ありふれた日常生活

帆船日本丸、スナップ写真
中高年おとうさんのリストラ~再就職~新生活
そして、その後のありふれた日常を書いてます

失敗作(スノードーム)

2017-03-15 | うんちく・小ネタ
■数日前、そして昨夜の、TVの天気予報では、今朝、雪が降るかもしれないと伝えていました。
そんな事もあって、昨夜、デジ一眼と交換レンズ・交換用バッティーを準備していました。午前3時半頃、強い風の音で目が覚め、窓の外を眺めたら、雪はおろか雨も降っていません。そして今朝、夢うつつの中、小走り走るヒール音を聞き、降っていない事を覚(さと)ったんです。
■以前から、降り続く雪の中の、帆船日本丸の写真を撮りたいと思っています。
本日午後からの外出があり、今日は有給休暇を取っていたんです。天気予報を聞き、絶好のチャンスと喜んでいたんですが・・・・・ものの見事にハズレました。こんなチャンスって滅多に、いえ、絶対にないんですけどネ。

【ドームに水を入れる直前の状態。この頃はまだ、ワクワクした気持ちを持っていました。】
■以前に、手作り「スノードーム」キットを買ってありました。
透明なドームの中に、飾りモノを並べ、水を満たして完成・・・・・てなキットです。テーブル前に、日長、座っている事の多い年老いた母と一緒に作り、楽しんでもらおうと買った手作りキットです。今回のは、その失敗談です。
■キットは、必要最小限のものしか入っていませんでした。
スノーマン2体、モミの木2本、浮遊する雪粒少々、そして底部と半ドーム型の透明容器のフタです。他に必要な接着剤2種、入れる水用として精製水は自分で準備してください・・・・との説明。私はアイテムが寂しいので、ガラス細工のオットセイとレインボーラメを追加購入しました。
■作り方は簡単・・・・・・という話しでした。
底部に、飾りモノを瞬間接着剤などで固定。透明ドームを逆さにして浮遊する雪を入れ、その状態で底部を接着するというもの。接着剤が乾いたら、穴から水を入れれば完成・・・・・実に簡単そうでしょ。
■それが・・・・・失敗作になったんです。
いくつか原因があるんですけど、
(1)底とドームの接着が簡単でなかった。
(2)中のラメが水を入れる穴から、こぼれ出てしまった。
(3)ラメを拾い集めた時、埃や小さなゴミが混ざってしまった。
(4)水に粘度を加えるグリセリンや洗濯糊を、ケチって買わなかった。
(5)ドームの中の空気が、完全に抜けない構造であった。
(6)ガラスのオットセイが、簡単に剥がれてしまった。
こうやって列挙すると、不具合ってたくさんありますネ
■一番は、ドームの接着がスムーズにいかなかった事でしょう。
溝があって、ぴったしとはまる構造でないんです。
重ね合わせて、隙間なく接着剤をぬる構造なんです。不安定な逆さ状態で、防水性接着剤で隙間なくシールする・・・・・ カーブのキツイ部分で隙間ができてしまいました。完全に塞ぐに3回も接着剤を追加しました。仕上がりが、実に無粋・不恰好です。

【接着剤の3度塗りで、やっと隙間をふさいだ。つけ過ぎた接着剤が垂れて、実に不恰好です。】
■次は、ラメをこぼしてしまった事でしょう。
拾い集めた時、気づかないような小さな埃・ゴミが、静電気によってついてしまっていました。このゴミが水中を浮遊し、水の入ったドームが拡大レンズの役目をしてしまい、とても目立ちます。
■「簡単」ってな話しを信じないで、事前にもっと調べておけば良かったと思っています。
後でネットで調べて判った事なんですが、結構、皆さん、失敗しているんです。
■説明ではなかった事が判りました。
水の中を、ゆらゆら浮遊しゆっくりと落ちるには、グリセリンや化学洗濯糊を3割くらい混ぜ、水の粘度や比重を高める必要があるそうです。ラメなど、壁面にへばり付かないようにするに、食器用洗剤などをわずかに入れるそうです。私はケチな人間なんでしょうネ。小さなドームです。残ってしまうほどのボトルに入った精製水・グリセリンまたは洗濯糊も買いませんでした。煮沸した水道水を冷まし、食器用洗剤1滴を垂らしただけです。その結果は、雪やラメはすぐに沈んでしまい、浮遊するのはゴミだけ・・・・実につまらない代物(しろもの)です。

【中に水を入れた状態。雪やラメはすぐに沈んでしまうが、細かな埃やゴミが水中を漂っていて、実に汚らしい。ガラス細工のオットセイは、剥がれてしまい、手前右にあり、底ブタや接着剤に隠れている。ドーム内の風景も寂しい。】
■さてこの失敗作。
作り直(なお)そうかどうしようか、迷っています。ここまでで支払った金額は安くないし、その割には、出来上がりの感激も喜びもないし・・・・・ ドームを壊して、新しいアイテムを追加購入し、作り直しのドームや雪・ラメ、そしてグリセリンなど買う気も起きません・・・・・ おそらく、ゴミとして捨てるようになりそうな気がします。
■小さな帆船日本丸を作って、スノードームに入れるのも面白いだろうなって、考えています。
将来的に、時間を持て余す時期が来たらの話しでしょうが・・・・・・ネ
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 最新「首都高速道路」見学 | トップ | 「氷川丸非公開場所見学ツアー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。