではないかと思います。無理して変な人を選んだら、ノーベル賞の権威が下がってしまうでしょうに。今年は該当者無しという年もあってもいいのでは。もしそうなったら、賞金はキャリーオーバーになるのでしょうか?自分としてはノーベル賞を貰おうが貰わないであろうが、賞賛すべき人は賞賛すべきと思いたいところです。

<追記>
  ボブ・ディランがノーベル賞に対して、沈黙を貫いている理由として、ミュージシャンなのに詩ばかりが注目されていることに違和感があるとか、受賞によって政治と結び付けられることを嫌悪しているとかがネットで確認できました。若い頃も、反体制活動の象徴として担ぎ上げられる事をいやがっていたとか。もしそうだとしたら上記の私の考えは間違いかもしれません。ボブ・ディランのことはほとんど知らなかったので、軽率な意見を書き込んでしまいました。でもまあ、「風に吹かれて」みたいな曲を発表しちゃったら、利用されることは避けられないような気もしますが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖☆おじいさん | トップ | ほぼハダシの件 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だめお)
2016-11-20 14:39:22
自転車は、サイクリング用ですか、それともママチャリですか?
私が暮らしてきた大阪や京都の都市部ですと平野ですので、これまでずっとママチャリでした。

ノーベル賞該当者なしあっても良いと思います。
芥川賞や直木賞だと、そういう年もありますしね!
Unknown (ちょうそう)
2016-11-20 15:04:00
  もちろん!?ママチャリですよ。サイクリング専用の自転車を持つ余裕は経済的にも、家の敷地的にもありません、汗。前傾姿勢しなければならないロードバイクは、腰に不安のある私にとっては長時間の乗車に適していません。

  ノーベル賞受賞者を見て、なぜこの人が?と思うこともありますが、選考委員の質が落ちていているのでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。