とりあえず

とりあえず、いつまで経ってもとりあえず?
※名前なきコメント、意味不明トラックバックなどはさくっと削除。

2017/04/18 YES featuring ARW

2017-04-19 00:02:43 | とりあえず
歴史を語りだすと長くなりすぎるわけですが、とにかく、Yesに在籍した3人が軸となるバンドが日本公演を行うということなので、行く。
このバンドそのものは結構前から企画があったらしいのだが、Chris Squireの死を契機に具体化したとも言われており....彼がいたからできなかったことが、実現したようにも見えて、なんとも微妙。しかも来日直前にいろいろあったらしく、名前も変わり....良くも悪くもYesのすべてを握っていたのはChrisだったんだな。と。

ライブとしては、いわゆる90125 Yesの曲あり、いわゆる70's Yesの曲あり、まさかのABWH(Anderson, Bruford, Wakeman and Howe)の曲もあり。
固定観念も含めてWakemanが弾く90125 Yesは若干違和感があるし、Rabinがギターの70's Yesも違和感はある。70's Yesの楽曲のアクセントはHoweのスティールギターってこともあるんだろうな。

なんにしてもJonの声が、そのままなのがすごい。70歳超えてるのにほとんど変わらない。彼が歌えば、それだけで「Yes」であるというのは間違いないわな。
Wakemanのキーボードは得意のちょろりんちょろりんはあんまりなかったけども、テクニック的には衰えなしという印象。
Rabinは....思ったよりも、落ちてたねぇ。ギターもそこそこサボってるし、彼のボーカルはもう少しハリと伸びがあったんだけど....

印象に残った楽曲としてはAnd You And Iかな。今まで聞いてきたライブのなかでもかなりよい印象。ただ、ついったーでみた「ハーモニカがないのが」というのは確かに....
Owner Of A Lonely Heartは序盤こそそんなに盛り上がってなかったけど、ステージ降りて客席に降りてきたら否応なしにボルテージアップ!しかも、自分の席が結構PAに近かったんだけど、そこでふたりとも(RabinとWakeman)演奏するんで、テンションもうp!

かなり満足。


というのと同時にChrisのいないYesというのを痛感することにもなったかな。
Herat Of Sunriseの序盤のベースリフは、楽譜通りではなく結構いじってたんで、印象の違いこそあれ、結構良かった(思わず拍手しちゃった....)。

ただ、I've Seen....は、曲がコーラスありきなので、彼の声がない。もう、それが辛くて....序盤にも一度70's Yesの曲で「こりゃ、コーラス曲はやばいな」と感じたんだけど、I've Seen....で、ちょっと泣けた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/04/16 サッカーJ1 清水v... | トップ | 2017/04/23 Super Formula 鈴鹿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。