超空洞からの贈り物

様々なニュースや日常のレビューをメインに暗黒物質並に見つけ難い事を観測する、知識・興味・ムダ提供型共用ネタ帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノースロップグラマン、105KWの実用レーザー兵器システムを発表

2009年03月29日 19時52分34秒 | Weblog
ノースロップ・グラマンは、兵器グレードのレーザーとしては史上最高出力となる105キロワットの半導体レーザーシステム「Joint High Power Solid State Laser(JHPSSL)Program, Phase 3」を発表した。

 JHPSSLはモジュラー型のシステムブロックで構成されており、システムブロックを追加することによりレーザー出力の増減が可能という特徴を持つ。同社では8つのシステムブロックでレーザーチェーンを構築した場合には120キロワットまで出力を拡大させることが可能になると述べている。

 電源投入1秒未満での発射状態にすることが可能、また、連続5分間の連続発射が可能など、戦場での利用を考慮した実戦的機能が搭載されていることもJHPSSLの特徴となっており、ノースロップ・グラマンは拠点防衛のためのミサイル迎撃システムなどでの実用化を見込んでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米海軍研究所、常温核融合現... | トップ | 史上初の快挙、小惑星「2008 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。