鴨鍋おやじの大工日記

やってもできない やってもできないこともある

栗の実の赤ちゃん

2017年06月16日 | 日記

私は 農家の生まれである(`・∀・´)エッヘン!!

家では 栗の生産もわずかにしていて、、 幼き頃より 栗を拾い 選別して 手伝いを 少ししたものだ、(`・∀・´)エッヘン!!

そして 虫食いでない 栗はほぼ 出荷され、、残った虫栗(なかに 虫の幼虫が居る)のみを ゆがいて  わが おやつと相成るのである。

当然 いきなり 栗の実にかぶりつけば ゆがかれた虫も出てくる   ホゲ~~ っと 吐き出すの繰り返し  むしの 食い残し部位のみ食べたのであった~~

ゆえに  私は栗をあまり 好きにならずに 年老いた、、 食べる時は常に あの 虫栗の感触が一瞬で蘇る、、

さて  倉庫に行けば前の畑に  栗の木 一本生えておる

これは  花か、、 クリの花って 初めて見たんだけど、、 これまできっと 気に止めていなかったのだ

そして  思う  はて?栗の実って いつ  何処にできるのかしら?  (´・ω・`) 知らんし?

花の近所かな~~?っと 見ていたら  発見  花の根元付近

これや~~~  イガの兆候が見える

鴨鍋55歳 農家の生まれにして  この年まで この 栗の実の赤ちゃんを知らず  ただただ  収穫前の大きな栗のみ 頭にあったのである

なんという  小さな実   じつに  カワ(・∀・)イイ!!~~~  これが  あの いかつい イガになるのかえ~~~

ああ~~ なんてこったい  小さいころから これに目がいかなかったのか  これに目がいったなら  わたしは もっと  栗に魅せられ愛情を注ぎ 今頃 細々と 栗農家をいとなんでおるやもしれなかったぞい、

ブログのタイトルだって  栗親父の イガイガ日記だぜい、、

よく  田植えと 稲刈りは  園児にも 経験さすけどね  ぜひとも  稲穂がついた 瞬間 いわゆるお米の赤ちゃんを 

ちいさな子供たちにも見てもらいたいなあっと 思うのでありました   、、 いきなり  お米が稲につくんじゃないんだぜってね(^◇^)

、、ちなみに  今の柿の状況も 同じ

ミカンは

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修業は無用か? | トップ | 剪定もどき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎度お邪魔いたします! (うさぎ)
2017-06-17 01:08:24
栗の赤ちゃん可愛い(*^▽^)/★*☆♪
こんなふうにいたんですね(@^^@)
イガグリ親父いいかも(*^▽^)/★*☆♪
時々トゲトゲだし(^^)(^^)(^^)
あ!そういえば、この間、高知フェアで栗きんとんがあって驚きました!
四国って栗がたくさんとれるんですね。
ミカンと栗がとれるなんて良いところですね(^^)(^^)(^^)
Unknown (ひろたん)
2017-06-17 17:05:11
おら、お米の花が咲いてるの
みたことある、イヒヒ
うさぎちゃ~~ん^^ (かもぱぱ~^^)
2017-06-17 22:24:37
カワ(・∀・)イイ!!よね~~
これ見たら 栗がねえ とてもとても  、、、、
そういや~~ミカンも  この時期実がついていました
柿も付いていました
成長が楽しみであります~~^^
ひろたんへ~~^^ (かもぱぱ~^^)
2017-06-17 22:26:27
おお~~ 見たことないわ、、わし、、
したら  その付近に お米の粒が にょきっと  でてるかなあ~~
今年は 写真に撮るぞ~~~^^

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。