再投稿 市民が語る人生トーク

手作り市民講座 第30回市民が語る人生トーク

1月11日、新潟日報と産経新聞に、紹介記事が載りました。
実行委員会の方々、おめでとうございます。よかったですね。
私は、顔が赤くなったり青くなったり、といったところです。
せかせかと、準備をしています。演目は、『お茶にしましょ』菅野博子/作(雲母書房)、『にいがた妖怪クイズかみしばい』『明和義人ものがたり』石倉恵子/作(手作り)です。

以下、チラシの内容。

「紙しばいは へたウマも いいね!」

開催日:平成29年1月20日(金) 13:30~15:30
       1時間程度の話、その後お茶会

場所:クロスパルにいがた 5階交流ホール(新潟市中央区礎町通3の町2086)

話す人:石倉恵子(新潟かみしばいクラブ 代表)

申込み:不要 

会費:100円(お茶代)

主催:新潟市中央公民館&国際友好会館&クロスパルを楽しむ会

問い合わせ:中央公民館(025-224-2088)

チラシ内説明文:ナイショです。私の紙しばい作りは絵本のマネから入りました。だから最初はへたっぴい。でも、やっているうちにコツが分かってくる。それからは山あり谷ありのボランティアの日々でした。時にはブログにグチることも。ところでご存じですか?今、紙芝居や絵本など、絵を使って語るボランティアは地域の交流を支えています。今回は、交流ネタに3つ紙芝居を用意しました。・・・・という石倉さんのお話しを聞いてみませんか!どうぞお気軽にご来場ください。

こんなことでやってみます。新潟かみしばいクラブの活動の写真などを映しながらのトークです。あんまり重い話をするとまずいんだろうな、と思っています。読み聞かせボランティアさんや、施設に紙芝居などで訪問する方にも 参考になるように、構成したいと思っています。
紙芝居というカードを使えば、1時間を持たせることも可能かな、と思ってお引き受けしました。講座は、後日、ユーチューブにアップすることもできるそうです。ちょっと考え中。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 松谷みよ子の... 市民手作り講... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。