一戦共闘 ~羽ばたけ!若鴎たち 翔破への記録~

スポーツ全般・政治・生活に関わる事・・・好き勝手に書いてます。
辛口ありの、甘口ありの、疑問ありのという感じです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロッテのあの問題 数日経って

2009-10-01 | 千葉ロッテ
色々と記事が出て来ました↓

暴露合戦ファンにも波及、ロッテ西岡「横断“閉”幕騒動」

 ロッテ・西岡剛内野手(25)が27日に千葉マリンでファンへ向けて過激な横断幕を下ろすよう訴えたことに端を発した騒動。さすがに29日の敵地西武ドームでは、フロント批判の急先鋒グループは鳴りを潜めたが、西岡は「(球団内に)ファンを操っている人物がいると聞いた。僕はあらゆるファンに球場に来てほしい」と激白した。

 1回先頭の西岡が打席に入ると、右翼席のロッテファンは“普段通り”に「剛コール」を送った。あえなく空振り三振に倒れたが、右翼席へ向かって頭上で謝意を込めて拍手してみせた。

 騒動のきっかけは27日の千葉マリン(オリックス戦)で起きた。バレンタイン監督を支持し、球団フロントを糾弾する一部グループが、フロント幹部の実名と「死刑」などと書いた横断幕などを掲げた。これに対し、西岡がヒーローインタビュー後にお立ち台を降り、右翼席へ向かって、「子供たちの夢を壊さないでください。この成績で言える立場じゃないけど、本当にロッテを愛しているのなら明日から横断幕を下げてほしい」と訴えた。

 翌28日の西岡の打席では声援とブーイングが交錯、西岡を中傷する横断幕も出現し、ファン同士の罵り合いもあった。

 この日はさすがにビジターでもあり、西岡への応援一色。問題の横断幕を掲げたグループのリーダーとされる人物の姿はなく、当人は前夜に自身のブログを更新し、西岡をターゲットにすることによって「その向こう側に“隠れている”フロントを暗に批判しよう」としたものであると説明した上で、今季限りでロッテの応援から身を引く意向をにじませた。

 この経緯はロッテナインの間にも広まっていた。西岡は試合後、これを踏まえた上で、「そういう結末になるのは残念。(球団内に)操っている人物がいるとも聞いた。それが誰なのかはわからないけれど、彼ら(横断幕を掲げたグループ)が聞いていることには真実もあるだろうけれど、違うこともあると思う。もし彼らが誰かに動かされているのだとしたら、なんとか手を差し伸べたい。ファンに恨みは一切ない。僕は、ロッテを応援する気持ちが少しでもあるファンには、みんなに球場に来てほしい」と一気に激白した。

 バレンタイン監督と球団フロントはここ数年、3億5000万円とも5億円ともいわれる破格の年俸などをめぐり対立。昨年オフ、瀬戸山球団社長が先手を打つかたちで、早々と今季限りの退任を発表。以降、球団内でフロント派と、バレンタイン監督を支持もしくは監督が退団すると球団内に居場所がなくなる“ボビー派”が水面下で暴露合戦を繰り返してきた。それがファンへも波及している。

 この日、「西武に迷惑をかけたくない」として、試合で何かが起きたら「僕が球場から出ようと思っていた」という西岡。ロッテは10月6日に千葉マリンで今季本拠地最終戦、同7日にKスタ宮城で今季最終戦(いずれも楽天戦)を控えており、問題の行方は予断を許さない。

(紙面より)

もう一つの記事です↓

ロッテ劇場に終わりなし

 ロッテが再び大混乱の様相を呈している。

 きっかけは26日の西岡のヒーローインタビューだ。試合中にフロント批判の横断幕を掲げる一部ファンに対し、「僕らは一生懸命プレーしている。横断幕を下げてほしい」と懇願。「プレーに集中させてほしい」と訴えた。

 この西岡の発言にバレンタイン監督を支持する一部ファンらが激怒。27日の試合から、西岡が打席に入るたびに、「偽善者」「二日酔いで試合をサボり、夢を語るスピードスター」と書かれたプラカードや横断幕などを右翼スタンドで新たに掲げ、批判を展開し始めたから、今度は西岡ファンが怒り心頭。右翼席でファン同士が小競り合いを起こす異様な事態に発展した。

 バレンタイン監督は「ファンはおカネを払ってチーム、選手を応援している。リスペクトするべきだ。(横断幕でのフロント、選手批判は)昨日、今日の問題ではない。長いシーズンでこういうことが起こらないための対策があったかもしれない。それをやらなかったからこういう問題が起こったんだろう」と、こちらは過激なファンの行動を擁護。バレンタイン監督が退団を認めて終幕したはずの「ロッテ劇場」は、まだまだ終わらないようだ。

(紙面より)

これらを総合すると、やはりMVP・応援団の後には誰か操っている人間がいるようです。
私はこの裏で操っているのはボビー以外にいないと思います。
でなければ、あのようなコメントは言わないはず。
監督として選手を守るとかファンを諭すのは当然だと思うんです。
しかし、出て来た言葉は・・・
西岡のコメントとボビーのコメントに温度差があるのは歴然。
監督と選手という間にも何かあったのではないかと思います。
だからといって、選手がフロントと組んでいるなんて思いません。
もう完全に全てが独立してしまっているのだと思います。
勿論、フロント寄りの選手はいるでしょうが、ボビー寄りの選手はいないと思います。
私達ファンは選手がいてこそ成り立つ存在。
個人的にはフロントには言いたい事ばかりですよ!
でも、選手がいなくなってしまったら応援すら出来なくなります。
モノを言うのは間違いでは無いでしょうが、もう少し違うやり方があると思う。
余りにも踏み込んではいけない部分に踏み込み過ぎたから、西岡のあの発言になったんですよ。
そこを間違えているMVPや応援団はやはり謝るべきだと思う。
このままこれで逃げる様にMVP・応援団は解散!では、子供の喧嘩と同じですよ。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 139試合目 L3-13M | トップ | 140試合目 L2-9M »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事