ありふれた日常生活

帆船日本丸、スナップ写真
中高年おとうさんのリストラ~再就職~新生活
そして、その後のありふれた日常を書いてます

私の夏休み

2017-08-13 | うんちく・小ネタ
■世の中、旧盆の夏休み真っ最中。
息子も戻ってきていますが、息子の会社は、何と11連休。11日(山の日)から21日(月)まで休みなんです。娘の夏休みは、ちょっと短く14日(月)までの4連休。私はと言うと、夏休みと言えるかどうか、カレンダー通りの休みで3連休。本日13日(日)が最終日なんです。明日(月)は、夏休み真っ最中の大企業に入っての作業です。
■超高層ビルの立ち上げ応援が決まってから、忙しい日々が続いています。
あと2週間余日で移動となるんですが、普段通り作業を続けながら、引継ぎ準備をしているんです。私を含め10名の職場って、サラリーマンなんですが、いわば「雑工」。ビルの「安全と快適」のためなら、何でもする職場です。
■現ビルに7名残し、新ビル立ち上げ応援には、私を含め3名。
一応、数か月っていう話しなんですが、私は、心の奥底では長くなりそうと思っていますし、もしかしたら戻らないかもって。留守7名での現場作業は、どうにかするんでしょうが、事務系作業が、誰もできない状態なんです。移動は全く考えていなかったのです。危機管理がでいていませんでした。作業予定を組み、相手さまとの交渉・調整・事務手続き・・・・・上部組織が請求業務を行うための初期データ入力とか。私の夏休み3連休の2日間は、私にしかできない事務一連のフロー図~マニュアルを2件、作っていました。歴代、口頭で引き継ぎがきたのですが、今回は待った無しです。引継ぐのは、パソコン作業をやってもらう人と副責任者さんなんですが、一度も一緒に引継ぎ実作業をせずに移動してしまう項目も、多々、あるんです。そのため、マニュアルは今回のためだけではなく、後々の引き継ぎにも使えるようなマニュアルにしています。
■私がこの職場に戻った当初、6名の職場でした。
責任者を引き受けてから、同じ作業をいかに楽にするか、合理的にするか・・・・・を考え、技術の底上げ、誰しも機械が取り扱え、誰が休んでも困らない作業改善を図ってきました。思い返せば、随分と変えたのです。また少人数に減ってしまう現職場ですが、ただ、昔の職場と同じではありません。少数精鋭になっています。残る人たちには、きつくなる・・・・と嘆くのですが、同じ作業をいかに楽にこなすか・・・・・工夫を続けて欲しいものです。

■先週金曜日。
年上の副責任者さんと2人で飲みました。各地の銘酒をおいている初めて入るお店です。他メンバーが居る所では、話せない打合せをするためでしたが、副責任者さんは違ったようでした。私の「壮行会」だと言って、少なからずの会計を済ませてくれました。副責任者さんも、私は戻ってこない・・・・・・と、どこかで思っているようです。

■残り短い日々。
現職場の、私の荷物をどこまで片づけて行くか、ちょっと微妙なところがあります。前回、立ち上げ応援に行った高級オフィースビルの資料が多数あります。「また引き戻すからとっておけ・・・」と言っていたのですが、その所長さんは本社勤務に変わってしまっています。いつの間にか個人の荷物が増えてしまった私です。現ビルで、生涯のサラリーマン生活が終わると思っていたせいなんですかねぇ~・・・・・・・
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 引き籠(こも)りだ | トップ | 思いがけないできごと »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。