かおりと山のあなたの空とおく

近郊の四季折々の山歩きをメインに気ままにカメラウォーキング

1052   爽やか山歩き~ 桟敷ヶ岳(北山167) 2017.05.17(水)晴れ後曇り

2017-05-17 17:10:43 | かおりの山日記

          今年も北山の貴婦人に会うことができました。 

                 クリンソウ

                  ヤマツツジ

                 ヤマシャクヤク

           城丹国境尾根から916,8m長老ヶ岳(左)と地蔵杉898,8m(右)

                 桟敷ヶ岳

山仲間の開花情報を元に半年ぶり、チャリで桟敷ヶ岳へ出撃です。

お目当てのヤマシャクヤクは私が来るのを待っていてくれたのよう、綺麗に咲いていました。

平日と云うこともあり全山オール貸切、メチャー爽やかで快適な山歩きができ満足の一日でした。


行程とコース

自宅5:35~6:35市バス西賀茂車庫~雲ヶ畑街道~7:45岩屋橋8:00~25志明院~8:50薬師峠~9:35岩茸山~

10:05桟敷ヶ岳~11:05ナベクロ峠~11:10城丹国境尾根~11:25祖父谷峠~城丹国境尾根~12:05石仏峠~10石仏~

石仏峠12:25~国境尾根~12:40祖父谷林道~13:05祖父谷峠からの道と合流~14:25岩屋橋30~

15:30北野天満宮45~16:20自宅


            5時35分自宅を出発 雲ヶ畑の持越峠を望む

平日の岩屋橋より帰りのバスは14時20分なので忙しなくチャリにしました。

            7:45     標高306m 岩屋橋到着

自宅から岩屋橋まで  標高差300m距離にして19kあります。

家を出てから2時間15分、新幹線「のぞみ」なら東京に着いている時間です。

                  惟喬神社

                  沢沿いに咲くクリンソウ

               8:25   志明院

                   沢沿いに進むと流れも消え

             8:50     薬師峠の六体地蔵

                  緑に染まる中、ヤマツツジが映えて



               9:35   通過点の811m 岩茸山

                    反射板付近の若葉

           比叡山と水井、横高山 奥の尾根は貴船山

  鉄塔広場からの展望 左端は白倉連峰、右は武奈ヶ岳 その中間の山は峰床山かな・・・

                  同じく大森側の展望

            鉄塔広場から少し下って登り返すと~

               10:05      桟敷ヶ岳山頂

                   桟敷山頂から武奈ヶ岳を望む

                  ナベクロ峠

                小鳥の囀りを聞きながら城丹国境尾根へ

西側が開けて愛宕山と地蔵山が展開

                      ネコの耳

                 第二鉄塔から武奈と蓬莱山(右)

 11:25        祖父谷峠の大杉

                 城丹国境尾根に登り石仏峠に向います。

             小刻みにアップダウンしながら稜線を行きます。



 開けた尾根から若丹国境尾根から頭巾山経て長老ヶ岳にかけての稜線が見えます。

          白倉連峰(右)と同定し難き京都北山連山

              12:05   石仏峠



峠から5分程下った地点にある2体の石仏に手を合わせて戻ります。



              城丹国境尾根から西方面の展望

                北の山並みは北山連山

          12:40       稜線から林道に降り立ち

               左は魚谷峠方面 右は岩屋橋方面

                 林道最高点840mから武奈を見る

                 林道から桟敷ヶ岳を仰ぐ



          13:05        祖父谷峠からの道と合流

祖父谷林道を降って行きます。

                  クリンソウ

                 斜面にはシダが目につきます。



                    振り返ると爽やかな青空

                    桟敷への最短ルート

                 14:25   岩屋橋ゴール



                     ふたり姉妹

                  ヤマシャクヤク群生地









    白く清楚で気品ある佇まいのヤマシャクヤク今年も存分堪能させて頂き満足感に浸りながら

岩屋橋から帰途に・・・ 帰りは  べダルも軽やかで自宅まで要したタイムは1時間半でした。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1051  雨上がりの青葉... | トップ | 1053 真夏の! 比良... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幸せな花めぐり。。。 (ヨネちゃん)
2017-05-17 22:10:35
かおりさん、今晩は!
早速ヤマシャクの探索に行かれたんですね。。。
昨年、ガイドして頂き今年も気になって私も見てきましたが昨年にも増して多く咲いていたので大満足でした。
例え1輪でも咲いていたらハッピー気分です。
花にはそんな力が有りますね。。。
レポアップされれば写真も増えるでしょうからゆっくり拝見します。
それではもうしばらく花めぐりしましょう!
咲いてましたね! (山歩き復活人)
2017-05-17 22:23:44
かおりさん、こんばんは。

今日、桟敷ヶ岳に行かれたのですね! この間行った時はツボミだったのですが、きれいに咲いてますね! いいですね〜 かわいいですね〜!
後半のフォト、楽しみです。
今週は日曜が出勤のため、山はまたしばらくお預けになりそうです…。
北山の貴婦人に会いに (しーちゃん)
2017-05-18 07:05:23
久しぶりのサイクリングですね?
相変わらずの健脚発揮されて、新緑の中を走られたのですね。

楚々と咲くヤマシャクヤクがほんとに美しいです。
2012年に初めて案内してくださった桟敷ヶ岳ですが、
あれからもう5年も経ちます!
人知れず咲く花に感動した記憶が、しっかり残っています。
登山道は忘れましたが
花情報ありがとう (かおり)
2017-05-19 10:16:51
ヨネちゃん~ こんにちは。

日曜日に桟敷にお出かけになり、花情報は有難かったです。
ヨネちゃんの予報どおり、かおりが来るのを待ちかねいたかの如くきれいに咲いていました。
去年は皆様に祝福されて1000回達成記念登山で
群生地を紹介でき
今回復活人さんやヨネちゃんが下見されて嬉しき
情報有難うございました。
まだまだ花巡りが続きそうで楽しみです。 
一番美味しい所を頂きました。 (かおり)
2017-05-19 10:23:19
山歩き復活人さん~ こんにちは

下見に行かれた時は蕾で残念でしたが
こちらはいいとこ撮りになってしまいホント申し訳ない心地です。
五月晴れに恵まれ、爽やかで超気持ち良かったです。

今日は30度近く気温が上がるそうで夏日に暑くなりそうです。 
今年も会えました。 (かおり)
2017-05-19 10:33:06
しーちゃん~ こんにちは。

ご一緒してから5年になりますか・・・
早いものですネ
あの時の花は終わりかけでしたが今回のように
鈴なりのヤマシャクヤクをぜひ見せて上げたい心地でした。

いつまでも人知れずひっそりと健気に咲く花々に
毎年会いたいものです。
お写真が素晴らしいです (しーちゃん)
2017-05-19 20:06:17
かおりさん、こんばんわ。

ヤマシャクヤクが絶品です。
新緑が美しくて稜線もくっきりして、山の緑も良い色ですね。
自転車で上りに2時間15分、下りに1時間半☆彡
かおりさんの体力に感服いたします。
中一日おいて連続4日間 (かおり)
2017-05-20 21:26:05
しーちゃん~ 今晩は。

自宅から岩屋橋まで片道約20kあり標高差は
300m登り一辺です。
排ガスも出さずエコーな乗物で交通費はチャラ・・・

今回の桟敷行きは14日がヨネちゃん、16日がM2さん
17日が私、18日が木村ご夫妻でした。
皆さんヤマシャクヤク求めて桟敷詣での賑わいの
一時でした。
チャリで出勤されて! (摩耶山さん歩)
2017-05-21 09:12:20
かおりさんは やっぱりすごい健脚さんですね。
ママチャリで 岩屋橋へ出勤だなんて、
すごい!!
貴婦人の魅力は絶大ですね。
サスケのママさんの 登られてましたよ。

来年は行かねば! です。
苦あれば楽ありです。 (かおり)
2017-05-21 20:39:13
摩耶山さん歩さん~ 今晩は。

毎年この時期、ヤマシャクヤク詣では欠かせません。今年も会えて最高に良かったです。
サスケのママさんも桟敷へ行かれたそうで
祖父谷林道へ激降る途中に咲いていたのでしょう。

ママチャリは行きは延々と登り坂なので辛いですが
帰りは超楽でした。苦あれば楽ありです。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL