ありふれた日常生活

帆船日本丸、スナップ写真
中高年おとうさんのリストラ~再就職~新生活
そして、その後のありふれた日常を書いてます

いつもと変わりない「帆船日本丸」

2017-07-15 | 帆船日本丸
■毎回毎回、ブログをアップするたびに言っているけど、「暑い!」。
私がすごしている部屋の机は、東向き窓際で、朝から暑いのです。そんな机の上にある時計、温度表示がついているんですけど、8時半頃で30.1℃。雲一つない青空で、今日の休日、とても暑くなることは容易に想像できました。

■気象庁発表の、横浜の最高気温は、13:24に記録した32.5℃です。
日本全国59地点で猛暑日を記録しました。真夏日の地点数は、今期最多で、北海道帯広では37.1℃を記録しています。驚きですネ。
もちろん、私がいる部屋はメチャクチャの暑さです。「港の見える丘」にある横浜気象台、ここって、きっと、涼しい場所なんですネ。
■先日、キーホルダーのサンプルを作りました。
この5つを、17日(海の日)の総帆展帆の時、並べてみて、その結果を見てから、残りを作るつもりでした。ちょっと気分が変わって、残っている皮革を使い、作れるだけ作っちゃおうと思い、作業を始めました。プラス16個取れました。キーホルダーリングが不足しているんで、横浜のユザワヤに行ったんですが、製品が入れ替えになっていました。よく見ると、梱包数量が減っているなど単価が高くなっていました。先に計算した原価より高くなってしまいます。まぁ、わずかでしょうが、帆船日本丸に渡せる金額が少なくなってしまうことになる・・・・のです。

■「帆船日本稀う」の焼印を押したくて、また、アポイントなしで帆船日本丸に行きました。
今度は、作業時間終了間際です。残念ながら、担当している甲板員さんは「休み」。いい社会人は、事前にしっかりと、先方様の都合を聞くのが常識ですネ。
■天皇・皇后両陛下の「行幸啓」で、本船は緊張しているかと思いきや、以外と静かです。
甲板員さんに聞いてみると、特別な事はやっていない・・・・・との旨。それよりも、当日のボランティアかもめの扱いで、大混乱するんじゃないか・・・・・と言っていました。横浜に来てからの帆船日本丸では、かつに一度も、100名近い展帆関係者を入れた事がない・・・・案内や誘導、着替えをどうしよう・・・・というところでしょうか。まぁ、乗船店員は135名ですから、きっとどうにかなるんでしょうけど、そんな広くない船内、人だらけになるんでしょうネ。

■そんな静かな船内でちょっと拍子抜けでした。
博物館側は行っていませんが、財団の人や指導部の航海士さんたちは、準備で忙しいのでしょう? 多くの随行員や、地元横浜市関係者、そして歴代貢献者さんたちの案内など・・・・・。
■最近、大岡川の水が澄んでいません。
橋を渡って最寄り駅に行くんですが、水の色が赤味を帯びた真っ黒なんです。潮が満ちて来ると、海の水が入って来るんです。今日の、帆船日本丸が係留されているドッグの水も、真っ黒でした。さらに悪い事に異臭をはらっているんです。横浜港の水が、この暑さで汚れているんでしょうけど、いつものきれいさに戻るといいのですけど、無理でしょうな。しょうが無いのでしょうけど、ちょっと悔しいですネ。

■この3連休、駐車場の草刈りと薬剤散布に行こうと思っていました。
でも、この暑さと来るべき「登檣礼」「総帆展帆」に備え、中止しました。17日(海の日)も、天気は大丈夫そうですが、気温もそれなりの暑さが予想されています。この暑さですと、総帆展帆で、具合の悪くなる人が出そうですネ。皆んなで、楽しみながら、素晴らしい「登檣礼」と「総帆展帆」をしたいと思っています。無理をしないで・・・・・ネ!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 新記録 | トップ | 直前の忙しさ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。