一戦共闘 ~羽ばたけ!若鴎たち 翔破への記録~

スポーツ全般・政治・生活に関わる事・・・好き勝手に書いてます。
辛口ありの、甘口ありの、疑問ありのという感じです。

千葉ロッテ ドラフトで誰を指名すべきか

2016-10-17 | ’16 千葉ロッテ
今週木曜日に行われるドラフト会議。
今年は逸材が多数いると言われていますが、一体誰を指名するのが良いのか、チーム事情を鑑みて個人的に挙げてみたいと思います。

私は8月の侍高校代表vs侍大学代表の試合を見て、1位指名は作新学院の今井君だ!と挙げていました。
しかし、今年の引退・戦力外選手を見て、チームの事を考えてみると、残念ながら即戦力の投手を獲らなければ来季上位を狙うのは無理だと感じています。
特に、左腕投手を2名切った事もあり、左投手不足は深刻な状況となりました。
つい近年は左腕王国と思っていましたが、現状左で使える投手は藤岡と松永、チェンくらいなものです。
絶対的に左の即戦力を1名獲らないといけません。
また、外野手は他球団が羨ましがるほど数はいますが、年齢的に見ると来季20代というのは伊志嶺(29)、加藤(26)、大木(26)=内野もやる、肘井(21)、脇本(20)といった具合です。
角中を含め、清田・荻野・岡田と30代の選手が主を占めて来ました。
やはり、ここも少し考えながら入替えていかないといけないポジションでしょう。

こういった点を考えて、私が欲しいと思う選手を挙げてみたいと思います。
先ず、ドラフト1位ですが、当然ここは競合になったとしても先発として将来チームの柱になれる人材を推します。
今井君も欲しいのですが、田中正義(創価大)に行って欲しいと思います。
他の候補としては、東京ガス・山岡、立正大・黒木、神奈川大・浜口といった辺りでしょうか?
2位までにこの4人から2人獲れたら最高です。
神奈川大・浜口は、左腕ですし特に欲しい人材であります。
高校生BIG4と言われている候補生のうち、3人は確実に1位で消えるだろうと思いますので、1位で高校生は無いだろうと思います。
2位候補としては、1位次第ですが高校生投手に行くのもありかと思いますね。
広島新庄・堀、花咲徳栄・高橋、江陵・古谷辺りは、ここで押さえておいても良いかなと思います。
そして、3位で外野手に行きたい。
私がどうしても推したいのは、立教大・佐藤です。
今年は外野手でFAするのではないかと言われている選手が多いので、もしかしたらこの順位まで残るのではないかと期待しています。
あとは、外野だと静岡・鈴木くらいですし・・・
4位以降は、今年のドラフトだとスカウトの腕の見せ所ですね。
例えば、東海大市原望洋・島、大阪桐蔭・高山、松山聖陵・アドゥワ誠、白鷗大・中塚、明大・星、新潟医療福祉大・笠原と、この辺りを押さえられたら成功なのかもしれませんね。
投手中心なのは間違いありませんから。


『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリンピック組織委員とは一... | トップ | 千葉ロッテのドラフト戦略 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。