一戦共闘 ~羽ばたけ!若鴎たち 翔破への記録~

スポーツ全般・政治・生活に関わる事・・・好き勝手に書いてます。
辛口ありの、甘口ありの、疑問ありのという感じです。

CS1st 突然やってきたシーズン終了のお知らせ

2016-10-12 | ’16 千葉ロッテ
バンデンハークから清田の先頭打者HRで先制し、その後もチャンスを広げたのだが、デスパの併殺打で無得点に終わり、攻撃的にはこれでEND。
2回にもナバーロがヒットで出たものの、次打者の大地がバント失敗で流れを完全にぶった切った。
そうこうしてるうちに、バンデンも立ち直り、寧ろ追い込まれて行ったのは石川の方だった。
点を取られてはいけないというある種の強迫観念だろうか、全く勝ってるというのに余裕の無い投球。
シーズン終盤タイトルが取れるのに、それを捨ててまでも休んだ結果がこれ。
結局、チームが1つに成れずに2試合で試合を終えてしまった。
今更誰がとか言うのは無いが、首脳陣の中から責任を取らなければいけない人は出て来ないとおかしいよ。
これで本当にシーズン終了。
悲しい結末・・・
1つも勝てないなんて。

来季に向けて、前向きな発言をしたいのだが、言葉が見つからない。
厳しいキャンプをやっても、細かいプレーが疎かになるし、守備から入るチームという割にはミスも多いし。
守備ばかりやっても、点を取らなきゃ勝てないスポーツなのに攻撃力の無さは痛感しただろうし。
それでもタイトルを獲った人間が2人出た訳で。
もう個々のレベルUPは当たり前だけど、個々で1つも2つも上げないと、上2つのチームには勝てない。
でも、その2つに勝たなければ優勝は出来ない訳で、球団の姿勢としてその本気度が問われるだろうと思う。
Aクラスに入っても3位では全く意味が無いんだよ。
優勝争いをして2位なら納得はいくが、全く今年の3位は絡んでも無いし意味の無い3位だ。
来季は伊東政権5年目になります(まだ続投は発表されていませんが・・・)
本当に勝負の年にするならば、球団が補強などで本気にならないと。
もう3位は要らないし、下剋上も要らない。
今の戦力では優勝は無理だという事は、この2年でハッキリしたと思う。
球団社長が出した「ファンの皆様へ」というメッセージは私には理解が出来ない。
こんなメッセージに騙されたくない!
前年比15%以上の観客増となっても、やはり勝ってこそ、強いチームでこそだ。
勝ってナンボですよ。
結果=優勝。
何度も言いますが、そこに向けて球団がどこまで本気を見せるかだ。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CS1st 負けた気がしな... | トップ | 原口の自作自演 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。