超空洞からの贈り物

様々なニュースや日常のレビューをメインに暗黒物質並に見つけ難い事を観測する、知識・興味・ムダ提供型共用ネタ帳です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雪印メグミルク、10月1日出荷分より家庭用バター・チーズ類を値上げ

2012年08月21日 17時27分39秒 | スイーツ・食品
雪印メグミルク株式会社
家庭用商品の価格改定のお知らせ

雪印メグミルク株式会社は、家庭用商品の一部につきまして価格改定を実施させていただきますので、お知らせいたします。一昨年の猛暑や東日本大震災の影響により、生乳生産量が低迷し、特に加工向け原料乳が減少しております。このような状況の中、6月に北海道の生乳生産者団体との交渉により、酪農生産基盤の安定化と国産乳製品市場の安定的な発展のために、平成24年4月に遡り、乳製品向け生乳取引価格の引き上げが決定いたしました。
弊社といたしましても、生乳価格の改定によるコスト増を自助努力により吸収すべく努めてまいりましたが、一部商品について価格改定を実施させていただくことといたしました。今後とも、お客様にご満足いただける商品を提供できるよう努めて参りますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


<平成24年10月度価格改定 PDF>


国内に留まらず、海外では穀物関連がやられてます。
世界的な穀倉地帯であるアメリカ、ロシア、オーストラリア
このあたりが近年稀にみる干ばつなどで不作ですね。

これらの影響も今後ジワジワ値上げに繋がるのは必死。

国際通貨基金(IMF)や世界銀行など国際金融機関は、
食料価格上昇に備えるよう各国に忠告しているが、
これまでのところ2007─08年のような広範に及ぶ
危機的な価格高騰の兆しは出ていない。としています

上記原因によるトウモロコシ・小麦・大豆の価格は上昇したが、
アジアやアフリカの一部で主食となっているコメにはまだ影響が
及んでいないのも事実です。

世銀のユルゲン・フェーゲーレ農業・農村開発局長は「現時点で
大規模な危機を予想しているわけではない」とした上で、
「世界的に食料は潤沢だが、もちろん天候がどうなるのか分からず、
異常な事態が起きれば再び困難な状況になるかもしれない」と話した。

世銀の統計によると、食料価格は全体的に上がっているが、
07─08年に記録した過去最高水準には達していない。
このときには幅広い食料が値上がりした上に原油価格も急騰し、
数百万人が貧困に陥った。その後は世界金融危機が深刻化して
需要が弱まり、食料と原油の価格高騰の影響は収まった。

フェーゲーレ氏は「とにかく早めに手を打つことを勧める。
食料の在庫水準が低い限り、価格が大きく高下する状態から
容易には抜け出せない」と話す。

記事:ロイター

やはり食物の大部分を輸入に頼っているわが国において
海外の食料価格の高騰はダイレクトに反映されてしまいます
価格が上昇することはあっても商品がなくなることはない…
これって世界的に見れば幸せなことなんでしょうけどね

ただ、うなぎを取り巻く状況をみてると寒気がします。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は歴史、国民感情、国内... | トップ | 白物家電もクラウド連携、パ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スイーツ・食品」カテゴリの最新記事