ありふれた日常生活

帆船日本丸、スナップ写真
中高年おとうさんのリストラ~再就職~新生活
そして、その後のありふれた日常を書いてます

皆さん、お疲れ様でした

2017-07-17 | 帆船日本丸
■家に帰ってから、具合が悪くなっています。
夕食を食べたんですが、夕食を作ってくれているカミさんに悪くて、無理無理に食べているような状態でした。緊張感が解(ほど)け、体内に籠っていた熱が一気に悪さしているような気がします。
■本日の参加者101名。
久々の3桁人数の参加者です。天皇・皇后両陛下が、帆船日本丸を訪れ、「登檣礼」「総帆展帆」の展帆を見学なされるという事で、より多くのボランティアさんが参加したのです。天候は曇り、畳帆の頃にちょっと青空が臨めました。風は弱い南南東の風。ポートタックのシャープアップ。つまり思いっきりヤードを回したんです。これが功を奏したのでしょうか? 弱い風ながら、帆は風をはらんで、とてもいい形に膨らんでいました。

【「登檣礼」の時には、前方のテント内にいらっしゃいました。敬礼の時、テント前に佇まれ、その後、一部始終を立ったままでご覧になられました。解帆が始めると、総合受付前に移動されました。】
■「登檣礼」は、私は結局、参加しませんでした。
追加募集による申し込んだ箇所には、もう一人、参加者がいました。直前に判ったダブルブッキングで、確認~調整の暇(いとま)もなく、始まっていたんです。後で判ったんですが、もう一人の人は、その上のヤードを申し込んでいて、その場所はぽっかり穴あき状態でした。

■てなことで、急遽、登舷礼の端位置に参加です。
それが、天皇・皇后両陛下がいらっしゃるテントの真ん前なんです。ここで私は、失敗をしたんです。マスト上では笛を合図に、両陛下がいらっしゃる左に顔を向ける敬礼をするんですが、私も同じ形でやってしまいました。隣で「敬礼!、敬礼!」っていう声が聞こえ、慌てて敬礼をしたのです。その後は、マスト上の人と同じように、帽子を胸に当て「おめでとう」の動作を繰り返したのです。一番よく見える位置での、大失態です。関係者は、さぞかし焦った事でしょう。すいませんでした!
■その後、展帆に入りました。
本日のフォア参加者26名で、重いアッパートップも、いつもと違って、比較的スムーズに上がりました。やはりこのくらいの参加者がいると、いいですネェ~。

■いつもと違った桜木町駅前。
警官や私服警察がいっぱいいました。県職員・市職員もいっぱい。いつもと違った受付と着替え、船内でのミーティング、そして、展覧登檣礼に展覧総帆展帆・・・・・ いっぱい違っているんですけど、総帆展帆を実施する私は、カメラを持ち出して写真を撮る事ができません。従って、曇りの日の、色のないつまらない写真ばかりです。ただ、参加せずに外から写真を撮っていても、警察の規制にかかって自由に動き回れず、それはそれでつまらなかったかもしれません。

■心の中での「思い出」になるんでしょうか。
みんなのイキイキした顔が良かったでした。いろんな思いがあったと思われる「登檣礼」と「総帆展帆」。取りあえず、私は「疲れた~!」ということでしょうか。経験したくても経験できない事が、本日、できました。いい経験だったし、いい思い出になる事でしょう。本日参加したボランティアの皆さんは、どんな感想を持っているんでしょうか? 財団の皆さん、指導部の皆さん、お疲れさまでした。

■休む間もなく、明日からセキュリティの厳しい有名企業内での仕事です。
でもこの企業は夏休みで、冷房が切られたいます。部下の顔色を見ながら、事故・トラブルなど起きないように、緊張して作業をしなければ・・・・・・ 眠れるかかわからないけど、今日は早く布団に入ろうと思っています。次の総帆展帆は、1ヵ月余日後の8月20日(日)です。またしばらく総帆展帆がありませんネェ~・・・・・・
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 直前の忙しさ | トップ | やっと疲れがとれて »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。